DataGrip 2020.2ヘルプ

DataGripのクイックスタート

このクイックスタートガイドでは、主要な概念を紹介し、DataGripでの最初のステップを支援します。

ステップ 1. 初期設定を構成する

製品をインストールして初めて起動すると、初期構成ウィザードが表示されます。DataGripをインストールするにインストールプロセスの詳細な説明があります。

  1. 最初のページで、DataGripの配色を選択します。これは、明るい色でも暗い色でもかまいません。

  2. 2番目のページでは、デフォルトのダイアレクトとSQLスクリプトを使用したディレクトリを構成できます。

    デフォルトのSQLダイアレクト : SQLファイルのコードは、選択したダイアレクトに従って強調表示されます。例:Microsoft SQL Serverを選択すると、SQLファイルはデフォルトでSQL Serverファイルとして強調表示されます。この設定は後で変更できます。ファイルまたはフォルダーのダイアレクトを設定するには、SQL ダイアレクトを参照してください。

    スクリプトディレクトリ : ファイルツールウィンドウ(表示 | ツール・ウィンドウ | ファイル)にアタッチされているディレクトリ。後で任意のディレクトリをアタッチできます。

    Configure initial settings

ステップ 2. DockerおよびGitプラグインをインストールする

PostgreSQLインスタンスを実行してgitリポジトリを複製するには、DockerおよびGitプラグインが必要になります。DBMSとスクリプトを使用する場合は、この手順をスキップしてください。

JetBrainsによるGitプラグインのインストール

DataGripでバージョン管理を有効にするには、JetBrainsによるGitプラグインをインストールします。

  1. 設定 Ctrl+Alt+S を開き、プラグインに移動します。

  2. マーケットプレースをクリックします。

  3. 検索フィールドに Gitと入力し、Enterを押します。

  4. プラグインをインストールするには、インストールクリックしてDataGripを再起動します。

Install the Git plugin by JetBrains

JetBrainsによるDockerプラグインのインストール

DataGripでDockerをサポートするには、JetBrainsによるDockerプラグインをインストールしてください。

  1. 設定 Ctrl+Alt+S を開き、プラグインに移動します。

  2. マーケットプレースをクリックします。

  3. 検索フィールドに Dockerと入力し、Enterを押します。

  4. プラグインをインストールするには、インストールクリックしてDataGripを再起動します。

Install the Docker plugin by JetBrains

ステップ 3. リポジトリの複製

例として、次の2つのリポジトリを使用します。Sakilaダンプファイル(https://github.com/DataGrip/dumps(英語))とDocker-composeファイル(https://github.com/JetBrains/docker-env-compose(英語))です。Sakilaリポジトリには、Sakilaデータベースの構造を生成するスクリプトと、データベースオブジェクトにデータを追加するスクリプトが含まれています。Dockerリポジトリには、サービス、ネットワーク、およびボリュームを定義するYAMLファイルが含まれています。

バージョン管理統合を使用可能にする

  1. VCS | バージョン管理統合を使用可能にするをクリックします。

  2. バージョン管理統合を使用可能にするダイアログで、ドロップダウンリストで Git が選択されていることを確認し、OKをクリックします。

    Enable version control integration

リポジトリのクローン

  1. VCS | Git | クローンをクリックします。

  2. URLフィールドに、次のWeb URLをコピーして貼り付けます。

    • サキラダンプファイル: https://github.com/DataGrip/dumps.git

    • Docker-composeファイル: https://github.com/JetBrains/docker-env-compose.git

  3. ディレクトリフィールドで、フォルダーアイコン(The folder icon)をクリックして、リポジトリファイルのディレクトリを指定します。

    Clone repositories

ステップ 4. Dockerデータベースイメージを実行する

このチュートリアルでは、(docker-env-composeリポジトリから)Docker用のPostgreSQLコンテナーを実行します。docker-compose.ymlで利用可能なサービスの全リストを見ることができます。サービス名はサービス定義の最初の行です(JDBC URLの前)。次の例では、サービス名はpg_12.X、JDBC URLはjdbc:postgresql://localhost:54333 / guest?user = guest&password = guestです。

コンテナーをコマンドラインから実行するには、docker-compose up -d pg_12.Xを実行します。それ以外の場合は、DataGripでDockerプラグインを有効にして使用できます。

pg_12.X: # jdbc:postgresql://localhost:54333/guest?user=guest&password=guest container_name: pg_12.X ports: - "54333:5432" image: postgres:12-alpine env_file: .env healthcheck: test: "exit 0"

Dockerサポートを有効にする

  1. Dockerをインストールして実行します。

    詳しくは、Dockerのドキュメント(英語)を参照してください。

  2. Dockerデーモンの接続設定を構成します。

    • 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sで、ビルド、実行、デプロイ | Dockerを選択します。

    • The Add button をクリックしてDocker構成を追加し、Dockerデーモンへの接続方法を指定します。

      接続設定は、Dockerのバージョンとオペレーティングシステムによって異なります。

      ダイアログの下部に接続完了メッセージが表示されます。

      The Docker connection settings
  3. Dockerデーモンに接続します。

    構成されたDocker接続がサービスツールウィンドウ(表示 | ツール・ウィンドウ | サービスまたは Alt+8)に表示されます。Dockerノード Docker nodeを選択して The Connect buttonをクリックするか、コンテキストメニューから接続を選択します。

    The Docker tool window, connected to Docker

    Docker接続設定を編集するには、Dockerノードを選択してツールバーの The Edit Configuration button をクリックするか、コンテキストメニューから構成の編集を選択します。

Docker-compose デプロイ構成を作成する

  1. サービスツールウィンドウ(表示 | ツール・ウィンドウ | サービス)で、Dockerノードを右クリックして配置を選択します。

  2. ポップアップウィンドウでDocker-compose デプロイを作成を選択します。

  3. デプロイ構成の作成ダイアログで、構成ファイルフィールドの参照アイコンをクリックします。

  4. Docker Compose構成ファイルダイアログで、追加ボタンをクリックして、作成ファイルに移動します。Compose YAMLファイルは、サービス、ネットワーク、およびボリュームを定義します。私たちの場合、docker-compose.ymlです

  5. Docker Compose構成ファイルダイアログで、OKをクリックします。

  6. サービスフィールドに pg_12.Xと入力します。

  7. 実行をクリックします。

    その結果、サービスツールウィンドウに pg_12.X 実行中のコンテナーが表示されます。

    Create the Docker-compose deployment configuration

ステップ 5. データベースに接続する

データベースベンダー(MySQL、PostgreSQL、Oracle)に応じて、対応するデータソース接続を作成する必要があります。このチュートリアルでは、PostgreSQL接続を作成します。

他のデータベース管理システム(DBMS)に接続する場合は、データベース接続を参照してください。接続できない場合

  1. ファイル | データ・ソースに移動するか、Ctrl+Alt+Shift+Sを押します。

  2. データ・ソースおよびドライバーダイアログで、追加アイコン(The Add icon)をクリックし、PostgreSQLを選択します。

  3. データソース設定領域の下部にある欠落しているドライバー・ファイルをダウンロードする リンクをクリックします。または、データソースのユーザードライバを指定することもできます。ユーザードライバの詳細については、既存の接続にユーザー・ドライバーを追加するを参照してください。

  4. URLフィールドに、JDBC URL jdbc:postgresql://localhost:54333 / guest?user = guest&password = guestをコピーして貼り付けます。他のDBMSのJDBC URL。docker-compose.ymlを参照してください。テキストエディターでdocker-compose.ymlを開くことができます。

  5. (オプション)名前フィールドで、現在の名前を削除し、接続の新しい名前を入力します(たとえば、PostgreSQL)。

  6. データソースへの接続が正常に行われるようにするには、接続のテストをクリックします。

Integration with PostgreSQL

ステップ 7. SQLスクリプトを使用してディレクトリを接続する

SQLスクリプトを実行するには、データソースを右クリックしてSQL スクリプトの実行を選択します。または、これらのスクリプトを含むフォルダーをファイルツールウィンドウにアタッチして、ここから実行することもできます。

  1. 表示 | ツール・ウィンドウ | ファイルにナビゲートします。

  2. ファイルツールウィンドウで、任意の領域を右クリックし、プロジェクトにディレクトリをアタッチを選択します。

  3. アタッチするディレクトリに移動します。私たちの場合、ダンプディレクトリです。

  4. OKをクリックします。

    Attach a directory with SQL files

ステップ 8. ダンプファイルを実行する

  1. ファイル(表示 | ツール・ウィンドウ | プロジェクト)ツールウィンドウで、postgres-sakila-dbツリーノードに移動します。

  2. postgres-sakila-dbツリーノードを展開します。

  3. Ctrl を押しながら、postgres-sakila-schema.sqlおよびpostgres-sakila-insert-data.sqlをクリックします。

  4. 選択を右クリックし、名前なしで実行をクリックします。または、Ctrl+Shift+F10を押します。

  5. ターゲットデータソース/スキーマテーブルで、追加ボタン(The Add button)をクリックし、PostgreSQLを選択します。

  6. postgres-sakila-schema.sqlファイルが実行テーブルのリストの一番上にあることを確認します。それ以外の場合は、上(the Up button)および下(the Down button)ボタンを使用してファイルの順序を変更します。

    DataGripは、リストの先頭からファイルを実行します。

  7. 実行を押します。

Run dump files

ステップ 9. コードを書く

エディターで作業している間、DataGripはあなたのコードを分析し、それを最適化する方法を探り、潜在的および実際の問題を検出します。次のリストには、コード作成に役立ち、生産性を向上させるのに役立つ可能性のある基本的な機能とツールが含まれています。

コード補完

コードを入力すると、コード補完の候補が表示されます。DataGripには2種類のコード補完があります。

基本 コード補完 Ctrl+Space は、可視性スコープ内のタイプ、インターフェース、メソッド、およびキーワードの名前を完成させるのに役立ちます。コード補完を呼び出すと、DataGripはコンテキストを分析し、現在のキャレット位置から到達可能な選択肢を提案します。デフォルトでは、DataGripは入力時にコード補完ポップアップを自動的に表示します。

スマート コード補完 Ctrl+Shift+Space は候補リストをフィルタリングし、現在のコンテキストに適用可能なタイプのみを表示します。

次のアニメーションは、基本補完とスマート補完の違いを示しています。さまざまな補完タイプに推奨されるバリエーションの数に注意してください

    コードの生成

    DataGripは、一般的なコード構造と繰り返し要素を生成する複数の方法を提供し、生産性の向上に役立ちます。これらは、コンテキスト、さまざまなラッパー、および文字の自動ペアリングに基づいて異なる方法で適用される定義済みテンプレートまたはカスタムテンプレートのいずれかです。

    メインメニューからコード | 生成 Alt+Insert を選択して、生成可能な使用可能な構成体を含むポップアップメニューを開きます。

    関数、プロシージャ、ビュー、およびその他のデータベースオブジェクトを生成できます。

    • オブジェクトを生成するには、Alt+Insert を押して、生成するオブジェクトを選択します。

    Generating code

    ライブ・テンプレート

    ライブテンプレートを使用して、ステートメントやデータベースオブジェクトの定義などの一般的な構成をコードに挿入します。

    コードスニペットを展開するには、対応するテンプレートの省略形を入力して Tabを押します。 Tab を押し続けると、テンプレート内の1つの変数から次の変数にジャンプします。 Shift+Tab を押して、前の変数に移動します。

    ライブテンプレートのリストを表示するには、設定 Ctrl+Alt+S を開き、エディター | ライブ・テンプレートに移動します。

    Live templates

      インスペクション

      DataGripには、コンパイル前にプロジェクト内の異常コードを検出して修正する一連のコードインスペクションがあります。IDEはさまざまな問題を見つけて強調表示し、デッドコードを見つけ、可能性のあるバグを見つけ、スペルの問題、コード構造全体を改善することができます。

      インスペクションは、すべてのプロジェクトファイル内のコード、または特定のスコープ内のみ(たとえば、本番コード内、または変更されたファイル内)のコードをスキャンできます。

      すべてのインスペクションには重大度レベル(問題がコードに影響を与える可能性のある程度)があります。重要度はエディターで異なる方法で強調表示されるため、重大な問題とそれほど重要でない問題をすばやく区別できます。DataGripには一連の事前定義された重大度レベルがあり、独自の重大度レベルを作成できます。

      インスペクションのリストを表示するには、設定 Ctrl+Alt+S を開き、エディター | インスペクションにナビゲートします。それらの一部を無効にするか、他を有効にし、さらに各インスペクションの重大度を調整します。エラーと見なすか、単なる警告と見なすかを決定します。

      例:未使用のサブクエリー・アイテム インスペクションは、サブクエリ(フィールドなど)で未使用のアイテムを検出します。

      Unused subquery item

        インテンション・アクション

        エディターで作業するときに、DataGripはコードを分析し、コードを最適化する方法を検索し、潜在的な問題と実際の問題を検出します。

        IDEがコードを変更する方法を見つけると、エディターの現在の行の横に黄色の電球アイコン yellow bulb icon が表示されます。このアイコンをクリックすると、現在のコンテキストで使用可能なインテンションアクションを表示できます。インテンションアクションは、警告から最適化の提案まで、幅広い状況をカバーします。インテンションの完全なリストを表示し、設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sカスタマイズできます

        インテンションアクションのリストを表示するには、設定 Ctrl+Alt+S を開き、エディター | インテンションにナビゲートします。

        1. 電球のアイコンをクリックするか(または Alt+Enterを押してください)、提案のリストを開きます。

        2. リストからアクションを選択し、Enterを押します。

          例:INSERTステートメントでインテンションアクションを使用して、有効なフィールドタイプを持つテーブルを作成することができます。

          Inject a language with the intention action
        最終更新日: 2020年7月10日

        関連ページ:

        DataGripをインストールする

        DataGripは、Windows、macOS、およびLinuxオペレーティングシステムで一貫したエクスペリエンスを提供するクロスプラットフォームIDEです。システム要件:RAM2 GBの空きRAM4 GBの総システムRAMディスク容量キャッシュ用に500 MBおよび1 GB5 GB以上の空き容量が...

        SQL ダイアレクト

        このページでは、さまざまなスコープで使用されるSQLダイアレクト(SQLのDBMS固有のバージョン)を指定できます。ファイル、プロジェクト、およびグローバルは、単一のファイル、プロジェクトにアタッチされたSQLファイルを含むフォルダー、またはIDEで開かれるすべてのSQLファイルのスコープに適用され...

        ユーザー・ファイル

        マシンまたはアクセス可能な他の場所からファイルを操作するには、ファイルツールウィンドウに必要なディレクトリをアタッチします。ディレクトリを管理する:SQLファイルを含むディレクトリを添付する表示 | ツール・ウィンドウ | ファイルをクリックします。ファイルツールウィンドウで、任意の領域を右クリック...

        サービスツールウィンドウ

        サービスツールウィンドウでは、データベースとDockerサービスを使用できます。Dockerを使用するには、Dockerプラグインをインストールします。Dockerの詳細については、Dockerを参照してください。サービスツールウィンドウでは、Dockerコンテナーとイメージ(1)、データソース(2...

        データベース接続

        データベースにクエリを発行するには、データソース接続を作成する必要があります。データソースはデータの場所であり、サーバーまたはDDLファイルにすることができます。データソースには、データソースの種類に依存する名前と接続設定が含まれます。DataGripでは、これらの接続をデータ・ソースおよびドライバ...

        データベースの接続の構成

        データベース接続を作成すると、DataGripは自動的にデータベースに接続してデータベースオブジェクトを受信します。その後、接続が閉じます。データベースと相互作用するデータソースの名前は、データベースツールウィンドウに小さな緑色の円で表示されます。データベース接続を閉じる場合は、データソースを選択し...