IntelliJ プラットフォーム SDK プラグイン開発ガイド

ページを編集 (英語)

動的プラグイン

2020.1リリース以降、IDEを再起動せずにプラグインをインストール、更新、およびアンインストールする機能がIntelliJプラットフォームで利用できます。プラグイン開発中、これにより、コードを変更するたびにIDE開発インスタンスが再起動するのを回避することもできます。

プラグインがこれをサポートするには、以下にリストされているすべての制限を満たす必要があります。プラグインをローカルで確認するには、プラグイン DevKit |プラグイン記述子|すべてのプラグイン記述子ファイルのプラグイン.xml動的プラグイン検証 インスペクション( plugin.xml および追加ファイルが必要)。

JetBrainsプラグインリポジトリでホストされるプラグインの場合、組み込みのプラグイン検証(英語)はこれらのチェックを自動的に実行します。

コンポーネントを使用しない

コンポーネントを使用する必要はありません。既存のものは、サービス、拡張機能、またはリスナーに移行する必要があります

アクショングループにはIDが必要です

すべての <group>は、一意の idを宣言する必要があります。

動的拡張機能のみを使用する

すべての拡張機能は、プラットフォーム自体で定義されているか、他のプラグインから定義されているかにかかわらず、動的としてマークする必要があります(次の段落を参照)。

拡張ポイントを動的としてマークする

プラグインによって提供されるすべての拡張ポイントは、特定の使用規則を順守し、動的に使用できるように明示的に宣言する必要があります。

拡張ポイントに応じて構成可能

動的拡張ポイントに依存する Configurable は、Configurable.WithEpDependenciesを実装する必要があります。

サービスオーバーライドの使用なし

overrides="true" で宣言されたアプリケーション、プロジェクト、およびモジュールサービスは許可されません。

プラグインのロード/アンロードイベント

com.intellij.ide.plugins.DynamicPluginListener リスナーを登録して、プラグインのロード/アンロードイベントの更新を受信します。

最終更新日: