MPS の新機能

MPS 2020.2 の新機能

MPS 2020.2 は、VCS の新しい外観、クイックフィックスのテスト、生成計画の強化、およびその他のさまざまな改善をもたらします。

UI improvements to the VCS

VCS の UI の改善

バージョン管理システムのルックアンドフィールを改善しました。エディター領域の幅が固定されなくなったため、スプリッターを両方向に移動できるようになりました。変更がハイライトされる方法も改善されます。変更のツールチップは、エディター領域とスプリッター領域の両方に表示されます。さらに、スプリッター領域の三角形と台形を滑らかなポリゴンに置き換えました。

Improved root and node histories in VCS

VCS のルートとノードの履歴の改善

VCS の既存の「ルート履歴の表示」アクションは、常に正しい結果を表示するとは限りませんでした。この修正により、ソースファイルの代わりにモデルが比較されるため、出力は常に意味のあるものになります。さらに、ルートノードだけでなく、任意のノードの履歴を表示できるようになりました。

New change type in VCS

VCS の新しい変更タイプ

MPS は、BaseLanguage モデルの参照不可能な部分を構造的に差分 / マージできるようになりました。参照ターゲットではない BaseLanguage 概念のインスタンス(例:ブロックステートメントまたは強制テイトメント)の場合、MPS diff / merge アルゴリズムはノードの ID を無視し、代わりに実際のノード構造を比較します。これにより、MPS ユーザーが構造的に同一の変更で苦労してマージエラーが発生するのを防ぐことができます。

さらに学習したい方に (英語)

次の兄弟を選択

Shift+Left/Right 矢印キーを使用して複数の兄弟ノードを選択できるようになりました。このショートカットは、メソッドパラメーター、配列リテラル値、またはステートメントの兄弟に使用できます。

エディターのテストケースでクイックフィックスをテストする

エディターテスト言語は、ApplyQuickFix コンセプトで拡張されています。インテンションをテストする場合と同様に、テストケースのコードセクションで使用します。選択したノードで使用可能なクイックフィックスを実行するか、または具体的なクイックフィックスを選択して明示的に実行するかを選択できます。

特定の修正

選択したノードで利用可能な修正:

Color scheme switcher and font settings

配色スイッチャーとフォント設定

IDE テーマを変更せずにエディターの配色を切り替えるオプションが利用できるようになりました。さらに、IDE のテーマまたはカラースキームを切り替えても、変更を有効にするために IDE を再起動する必要はありません。

さらに学習したい方に (英語)

Enhancements to Generation Plans

生成計画の強化

'Show Generation Plan' アクションは、モデルの変換に関連する正確な手順を理解するための便利なリソースを提供します。ここで、変換ステップに加えて、アクションは生成計画がどこから来たか(たとえば、カスタムモジュールファセットまたは devkit から)も識別し、その名前を生成計画ノードへのリンクと共に提供します。

さらに学習したい方に (英語)

Improvements to the Build language

ビルド言語の改善

アイデアのブランド化(BuildMps_Branding)でバージョンパーツにマクロを使用するオプションがあります。 ${version.major} , ${version.minor} , ${version.bugfixNr} および ${version.eap} マクロが MPS ビルドスクリプトに追加されました。古いバージョンの形式は引き続き機能しますが、非推奨です。ビルドスクリプトで新しいバージョンに切り替えるには、「廃止予定のブランドバージョンを新しい形式に変換する」インテンションを使用します。

その他の改善

Full GitHub pull request support

GitHub プルリクエストの完全サポート

オープンプルリクエストの詳細は、別の垂直ツールウィンドウでワンクリックで離れます。メインエディターウィンドウに会話が表示され、コメントを直接追加できます。プルリクエストを管理する権限がある場合、IDE から直接、参照、割り当て、管理、マージし、コメントを表示して送信し、変更を受け入れることができます。

Improved Git Actions dialogs

改善された Git アクションダイアログ

このリリースでは、マージ、プル、リベースのダイアログの視覚的な一貫性が変更されました。また、ダイアログが改善され、実行される Git コマンドを明確に識別できるようになりました。また、不足しているオプションがいくつか含まれています。また、--rebase と --no-verify をそれぞれプルダイアログとマージダイアログに追加しました。

Squash and drop local commits from the log

ログからローカルコミットをスカッシュして削除する

ローカルブランチから複数のコミットを選択し、押しつぶすことができるようになりました。Git ツールウィンドウでログタブを開き、ローカルコミットを選択して、コミットのスカッシュを選択します。コミットメッセージを変更する場合、それらのコミットのすべての変更は、更新されたメッセージとともに 1 つのコミットにまとめられます。さらに、Git ログからコミットを削除できるようになりました。

ブランチの比較アクションの結果表示の改善

MPS 2020.2 で 2 つのブランチを比較すると、エディターでログを開くことにより、IDE はコミットをすべて 1 つのビューで表示します。VCS ツールウィンドウとは対照的に、このビューには、各ブランチのコミットと影響を受けるファイルに関する完全なレポートを作成するための十分なスペースがあります。

許可

GitHub の認証を、非推奨ですぐに機能しなくなるパスワードベースのシステムから OAuth に切り替えました。