WebStorm 2018.1 Help

WebStormの使い方

WebStormのヘルプへようこそ!

WebStormは、Node.jsを使用した複雑なクライアントサイド開発とサーバーサイド開発に完全に対応した最新のJavaScript開発用の強力なIDEです。

WebStormは、JavaScriptHTMLCSS、およびそれらの現代的な選択肢、ならびにAngularまたはReactなどのフレームワークの高度なサポートを備えています。 WebStormは、さまざまなWeb開発ツールやバージョン管理システムと統合されています。

  • JavaScript、Node.js、ECMAScript 6、TypeScript、CoffeeScript、Dart、HTML、CSS、Less、Sass、Stylusのコーディングアシスタンスを備えたインテリジェントエディタコーディング支援には、構文ハイライト、ドキュメントの参照、およびリファクタリングが含まれます。
  • オンザフライのコード解析、エラーの強調表示、および迅速な修正。
  • プロジェクト全体にわたる強力なナビゲーションと高度なリファクタリング
  • 現代のフレームワークのサポート:React、Angular、AngularJS、Vue.js、Expressなど
  • client-sideコードとNode.js用のビルトインデバッガ
  • ビルドツール(Grunt、Gulp)、コード品質ツール(JSHint、JSLint、ESLint、JSCS)、テストランナー(Karma、Mocha、Jest)およびVCS(Git、GitHub、Mercurial、SVN)との統合

初心者向け

  • WebStormを初めてお使いの方は、WebStorm入門をお読みください。このセクションのリンクは、より詳細な指示につながります。
  • WebStormを使い始める前に、WebStormのより生産的な使い方に役立つ基本を見てください。
  • WebStormのUIについて知りたい場合は、ガイド付きツアーをお試しください。 ツール・ウィンドウWebStorm エディターの部分は、これらのUI要素を把握するために知っておく必要があるすべての情報を示します。
  • ダイアログ上のヘルプボタンをクリックすると、各ダイアログのコントロールとフィールドの説明を示す参照ページが表示されます。
  • 最後に、ヘルプの利用パートは、ヘルプトピックの使用、サービスのサポート、問題の報告、フィードバックの共有について説明します。

上級ユーザー用

一般的なガイドラインの部分では、プロジェクトの作成、構造の設定、バージョンコントロールシステムの使用などについての情報を提供しています。アプリケーションのデプロイの部分では、リモートサーバー、Dockerイメージ、 WebStormからVagrantボックスを直接入手できます。

最終変更日: 2018年5月11日

関連事項