WebStorm の新機能

WebStorm 2020.2の新機能

Prettierをデフォルトのフォーマッターとして使用するための待望のオプション、Vueのクラス最高(今やっと言うことができます! )のサポート、JavaScript用の新しいインテンション、GitHubプルリクエストの完全なサポートなど。

フレームワークとテクノロジー

Use Prettier as the default formatter

デフォルトのフォーマッターとしてPrettierを使用する

組み込みのフォーマッターの代わりにPrettierを使用してコードを整理したいですか?今回の更新により、以前よりもさらに簡単になりました。新しいものにチェックを入れてください コードの再フォーマットについて(英語) チェックボックスとIDEは、.js , .ts , .jsx.tsx ファイルを再フォーマットするときは常にPrettierを使用します。他のファイルタイプも簡単に追加できます。

Get support for Nuxt.js

Nuxt.jsのサポートを受ける

WebStormがNuxt.jsを操作する(英語)生産性をさらに高めましょう! テンプレートセクションとnuxt.config.jsファイル内のコーディング支援機能を使用し、コアNuxtコンポーネントのクイックドキュメントを確認し、NuxtプロジェクトでVuexストアのサポートを取得します。

Configure Vue-specific code style quickly

Vue固有のコードスタイルをすばやく構成する

Vue固有のコードスタイル設定を使用すると、コンテンツをインデントするトップレベルタグを選択したり、Vueファイル全体でインデントを同じにするか、言語設定に依存するかを選択したりできます。Vueコード内で補間をフォーマットする方法を変更することもできます。

WSL 2にインストールされたGitのサポート

IDEに必要なすべてのWSL関連ワークフローのサポートを追加し続けます。これで、WSLからプロジェクトを開くと、IDEは自動的にWSL からGitに切り替わり(英語)関連するすべての機能使用できるようになります。

TypeScriptプロジェクトのVueに関する変更

TypeScript言語サービスが .vue ファイルを処理する方法を改善しました。これらは、.ts または .tsx ファイルと同様に扱われます。他のVueまたはTypeScriptファイル内のVueファイルのインポート問題が発生しなくなりました

JavaScript & TypeScript

Save yourself some time with new intentions

新しいインテンションで時間を節約

新しいスマートインテンション(英語)Alt+Enter)は、オプションのチェーンと無効な合体、およびループ関するいくつかのアクションをより迅速に実行できます。例:数値インデックスを持つ for ループを forEach 配列メソッドにすばやく変換できるようになりました。

Render JSDoc comments right in the editor

エディターでJSDocコメントを表示する

すべてのタグを通過する必要があるため、JSDocコメントの読み取りは困難な場合があります。これを簡単にするために、エディターでこれらのコメントを表示(英語)できるようにし、不要な注意散漫を排除しました

ツールウィンドウからデバッグを開始する

WebStormでは、実行およびターミナルツールウィンドウからデバッグセッションを開始(英語)できるようになりました。例: npm startなどのスクリプトを実行し、Ctrl+Shift を押しながらそのスクリプトの出力でhttpリンクをクリックすると、IDEがJavaScriptデバッグセッションを開始します。

デバッグ時のアイテムプレビューの改善

デバッグすると、組み込みコンソールのアイテムプレビューにいくつかの拡張機能が表示されます。これらの機能強化により、オブジェクトを展開しなくても、オブジェクトに関するより詳細な情報が得られます。

HTMLとスタイルシート

Get better support for @use and @forward rules

@useおよび@forwardルールのサポートを強化する

昨年、SassおよびSCSSで使用される @use および @forward ルールの初期サポートをいくつか導入しました。WebStormがインポートされたシンボルのスマートな補完改善された解像度を提供することを期待できるように、このサポートを拡張しました。

Preview WebP images in the IDE

IDEでWebPイメージをプレビューする

v2020.2以降、.jpeg または .png ファイル場合と同様に、WebStormで .webp イメージをプレビューできます。以前は、WebStormは .webp イメージ形式を認識できず、そのようなイメージをのぞく必要があるときはいつでも別のアプリケーションに切り替える必要がありました。

バージョン管理

Enjoy full support for GitHub pull requests

GitHubプルリクエストの完全なサポートを楽しみましょう

WebStorm 2020.2では、GitHubのプルリクエストのサポート(英語)拡張(英語)され、操作が簡単になりました。IDEを移動せずに、すべてのPRレビューコード表示してマージできるようになりました。

Gitアクション用に再設計されたダイアログ

WebStorm 2020.2 は、マージ、プル、およびリベースアクションのダイアログの煩雑さを取り除きます。また、プルダイアログの –rebaseマージダイアログの –no-verify など、いくつかの新しいオプションも追加されます。

ログからのローカルコミットのスカッシュ

Gitツールウィンドウのログタブで複数のローカルコミットを選択し、1つにまとめることができます。このアクションは、右クリックで呼び出すことができるコンテキストメニューから利用できます。

コード編集

Identify problems in your code faster

コードの問題をより迅速に特定

新しいインスペクションウィジェットと問題ツールウィンドウを使用すると、現在のファイル内の警告、エラー、その他の課題の数に関する詳細情報を取得し(英語) たり、それらの間を移動したりできます。

Add carets at the end of each selected line

選択した各行の終わりにキャレットを追加する

複数のキャレットを操作するための新しいアクションAlt+Shift+G)を使用すると、選択した各行の終わりにキャレットをすばやく配置し、すべてのキャレットが追加されるとすぐに選択を削除できます。