AppCode の新機能

AppCode 2020.2 の新機能

AppCode 2020.2 は、初期 Swift パッケージマネージャーサポート、コード補完、ナビゲーション、およびハイライトの速度向上、Swift のシグネチャーの変更リファクタリング、まったく新しい問題ビューとインスペクションウィジェット、GitHub プルリクエストの完全サポートなどを備えています。

Swift パッケージマネージャーのサポート

SPM support

Swift パッケージマネージャーの初期サポートはこちらです !

SPM 依存関係のある Xcode プロジェクトを開き、作業中に一般的なコード支援の恩恵を受けます。

それらをビルド、実行、デバッグし、SPM の依存関係をプロジェクトビューに表示します。

シグネチャーの変更

Change Signature

Swift の新しいシグネチャーの変更⌘ F6)リファクタリングにより、プロジェクト全体のメソッドシグネチャーを簡単に変更できます。

それはパラメーター、編集内部および外部パラメーター名、変更方法の可視性、および順序変更することができますより多く(英語)を。

パフォーマンス

コード補完、ハイライト、およびナビゲーションは、索引付けとキャッシングが再調整されたおかげで、一般にすべて高速になりました。さらに、プロジェクトのリロード時に発生していた多くのフリーズが解消されるはずです。

コード補完

Completion During Indexing

get , set , didSet および willSet の補完は、ステートメント本文に自動的にジャンプします。

Smart Completion

スマート補完にイニシャライザが含まれるようになりました。

Font Completion

フォント補完は、Objective-C の場合と同じように機能します。

Closure Completion

コード補完は補完リストの末尾クロージャを提供するようになりました。

SourceKit 補完機能は、インデックス作成後も利用できるようになりました。AppCode 補完機能と組み合わせることで、より良い結果が得られます。

インスペクション

Inspections widget

新しいインスペクションウィジェットと新しい問題ビューを使用して、現在のファイルのすべての問題をより速く見つけます。

をクリックしてエラー間を移動します  上矢印 /  下矢印 ボタン。

GitHub プルリクエスト

GitHub pull-requests
IntelliJ プラットフォームチームの同僚の努力のおかげで、AppCode 2020.2 は GitHub プルリクエストを完全にサポート(英語)します。
  • GitHub プルリクエストをクリックするだけで、メッセージ、ブランチ名、作成者、担当者、タイムラインなどを表示する専用ビューに情報が表示されます。
  • プルリクエストのタイムラインで、コミット前のチェックの結果を直接表示します。
  • IDE 内から、レビューの開始、レビューのリクエスト、コメントの添付、レビューの送信を行います。
  • コミットレベルと行レベルの両方で、コメントを表示して操作します。
  • IDE 内からプルリクエストをマージします。