AppCode の新機能

AppCodeの新機能

より高速なコード補完、強調表示、ナビゲーション、Swift関数ビルダー、プロパティラッパー、不透明な結果タイプのサポート、新しいSwift インテンションのヒープ全体、および再構築されたビルドメッセージツールウィンドウがAppCode 2019.3に追加されました。

ダウンロード
30日間の無料トライアル
2019.3 12月4日

Swift

AppCode 2019.3は、Swift 5.1サポートを拡張し、Swift関数ビルダー、不透明な結果タイプ、および最新標準のその他の機能をカバーしています。

Split / Join Intentions

インテンションの分割/参加

Swift用の新しい分割/結合インテンションファミリーにより、コーディングの時間を節約できます。

  • 分割/結合変数の宣言と割り当て
  • 複数の要素を持つ変数宣言を分割する
  • ネストされた if / else ステートメントの分割/結合
  • 単一の if内の条件のマージ/分割
Flip / Invert / De Morgan's Laws

フリップ/反転/デモーガンの法則インテンション

Swift インテンションの別のセットは、バイナリ式と比較を処理するためのものです。

  • フリップ比較とバイナリ式
  • if ステートメントを反転する
  • デモーガンの法則を適用する

コード生成

Swiftコードの生成に役立つ2つの新しいオプション()よりもボイドを優先Prefer explicit returnを追加しました。 Editor | Code Style | Swift | Code Generation | Generalで見つけます。

コードのフォーマット

コードの書式設定のための新しい便利なオプションは、環境設定 | エディター | コード・スタイル | Swift | 折り返しおよび括弧 | 再フォーマット時の保持にあります。

  • 1行に willSet / didSet を使用して単純なプロパティブロックを保持します(メソッドと関数を1行)。
  • 空の型宣言を1行で保持します(1行の空の型宣言)。

代替Swiftツールチェーン

Swift Tensorflowツールチェーンまたは別のカスタムSwiftツールチェーンを使用していますか?カスタムSwiftツールチェーンのすべてのコードコンストラクトを正しくロードし、ビルド、実行、デバッグ、テストに使用します。

ビルド・メッセージ

Build Messages

メッセージツリーを作り直すことで、多数のUXの課題が修正され、Xcodeと同じ情報が表示されるようになりました。

Build Messages progress bar

確定的な進行状況バーを使用して、ビルドにかかる時間を把握します。

Build Messages filter

Xcodeで行うのと同じ方法で、同じオプションを使用してビルドメッセージをフィルタリングします:すべての課題エディターおよび警告、およびエラーのみ

パフォーマンス

解決の改善がここにあります。つまり、AppCodeがコードを強調表示し、コード補完を表示し、ナビゲートするのがはるかに高速になります。

「Swiftモジュールの処理」が以前のAppCodeバージョンに比べてはるかに高速になるように、キャッシュを強化しました。

Mac Catalystサポート

コード支援、ビルド、実行、およびデバッグがMac Catalystプロジェクトで機能するようになりました。

ダウンロード
30日間の無料トライアル
2019.2 7月24月

Swift

AppCode 2019.2には、プロパティラッパー、静的添字などを含む、Swift 5.1の初期サポートが付属しています。

Closure folding

Closure折りたたみ

コードの折りたたみはSwiftクロージャに対しても機能するようになり、コードが読みやすくなります。

Highlighting

キーワードの強調表示

索引付けとキャッシュが完了していなくても、Swiftキーワードをすぐに強調表示します。

Join Lines

行の結合

行の結合⌃⇧J)を使用して、変数の宣言と初期化を簡単にマージできます。

Create from Usage

使用箇所から作成

⌥⏎を使用してコード内の使用箇所からSwift enum case を作成します。

Find Usages

使用箇所の検索

使用箇所の検索ツールウィンドウでの便利な並べ替えでより早く使用箇所を検索できます。

デバッグ

Disassembly view

逆アセンブリビュー

ソースコードが利用できない場合は、強制的にステップ・イン⌥⇧F7)を使用して逆アセンブルされたコードを確認します(または単にデバッグ ツールウィンドウでフレームを選択します)。

Create from Usage

補完

を使用してデバッガコンソールでLLDBコマンドを完成させます。

コード・カバレッジ

Run with Coverage

カバレッジで実行ボタンをクリックするだけで、カバレッジ付きの単体テストを実行できます。

Coverage results

左のエディターのガターの報道結果を参照してください。

Hit count

カバレッジカラーインジケータをクリックしてヒット数を確認するか、カバレッジを非表示にします。

Project view and coverage statistics

カバレッジ統計をプロジェクト ビューまたは別のツールウィンドウに表示します。

インデックス作成中のビルド、実行、デバッグ、およびテスト

Build, Run, Debug and Test during indexing

インデックス作成とキャッシュが完了するのを待たずに、アプリケーションを即座に構築、実行、デバッグ、およびテストします。

統合

Shell Script plugin

シェルスクリプトプラグイン

そのまま使用できるシェルスクリプト用のコードアシスタントを用意してください。

TextMate Bundles Plugin

TextMateバンドルプラグイン

TextMate文法を介してサポートされる20以上の言語で利用可能な基本的なコードの強調表示と補完が利用可能です。

コミットウィンドウ

Commit window

IntelliJプラットフォームチームのおかげで、ローカルの変更から直接あなたの変更をコミットすることが可能です。それを試してみるには、設定|バージョン管理|コミットダイアログダイアログを表示せずにローカル変更からコミットするチェックボックスを選択してください。

ダウンロード
30日間の無料トライアル
2019.1 4月10月

Swift

AppCode 2019.1には、動的呼び出し可能オブジェクト、生のテキストリテラル、識別キーパスなどを含むSwift 5サポートが付属しています。

Go To Declaration

宣言に移動

イニシャライザで宣言に移動⌘B または ⌘Click)を使用する場合は、括弧の前にキャレットを置いてクラス宣言にジャンプしてください。イニシャライザ宣言にジャンプするには、キャレットを括弧の内側に置きます。

Multiline strings

複数行文字列

を押すだけで、文字列リテラルを複数行の文字列に変換できます。

Move Statement

ステートメントを移動

ステートメントを上へ移動 / Downアクション(⇧⌘↑ / )を使用して、ループ、スイッチ、条件付きステートメント、メソッド、関数、およびその他のステートメントを移動します。

名前変更

名前変更のリファクタリングは、スーパーメソッドとオーバーライドメソッドで正しく機能するようになりました。

コード解決

DerivedSourcesディレクトリから生成されたプロジェクトソース(CoreDataモデルやインテントなど)は解決され、SourceKit インスペクションは正しく機能し、たくさんの誤ったエラーや警告がなくなりました。

Objective-C/C/C++

Naming conventions

命名規約

AppCodeは、Objective-C / C/C++の優先命名規則を考慮します。選択した設定は、コード補完、コード生成、リファクタリング、およびクイックフィックスで使用されます。定義済みのスキームから選択するか、環境設定 | エディター | コード・スタイル | C/C++/Objective-C | 命名規則でスタイルを手動で設定します。

実行とデバッグ

Attach to device process

デバイスプロセスに接続

実行 | プロセスに接続を使用してiOSデバイス上のリモートプロセスに接続します。

Application language and region

アプリケーションの言語と領域

構成の編集…ダイアログのオプションペインでアプリケーションの言語と領域を変更します。

Run to Cursor

カーソル位置まで実行

アプリケーションをカーソル位置まで実行にデバッグするときに行番号をクリックしてください。

Mute variables

変数をミュート

デバッグツールウィンドウで変数をミュートして速く移動し、必要な場合にのみロードします。

ビルド

Xcodeの統合に関するいくつかの課題を修正し、インクリメンタルビルドはさらに高速になりました。

IDE テーマ

IntelliJプラットフォームチームのおかげで、AppCodeは現在カスタムIDEテーマをサポートしています。いずれかのテーマをプラグインリポジトリ(英語)からダウンロードするか、自分で作成(英語)してください。

最近使用したロケーション

Recent locations

新しい最近使用したロケーション ダイアログ(⇧⌘E)を使用して、最近アクセスしたコードの場所をコードスニペットとして表示します。最近変更されたコードの場所を表示するには、同じショートカットを2回押します。

バージョン管理

Swap sides in Diff view

差分ビュー

比較…クリップボードと比較する、または空白の差分を開くアクションを使用しているときに、差分ビュー内の辺を簡単に入れ替えることができます。

Partial commits

部分的なコミット

単一のチェックボックスを使用して、部分コミットからすべてのコード行を含めるか除外します。

フィックスアップとスカッシュ

Git ログ のコンテキストメニューから直接 fixup! および squash! コミットを作成します。

ダウンロード
30日間の無料トライアル