WebStorm 2017.3ヘルプ

WebStormの使い方

WebStormのヘルプへようこそ!

WebStormは軽量で強力な統合開発環境であり、複雑なクライアント側の開発とNode.jsによるサーバー側の開発に完全に対応しています。

WebStormは、JavaScriptHTMLCSS、およびそれらの現代後継、AngularJSReactなどのフレームワーク、デバッグ、VCSやさまざまなWeb開発ツールとの統合をサポートしています。

  • JavaScript、Node.js、ECMAScript 6、 TypeScript、CoffeeScript、 Dart 、HTML、CSS、 Less、 Sass 、 Stylusのコーディング支援機能を備えたインテリジェントエディタコーディング支援には、構文ハイライト、ドキュメントの参照、およびリファクタリングが含まれます。
  • オンザフライのコード解析、エラーの強調表示、および迅速な修正。
  • プロジェクト全体にわたる強力なナビゲーションと高度なリファクタリング
  • 現代のフレームワークのサポート: AngularJS、React、Meteor、Expressなどがあります。
  • client-sideコードとNode.js用のビルトインデバッガ
  • ビルドツール(Grunt、Gulp)、コード品質ツール(JSHint、JSLint、ESLint、JSCS)、テストランナー(Karma、Mocha)、VCS(Git、GitHub、Mercurial、SVN)との統合
  • VCSの統合: Subversion、Perforce、Git、およびCVSのチェンジリストとマージですぐに使用できます。

初心者向け

上級ユーザー用

一般的なガイドラインの部分では、プロジェクトの作成、構造の設定、バージョンコントロールシステムの使用などについての情報を提供しています。リモート環境の使用の部分では、リモートサーバー、Dockerイメージ、 WebStormからVagrantボックスを直接入手できます。

最終変更日:

関連事項