TeamCity 2020.2 ヘルプ

最初のビルドを構成して実行する

ここで説明するように TeamCity をインストールして起動すると、サーバーはデフォルトポート(Windows では http://localhost/ (英語) として、Linux / OS X では http://localhost:8111/ (英語) として)でローカルにアクセスでき、同じコンピューターで実行されるビルドエージェントが 1 つ登録されます。

TeamCity で最初のビルドを実行しましょう !

Run your first build

簡単なチュートリアルについては、次のビデオも参照してください。

最初のプロジェクトを作成する

TeamCity には、TeamCity の他のすべてのプロジェクトを含むデフォルトのルートプロジェクトがあります。プロジェクトを作成するには、右上隅にある管理リンクをクリックしてから、プロジェクトの作成をクリックします。プロジェクトの作成ページが表示されます。

プロジェクトを作成する方法はいくつかあります。

  • リポジトリの URL から (デフォルト)

  • 既存の接続から外部リポジトリへ
    • GitHub.com (例を参照してください以下 )

    • Bitbucket クラウド
    • GitLab CE / EE および GitLab.com

    • Azure DevOps、または以前の Visual Studio Team Services

  • 手動

リポジトリ URL からプロジェクトを作成する

これが最初のビルドを作成するための最速の方法です。

  1. プロジェクトの作成ページで、リポジトリの URL からをクリックし、プロジェクトのリポジトリの URLリポジトリの URL フィールドに貼り付けます。サポートされている URL 形式は VCS の URL フォーマットにリストされています。
    必要に応じて、リポジトリの資格情報を指定します。

    Create a project from a repository URL, Step 1

  2. 続行をクリックして、ウィザードに従います。
    TeamCity が残りの作業を行います。VCS リポジトリのタイプを識別し、接続をテストし、VCS リポジトリ設定を自動構成し、プロジェクトとビルドの構成名を提案します。

    Create a project from a repository URL, Step 2

  3. 続行をクリックします。
    TeamCity は VCS リポジトリをスキャンし、ビルドステップを自動検出します。

  4. ステップのボックスをチェックして、ビルド構成で使用してください。undefined

    Create a project from a repository URL, Step 3

    選択したビルド手順がビルド構成に追加されます。

おめでとうございます。1 つのビルドステップを含む最初のビルドを設定しました。これで、ビルドを実行して必要に応じてその設定を調整できます。

GitHub.com リポジトリを指すプロジェクトを作成する

  1. プロジェクトの作成ページで、リポジトリの URL からをクリックし、リポジトリ URL フィールドの横にある GitHub アイコンをクリックします。
    GitHub への 1 つ以上の接続が親プロジェクトに対して事前定義されている場合、TeamCity は、これらの接続の 1 つを選択して、そこからプロジェクトを作成することを提案することに注意してください。そうでない場合は、ステップ 2 に進みます。

  2. コネクションの追加ダイアログのある接続ページが開きます。TeamCity アプリケーションを GitHub サービスに登録するときに使用するパラメーターを提供します。
    TeamCity登録リンクをクリックします

    Add a GitHub connection, Step 1

  3. GitHub ページが開きます。
    TeamCity を OAuth アプリケーション(英語)として GitHub に登録する必要があります。GitHub アカウントでは、次の手順が実行されます。
    • GitHub アカウントにサインインします。新しい OAuth アプリケーションを登録するページで、TeamCity によって提供される名前(およびオプションの説明)、ホームページ URL、コールバック URL を指定します。fromGH0_Copy.png アイコンを使用して、必要なパラメーターをコピーします。

      Register a new OAuth application

    • アプリケーション登録をクリックします。

    • 下にスクロールして、更新アプリケーションをクリックします。
      このページは、TeamCity アプリケーションのクライアント ID とクライアントシークレット情報で更新されます。

  4. TeamCity で接続の構成を続行します。コネクションの追加ページで、クライアント ID とクライアントシークレットを指定します。

    Add a GitHub connection, Step 2

  5. 設定を保存してください。

  6. 次に、VCS で TeamCity を認証する必要があります。プロジェクト管理に移動し、プロジェクトの作成をクリックし、GitHub.com からを選択して、GitHub にサインインをクリックします。

    Sign in to GitHub

  7. 開いたページで、TeamCity アプリケーションを承認します。
    承認されたアプリケーションには、プライベートリポジトリの完全な制御が許可され、GitHub でリポジトリフック書き込み権限が付与されます。
    接続が構成されています。TeamCity でプロジェクトの作成を続行できます。ユーザーが利用できるすべてのリポジトリが一覧表示されます。入力を開始してリストをフィルタリングし、必要なリポジトリを選択します。

    Choose a repository

    TeamCity はリポジトリ接続を確認します。接続が確認されると、プロジェクトの作成ページが開きます。TeamCity はプロジェクトとビルド構成名を表示します。必要に応じて、名前を変更して続行をクリックします。

  8. TeamCity はあなたの VCS リポジトリをスキャンし、あなたのビルドステップを自動検出します(多少時間がかかるかもしれません)。ステップのボックスをチェックして、ビルド構成で使用してください。

  9. 選択したビルド手順がビルド構成に追加されます。

おめでとうございます。GitHub 接続と最初のビルドに 1 つのビルドステップが設定されました。これで、ビルドを実行して必要に応じてその設定を調整できます。

手動でプロジェクトを作成する

設定の自動検出が適切でない場合は、プロジェクトを手動で作成できます。

  1. 右上隅にある管理リンクをクリックし、次にプロジェクトの作成をクリックして、手動を選択します。プロジェクトの名前、ID(自動生成、変更可能)、オプションの説明を指定します。
    作成をクリックします。

    Create a project manually, Step 1

  2. プロジェクトが作成されると、TeamCity はプロジェクトにビルド構成を入力するように求めます。ビルド構成を作成するをクリックします。
    構成は、以下で説明するように、自動(プロジェクトの作成と同様)または手動で作成できます。手動で行うことを選択した場合は、ビルド構成名、ID(自動生成、変更可能)、オプションの説明を指定します。

    Create a project manually, Step 2

  3. TeamCity は新しい VCS ルートの作成とアタッチを提供します: ビルドを作成できるようにするには、TeamCity はソースコードがどこにあるかを知る必要があり、VCS ルートは VCS 設定(ソースへのパス、ログイン、パスワード、その他の設定)のコレクションです)TeamCity がバージョン管理(SCM)システムと通信して変更を監視し、ビルドのソースを取得する方法を定義します。各ビルド構成には、少なくとも 1 つの VCS ルートが接続されている必要があります。VCS ルートは、自動または手動で作成できます。
    手動で作成するには、ドロップダウンメニューから VCS のタイプ(以下の例では Git)を選択し、必要な情報(名前と URL)を指定して接続をテストし、作成をクリックします。

    Create a project manually, Step 3

    VCS ルートを作成した後、チェックアウトから一部のディレクトリを除外するように TeamCity に指示するか、一部のパス(ディレクトリとそのすべての内容をコピー)をデフォルトとは異なるビルドエージェント上の場所にマップできます。これは、チェックアウトルールを使用して実行できます。
    TeamCity でエージェントまたはサーバーのソースをチェックアウトするかどうかを指定することもできます。エージェント側のチェックアウトはすべての VCSサポートされているわけではないことに注意してください。これを使用する場合は、少なくとも 1 つのエージェントにバージョン管理クライアントをインストールする必要があります。
    VCS ルートが作成されると、ビルド構成設定が左側に表示されます。

  4. これで、左側の対応する設定を選択して、ビルドステップを構成できます。リポジトリをスキャンした後にビルドステップを自動的に検出するように TeamCity に指示するか、この例に従ってビルドステップを手動で構成することができます。
    ビルドステップを追加をクリックし、ドロップダウンメニューからビルドランナーを選択します。

    Selecting a build step

  5. 必須フィールドに入力してビルドステップを保存します。

おめでとうございます。1 つのビルドステップを含む最初のビルドを設定しました。これで、ビルドを実行して必要に応じてその設定を調整できます。

最初のビルドを実行する

現在のビルド構成には 1 つのビルドステップがあります。TeamCity Web UI の右上隅にある実行をクリックして最初のビルドを起動できます。

Run a build

TeamCity は、ビルドを最初に利用可能で適切な ビルドエージェントに割り当てます。

ビルド結果ページにリダイレクトされ、ビルドの進行状況を確認し、ビルドの終了時にその結果を確認できます。このページからビルド構成設定にアクセスし、必要に応じて編集することもできます。

Build results

ビルド構成設定を調整する

次の設定を構成することがあります。

アーティファクト

ビルドでインストーラー、WAR ファイル、レポート、ログファイルなどが生成され、ビルドの完了後に TeamCity サーバーで公開する場合は、ビルド構成の一般設定セクションでそのようなアーティファクトへのパスを指定できます。設定。ビルドが完了したため、ビルドエージェントにはすでにチェックアウトソースがあり、アーティファクトパスフィールドにはチェックアウトディレクトリブラウザーがあります。ツリーからアーティファクトを選択できます。

Artifact paths

TeamCity はそれらへのパスを入力フィールドに入れるため、必要に応じて修正することができます。

Modify the arifact paths

設定を保存してください。ビルドを実行すると、TeamCity は必要なレポートをアーカイブに入れます。ビルド構成ホームページには、実行されたすべてのビルドが一覧表示され、利用可能なアーティファクトを表示できます。

Published artifacts

ビルド結果ページからアーティファクトを表示およびダウンロードすることもできます。

Artifacts in build results

詳細はアーティファクトパスで入手できます。

自動ビルドトリガー

バージョン管理の変更を検出したときの自動ビルドトリガーは、CI にとって不可欠です。TeamCity は、URL またはリポジトリからプロジェクト / ビルド構成を作成するときに VCS トリガーを自動的に追加します。ビルド構成設定編集ドロップダウンメニューのトリガーページを使用して手動で行うこともできます。

Add a trigger

ビルド番号の形式

TeamCity の各ビルドには、ビルド番号があります。これは、ビルド構成の一般設定ページで指定されたパターンに従って構成された文字列識別子です(このフィールドは、詳細オプション表示リンクをクリックすると使用できます)。ここでデフォルト値を残すことができます。その場合、ビルド番号の形式は TeamCity によって維持され、新しいビルドの開始ごとに次の整数値に解決されます。詳細については、ドキュメントの専用セクションを参照してください。

関連ページ:

ビルドエージェント

TeamCity ビルドエージェントは、TeamCity サーバーからのコマンドをリッスンし、実際のビルドプロセスを開始するソフトウェアです。TeamCity サーバーとは別にインストールおよび構成されます。エージェントは、サーバーと同じコンピューターまたは別のマシンにインストールできます(サーバーのパフォーマンス上の理由から、後者が推奨されるセットアップです)。エージェントは、TeamCity サーバーと同じオペレーティングシステム(OS)または別の OS を実行できます。TeamCity ビル...

TeamCity と VCS ホスティングサービスの統合

GitHub.com、GitHub Enterprise、Bitbucket クラウド、GitLab.com、または GitLab CE / EE に組織アカウントがある場合は、TeamCity をこれらのソースコードホスティングサービスに接続して、組織ユーザーが新しいプロジェクト、Git または MercurialVCS ルート、GitHub または Bitbucket を簡単に作成できるようにすることができます。すぐに利用できるサポートされているトラッカー。TeamCity を Azure DevOps サ...

VCS トリガーの設定

TeamCity が設定された VCS ルートで新しい変更を検出するたびに、VCS は自動的に新しいビルドを開始し、保留中の変更にその変更を表示します。ビルド構成に追加できる VCS トリガーは 1 つだけです。ビルド構成に保留中の変更があると、デフォルト設定の新しい VCS トリガーがビルドをトリガーします。構成されている場合、VCS コミットフックを尊重する VCS ルートの変更間隔のチェックに従って、バージョン管理が変更についてポーリングされます。チェックアウトルールに一致した変更のみが保留...

インストールのクイックスタート

このページでは、TeamCity サーバーの評価セットアップについて説明します。デフォルトのビルドエージェントは、最も一般的なオペレーティングシステムの同じマシンで実行されます。評価のために TeamCity をインストールする方法の概要については、ビデオチュートリアルを参照してください。本番セットアップの詳細については、インストールおよびアップグレードセクションを参照してください。本番目的のために、TeamCity サーバーとエージェントを別々のマシンにセットアップすることをお勧めします。Te...