TeamCity 2020.1ヘルプ

ビルドトリガーの設定

ビルド構成が作成されたら、実行ボタンをクリックしてビルドを手動でトリガーするか、トリガーの助けを借りてビルドを自動的に開始できます

ビルドトリガーは特定のイベントで新しいビルドを開始するルールです。ビルドはビルドキューに入れられ、実行に使用できるエージェントが存在するときに開始されます。

ビルド構成の作成/編集中に、ビルド設定ページのトリガーセクションを使用してトリガーを構成できます。新しいトリガーを追加をクリックしてトリガー設定を指定します。各トリガーの構成の詳細については、対応するセクションを参照してください。トリガーリストの最後の列のオプションを使用して、構成されたビルドトリガーを一時的または永続的に無効にすることができます。

ビルド構成ごとに、以下のトリガーを構成できます。

ビルド構成用に定義されたトリガーに加えて、HTTP GETリクエストによってビルドを起動することも、カスタムビルドを実行して手動で起動することもできます。

関連ページ:

カスタムビルドを開始する

通常、ビルド構成には、スケジュールされた時間やVCSの変更の検出など、条件が満たされるたびに新しいビルドを自動的に開始するように構成されたビルドトリガーがあります。TeamCityを使用すると、自動的にビルドを開始するだけでなく、必要に応じて手動でビルドを実行したり、プロパティを追加したり、特定の変...

ビルドキュー

ビルドキューは、トリガーされて開始されるのを待っているビルドのリストです。エージェントがアイドル状態になるとすぐに、TeamCityはそれらを互換性のあるビルドエージェントに配布します。キュービルドは、エージェント上で開始された時点でエージェントに割り当てられます。ビルドがビルドキューで待機している...

VCSトリガーの設定

TeamCityが設定されたVCSルートで新しい変更を検出するたびに、VCSは自動的に新しいビルドを開始し、保留中の変更にその変更を表示します。ビルド構成に追加できるVCSトリガーは1つだけです。デフォルト設定の新しいVCSトリガーは、ビルド設定に保留中の変更があるとビルドをトリガーします。バージョ...

スケジュールトリガーの設定

スケジュールトリガーを使用すると、構成のビルドを実行する時間を設定できます。現在のプロジェクト設定のスケジュールを構築するセクションには、構成されたビルド時間が表示されます。ビルド構成に複数のスケジュールトリガーを追加できます。トリガー条件:このセクションの設定は、自動ビルドトリガーの時間やその他の...