WebStorm 2020.1ヘルプ

WebStorm の使い方

WebStormヘルプへようこそ!

WebStormは、Node.jsを使用した複雑なクライアント側開発とサーバー側開発に完全に対応した最新のJavaScript開発用のスマートIDEです。

  • JavaScript、HTML、CSS、およびそれらの最新の代替機能、およびAngular、React、Vue.js、Express、Flowなどの幅広いテクノロジーに対する、すぐに使用可能なサポート。

  • コード補完、強力なナビゲーション、コードリファクタリング、およびオンザフライエラー検出を備えたテキストエディター。

  • クライアントサイドコードとNode.js用のビルトインデバッガ

  • WebStormでKarma、Jest、Mocha、Protractorを使用した単体テスト。

  • Git、GitHub、Subversion、Mercurialなどのバージョン管理システムとの統合。

  • 組み込みのHTTPサーバー、RESTクライアント、およびターミナルエミュレーター。

  • ビルドツールおよびnpm、webpack、Gulp、Gruntなどのタスクランナーとの統合。

最初のステップ

最終更新日: 2020年5月29日

関連ページ:

WebStormの使用開始

WebStormは最新のJavaScript開発用の強力なIDEです。WebStormは、JavaScript、TypeScript、HTML、CSS、およびReact、Angular、Vue.jsなどのフレームワークを完全にサポートしています。追加プラグインは必要ありません。WebStormは、ク...

ユーザーインターフェースの概要

WebStormでプロジェクトを開くと、デフォルトのユーザーインターフェースは次のようになります。プラグインのセットと構成設定によっては、IDEの外観と動作が異なる場合があります。エディター:フォーカス:エディターを使用して、ソースコードの読み取り、書き込み、探索を行います。アクションインジケーター...

ツール・ウィンドウ

ツール・ウィンドウは、プロジェクト構造の表示、アプリケーションの実行とデバッグ、バージョン管理システムやその他の外部ツールとの統合、コード分析、検索、ナビゲーションなどの便利な開発タスクへのアクセスを提供します。デフォルトでは、ツールウィンドウはメインウィンドウの下部と側面にアタッチされています。た...

エディターの基本

WebStormエディターは、コードの作成、読み取り、変更に使用するIDEの主要部分です。エディターは次の領域で構成されています。スクロールバーは現在のファイルのエラーと警告を表示します。パンくずリストは、現在のファイルのコード内を移動できます。ガターには、行番号と注釈が表示されます。タブには、現在...

言語とフレームワーク

WebStormは、JavaScript、TypeScript、および関連するフレームワークと技術をサポートします。人気のあるチュートリアル:Chromeでクライアント側のJavaScriptをデバッグする、Angularの使用開始およびAngularJS入門、Reactの使用開始、Vue.js入門...

npmおよびYarn

WebStormはnpm、Yarn、およびYarn 2と統合されているため、IDE内から再利用可能なコードのパッケージをインストール、検索、アップグレード、および削除できます。Node.jsとNPMページは、パッケージを管理するための専用UIを提供します。もちろん、組み込みのターミナルのコマンドライ...