WebStorm 2024.1 ヘルプ

ターミナル

WebStorm には、IDE 内からコマンドラインシェルを操作するための組み込みターミナルエミュレータが含まれています。専用のターミナルアプリケーションに切り替えることなく、Git コマンドの実行、ファイルのアクセス許可の設定、その他のコマンドラインタスクの実行に使用します。

ターミナルプラグインを有効にする

この機能は、デフォルトで WebStorm にバンドルされて有効になっているターミナル(英語)プラグインに依存しています。関連する機能が利用できない場合は、プラグインを無効にしていないことを確認してください。

  1. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、プラグインを選択します。

  2. インストール済みタブを開き、ターミナルプラグインを見つけて、プラグイン名の横にあるチェックボックスを選択します。

最初、ターミナルエミュレーターはデフォルトのシステムシェルで実行されますが、Windows PowerShell、コマンドプロンプト cmd.exeshbashzshcsh など、他の多くのシェルもサポートしています。シェルの変更の詳細については、「ターミナル設定」を参照してください。

ターミナルツールウィンドウを開く

  • 表示 | ツールウィンドウ | ターミナルに移動するか、Alt+F12 を押します。

    デフォルトでは、ターミナルエミュレータは、現在のディレクトリを現在のプロジェクトのルートディレクトリに設定して実行します。デフォルトの開始ディレクトリの変更の詳細については、「ターミナル設定」を参照してください。

  • 任意のファイル (たとえば、プロジェクトツールウィンドウまたは開いているエディタータブ) を右クリックし、ターミナルで開くを選択して、そのファイルのディレクトリにある新しいセッションでターミナルツールウィンドウを開きます。

新しいローカルセッションを開始する

  • 別のタブで新しいセッションを開始するには、ツールバーの the Add button をクリックするか、Ctrl+Shift+T を押します。

    New session in the terminal

タブ内で複数のセッションを実行するには、タブを右クリックして、コンテキストメニューで右に分割または下に分割を選択します。

Splitting the terminal (Split Down)

プロジェクトまたは WebStorm を閉じると、ターミナルはタブとセッションを保存します。タブ名、現在の作業ディレクトリ、さらにはシェルの履歴まで保存されます。

タブを閉じるには、ターミナルツールバーの the Close button をクリックするか、Ctrl+F4 を押します。

Alt+RightAlt+Left を押して、アクティブなタブを切り替えます。または、Alt+Down を押して、すべてのターミナルタブのリストを表示することもできます。

ターミナル画面をクリアするには、Ctrl+L を押します。

新しい SSH セッションを開始する

  1. ツールバーで、Start a new SSH session をクリックし、新規 SSH セッションを選択します。

    Starting a new SSH session from the Terminal
  2. 接続するホストのアドレスを入力し、認証データを提供します。

    Providing data in the SSH Session dialog

    または、SSH 構成を構成している場合は、リストからいずれかを選択できます。

Start an SSH session via an SSH configuration

接続を終了するには、ターミナルタブで Terminate session をクリックします。

ターミナルタブの名前を変更

  • タブを右クリックし、コンテキストメニューからセッション名の変更を選択します。

  • ターミナルセッションで特定の文字列を検索するには、Ctrl+F を押します。これにより、セッション内のすべてのテキスト(プロンプト、コマンド、出力)が検索されます。

    Searching in the Terminal

デフォルトでは、検索では大文字と小文字が区別されません。検索フィールドで the Match Case icon 大 / 小文字を区別するをクリックすると、大文字と小文字が区別されます。

ターミナルエミュレータを設定する

  • Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、ツール | ターミナルを選択します。

  • または、ターミナルツールバーの をクリックし、設定を選択します。

詳細は、ターミナル設定を参照してください。

ターミナルから IDE 機能を実行する

統合ターミナルで特定のコマンドを実行してコンソール出力を読み取る代わりに、この機能を実装するツールウィンドウやダイアログなどの関連する IDE 機能を使用できます。例: npm、yarn、gulp、grunt コマンドをターミナルツールウィンドウから起動し、その出力を実行またはデバッグツールウィンドウで表示できます。

ターミナルから WebStorm コマンドを実行できるようにする

  1. 設定ダイアログ(Ctrl+Alt+S)を開き、ツール | ターミナルに移動します。

  2. IDE を使用してコマンドを実行チェックボックスを選択します。

ターミナルから実行またはデバッグツールウィンドウでコマンドを実行する

  1. ターミナルにコマンド (npm run dev) を入力し、それがハイライトされることに注目してください。

    Smart command execution highlighting for npm run dev command in the Terminal
  2. ターミナルでコマンドを実行する Enter を押す代わりに、Ctrl+Enter を押して対応する GUI 要素を開きます。この例では、npm serve コマンドの出力を含む実行ツールウィンドウを開きます。

    Run tool window shows the output of the npm dev command

    デバッグツールウィンドウでコマンドを実行するには、Ctrl+Shift+Enter を押します。

なんでも実行ポップアップから WebStorm コマンドを実行する

実行またはデバッグツールウィンドウで、なんでも実行によって認識されるほとんどのコマンドを実行できます。

  1. Ctrl を 2 回押して、なんでも実行ポップアップを開きます。

  2. npm test などのコマンドの入力を開始します。

  3. リストからコマンドを選択し、Ctrl+Enter を押してその出力を実行ツールウィンドウに表示するか、Shift+Enter を押して出力をデバッグツールウィンドウに表示します。

Run an npm command in the Run or Debug tool window from the Run Anything popup

新しいターミナル

2024.1 リリースから、新しいターミナルのベータバージョンが WebStorm の新しい UI で利用可能になります。

新しい UI に合わせて外観と操作性が改善されたほか、その他の主な機能は次のとおりです。

  • コマンド出力を個別の視覚ブロックに分割します。出力領域に移動するには Ctrl+Up を押し、入力領域に切り替えるには Ctrl+Down を押します。出力領域ブロックを移動するには、Up および Down 矢印キーを使用します。

  • コマンド名、引数、フラグ、パスの補完を含むコマンド補完。提案された値ごとに、新しいターミナルに簡単なドキュメントが表示されます。

    New Terminal tool window

    コマンド名と引数は入力時に補完されますが、コマンド名の後に Ctrl+Space または Tab を押すと、可能な引数のリストが表示されます。

    以前入力したコマンドの履歴を表示するには、入力領域で Up を押します。

新しいターミナルの有効化

  1. ターミナルツールウィンドウを開きます: ツール | ツールウィンドウ | ターミナル

  2. ツールウィンドウのヘッダーで、Options をクリックし、新しいターミナルの有効化を選択します。

Enable New Terminal

または、IDE 設定 (Ctrl+Alt+S) を開いて、ツール | ターミナル | 新しいターミナルの有効化に移動します。

出力ブロック内を検索

フルテキストバッファは引き続き検索可能ですが、新しいターミナルでは特定の出力ブロック内での検索も可能になります。

  1. ターミナルツールウィンドウで、Ctrl+F を押します。

  2. 開いた検索ダイアログで、Search in blocks ( ブロック内で検索 ) をクリックし、検索するキーワードを入力します。

これにより、現在選択されている出力ブロックのみに検索が絞り込まれます。任意のブロックをクリックして選択するか、Up および Down 矢印キーを使用して移動することができます。

Search in New Terminal

関連ページ:

ターミナル設定

このページを使用して、組み込みターミナルエミュレータの設定をカスタマイズします。ターミナルプラグインを有効にするこの機能は、デフォルトで WebStorm にバンドルされて有効になっているターミナルプラグインに依存しています。関連する機能が利用できない場合は、プラグインを無効にしていないことを確認してください。を押して設定を開き、を選択します。インストール済みタブを開き、ターミナルプラグインを見つけて、プラグイン名の横にあるチェックボックスを選択します。新しいターミナル:2024.1 リリース...

新しい UI

新しいユーザーインターフェース (UI) は、WebStorm およびその他の JetBrains IDE の外観を再設計したものです。デザインを簡素化し、重要な機能にアクセスしやすくするために作成されました。その結果、よりクリーンでモダンなルックアンドフィールが得られます。この記事では、新しい UI の主な変更点と、それを使い始める方法について説明します。新しい UI はまだ開発中です。ご質問やご意見がございましたら、以下の説明に従って共有してください。新しい UI を有効にする方法: に移...

シェルスクリプト

シェルスクリプトプラグインを有効にするこの機能は、デフォルトで WebStorm にバンドルされて有効になっているシェルスクリプトプラグインに依存しています。関連する機能が利用できない場合は、プラグインを無効にしていないことを確認してください。を押して設定を開き、を選択します。インストール済みタブを開き、シェルスクリプトプラグインを見つけて、プラグイン名の横にあるチェックボックスを選択します。WebStorm は、シェルスクリプトファイルのコーディング支援を提供します: 補完(ローカルパスを含む)...