WebStorm 2019.2ヘルプ

一般

WindowsとLinux用のファイル | 設定 | エディター | 一般
macOS用 WebStorm | 環境設定 | エディター | 一般
Ctrl+Alt+S the Settings/Preferences icon


設定/環境設定ダイアログの一般ページを使用して、エディターの動作を設定し、その表示をカスタマイズします。

項目

説明

マウス動作の詳細

ダブルクリックで選択したときに「キャメルハンプ」の単語設定を尊重する

ダブルクリックして単語を選択したときに、WebStormがキャメルハンプの選択を呼び出すようにするには、このチェックボックスを選択します。

この機能は、'キャメルハンプ' 単語を使用するオプションが有効な場合にのみ機能します。

Ctrl / Command + Mouse Wheelでフォントサイズを変更する(Zoom)

このチェックボックスをオンにすると、Ctrl キーを押したままマウスホイールを回すと、特定のエディターのフォントサイズを変更できます。

このチェックボックスはクイックドキュメントルックアップのフォントサイズにも影響します。

チェックボックスがオフの場合は、Ctrl キーを押しながらマウスホイールを回すとエディターがスクロールします。

エディター内でドラッグ & ドロップを使用可能にする

このチェックボックスを選択すると、エディターでドラッグアンドドロップコードフラグメントを作成できます。

ソフトラップ

エディターでソフトラップを使用する

このチェックボックスが選択されていると、ソフトラップ (またはワードラップ )がエディターで使用されます。

このオプションが有効な場合、水平スクロールバーは通常表示されません。

ただし、場合によっては、行を「ソフトラップ」できない場合でも、水平スクロールバーが表示されます。(たとえば、行が可視領域よりも広い単一の文字列で構成されている場合などです。)

折り返された部分に元の行のインデントを使用する

エディターまたはコンソールのサイズを変更するときにソフトラップのカスタムインデントを使用するには、このチェックボックスを選択します。右側の追加シフトテキストフィールドにインデント値を指定します。

現在の行だけのソフトラップインジケーターを表示する

このチェックボックスが選択されていると、ソフトラップ文字 Wrap Wrap はアクティブな論理行にのみ表示されます。

それ以外の場合、ソフトラップ文字は各行の最後と次の各行の先頭に表示されます。

仮想スペース

行末以降へのキャレット移動を許可する

このチェックボックスをオフにすると、キャレットは行の最後のシンボルの後に決して置かれません。

タブ文字内へのキャレット移動を許可する

キャレットをタブ文字の内側に配置するには、このチェックボックスを選択します。その理由は、各タブ文字がエディター内で「仮想」スペース文字のセットとして表示されるためです。

ファイルの最後に仮想スペースを表示する

このチェックボックスを選択すると、現在編集されている行(最終行であっても)を画面の上部にスクロールできます。WebStormは必要な量の仮想線を追加します。

その他

保存時に行末のスペースを除去する

WebStormがファイル保存時に行末に末尾のスペースを処理するモードを選択します。
  • 変更行 : 変更された行の末尾のスペースのみを取り除きます。

  • すべて : すべての行の末尾のスペースを取り除きます。

  • なし : 末尾のスペースは削除されません。

キャレット行末尾の空白を保持する

このオプションを選択すると、保存操作時にキャレットが置かれている行(たとえば、別のウィンドウに切り替えたとき)で後続スペースが削除されません。

保存時にファイル末尾の改行を確保する

このチェックボックスを選択すると、保存処理中にWebStormがファイルの最後に空の行を自動的に追加します。

マウス移動でクイック・ドキュメントを表示する

このチェックボックスを選択すると、キャレットにあるシンボルの簡単な説明が表示されます。指定した時間が経過すると、クイックドキュメントポップアップが表示されます。

修正された行をガターに強調表示する

左側のエディターのガターにカラーストライプを追加または変更したい場合は、このチェックボックスを選択します。

空白のみの変更がある行は異なる色

このオプションは、修正された行をガターに強調表示するオプションが有効な場合にのみ使用可能になります。

空白のみが追加/削除された行が、より重要な変更が加えられた行とは異なる色で強調表示されるようにするには、このチェックボックスを選択します。

キャレット移動の強調表示

一致する波括弧を強調表示する

このチェックボックスを選択すると、開始前または終了直後のキャレットを配置したときにWebStorm 開閉括弧のペアを強調表示するが表示されます。HTMLタグとXMLタグにも機能します。

現在のスコープを強調表示する

WebStormに現在のキャレット位置に入力されたコードの有効範囲を強調表示させるには、このチェックボックスを選択します。

キャレット上の要素の使用箇所を強調表示する

このチェックボックスを選択すると、WebStormは現在キャレットが配置されている要素のすべての使用箇所を強調表示します。

フォーマット

コードを再フォーマットした後に通知を表示する

このチェックボックスを選択すると、コードを変更したときに通知が表示され、コードを再フォーマットしようとするたびにコードの再フォーマットダイアログのショートカットが表示されます。それ以外の場合、WebStormはサイレントモードでコードを再フォーマットします。

インポートを最適化した後に通知を表示する

このチェックボックスを選択すると、コードの変更を通知することができます。それ以外の場合、WebStormはインポートを自動的に最適化します。

スクロール

スクロールを滑らかにする

このオプションを有効にすると、ターゲット位置にジャンプするのではなく、要素に移動したときにページをスクロールします。

キャレット行を中央に維持するためのエディター・キャンバスをスクロールする

このオプションをクリックして、スクロールエディターのキャンバスを選択し、キャレットをそのままにします。

キャレットを元の位置に保ち、エディターキャンバスをスクロールすると、デバッグセッション中に役立ちます。コード行を進むにつれて、エディターキャンバスがスクロールしますが、キャレットの位置にある行は常に画面の中央にあります。

エディターのスクロールを最小限に抑えるためにキャレット行を移動する

キャレットの移動を選択するには、このオプションをクリックします。

デバッグセッション中にコード行を進むと、キャレットが下に移動し、キャレット行が画面の下部に達するまでエディターキャンバスがスクロールしません。

リファクタリング

インプレース・モードを使用可能にする

このチェックボックスを選択または選択解除して、JavaScriptのインプレースリファクタリングを有効または無効にします。

リファクタリングと関連しているin-placeは、エディターの手で入力することによってリファクタリングに必要な情報のすべてまたはほとんどを指定することを意味します。影響を受けるすべてのコードフラグメントが強調表示され、入力時に変更されます。必要に応じて、対応するオプションボックスで追加のリファクタリングオプションが選択されます。

インプレースリファクタリングモードは、以下のリファクタリングに対応しています。

このチェックボックスを選択しないと、すべてのリファクタリングのリファクタリング設定が対応するダイアログに指定されます。

古い名前を事前に選択する

このチェックボックスを選択すると、そのシンボルの名前変更が呼び出されると、シンボルの古い名前が選択されます。

Preselect

チェックボックスがオフの場合、名前を変更するシンボルは選択されていません。

ローカル変数のインライン・ダイアログを表示する

インラインローカル変数リファクタリングの確認ダイアログを表示する場合は、このチェックボックスをオンにします。

制限

クリップボードに保持するコンテンツの最大数

このフィールドには、クリップボードに保存できるコードブロックの数を指定します。

最近のファイルの制限

このフィールドでは、最近のファイルのリストに含めることができるファイル名の数を指定します。

リッチテキスト・コピー

デフォルトでリッチ・テキストとしてコピーする

このチェックボックスをオンにすると、リッチテキストがエディターからRTFを認識する他のエディターにコピーされます。
エディターのコンテキストメニューからプレーン・テキストとしてコピーを選択した場合はこのオプションを無効にできます。コンテキストメニューのリッチ・テキストとしてコピーオプションを使用すると、エディター設定の選択されていないチェックボックスが無効になります。

カラースキーム

このリストを使用して、テキストコピーの配色を選択します。以下のオプションから選択できます。
  • デフォルト
  • アクテイブ・スキーム
  • Darcula
エラーの強調表示

エラー表示マークの高さ (ピクセル)

このフィールドで、エラーと警告のストライプの最小サイズを指定します。

自動解析までの間隔 (ミリ秒)

このフィールドには、WebStormが入力テキストの再解析を開始するまでの期間を指定します。

'次のエラー' 選択時はエラー箇所にのみ移動する

ナビゲート | 次の/前の強調表示されたエラーコマンド F2 / Shift+F2を実行するときに、WebStormが最も優先度の高い問題(エラーなど)のみを通過させるには、このチェックボックスを選択します。

このチェックボックスをオフにすると、WebStormはすべての既存の問題(エラーや警告など)を順番に通過します。

最終更新日: 2019年9月12日

関連事項

プロシージャー:

関連ページ:

スマート・キー

このページを使用して、特定のスマートキーを有効または無効にし、自動的に呼び出すアクションを定義します。ホームこのチェックボックスをオンにすると、を押すと、キャレットは現在の行の最初の非空白文字に配置されます。続いて を押すと、スマートホームポジションから最初の列にキャレットが移動して戻されます。空...

エディターの基本

WebStormエディターは、コードの作成、読み取り、変更に使用するIDEの主要部分です。エディターは次の領域で構成されています。スクロールバーは現在のファイルのエラーと警告を表示します。パンくずリストは、現在のファイルのコード内を移動できます。左のガターは行番号と注釈を示しています。タブには、現在...

インライン文書の表示

プロジェクトシンボルまたはプロジェクト依存関係からのシンボルの場合、WebStormは対応するJSDocコメントから文書を生成します。コメントを作成するには、文書化するメソッド/関数またはフィールドの宣言の前にカーソルを置き、開始ブロックのコメントを入力して を押します。詳細はJSDocコメントの作...

ソースコードで作業する

コードを扱うとき、WebStormはあなたの作業がストレスフリーであることを保証します。コードの追加、選択、コピー、移動、編集、折りたたみ、保存に役立つさまざまなショートカットや機能があります。エディター内のナビゲーションについては、エディターの基本を参照してください。アクションの検索使用したいアク...

デバッグ

このセクションでは、さまざまな種類のアプリケーションに共通する手順について説明します。WebStormは、ソースコードをデバッグするためのあらゆる機能を提供します。HTMLとJavaScriptのブレークポイント。複数の同時デバッグセッション。カスタマイズ可能なブレークポイントプロパティー:条件、パ...

JavaScript のリファクタリング

リファクタリングは、アプリケーションの動作を変更せずにソースコードを更新することを意味します。リファクタリングはコードを堅牢にし、dryを維持しやすくします。シンボルの移動リファクタリング:ファイルやフォルダーを移動するだけでなく、WebStormではJavaScriptのトップレベルのシンボルを移...