WebStorm 2024.1 ヘルプ

プラグインのインストール

プラグインは WebStorm のコア機能を拡張します。例: プラグインをインストールして、次の機能を取得します。

  • バージョン管理システム、課題追跡システム、ビルド管理サーバー、その他のツールとの統合。

  • さまざまな言語とフレームワークのコーディング支援サポート。

  • ショートカットのヒント、ライブプレビュー、ファイルウォッチャーなど。

  • 新しいプログラミング言語を学ぶのに役立つコーディング演習。

デフォルトでは、WebStorm には多数のプラグインがバンドルされています。バンドルされたプラグインを無効にすることはできますが、削除することはできません。プラグインリポジトリまたはローカルアーカイブファイル(ZIP または JAR)から追加のプラグインをインストールできます。

プラグイン設定を開く

  • Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、プラグインを選択します。

The Plugins settings dialog

マーケットプレースタブを使用して、JetBrains マーケットプレイス(英語)またはカスタムプラグインリポジトリからプラグインを参照してインストールします。

インストール済みタブを使用して、バンドルおよびインストールされているプラグインを参照し、有効化、無効化、更新、削除します。不要なプラグインを無効にすると、パフォーマンスが向上する可能性があります。

プラグインが他のプラグインに依存している場合は、「追加情報」タブで依存関係のリストを見つけることができます。プロジェクトが特定のプラグインに依存している場合は、必要なプラグインのリストに追加します。

マーケットプレイスからプラグインをインストールする

  1. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、プラグインを選択します。

  2. マーケットプレースタブをクリックし、検索フィールドにプラグイン名を入力します。

  3. プラグインをインストールするには、インストールをクリックして、WebStorm を再起動します。

特定のバージョンをインストールするには、JetBrains マーケットプレイス(英語)のプラグインページに移動し、ディスクからプラグインをインストールの説明に従ってダウンロードしてインストールします。例: 最新バージョンのプラグインが壊れている場合でも実行できます。

ディスクからプラグインをインストール

  1. プラグインアーカイブ(ZIP または JAR)をダウンロードします。

  2. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、プラグインを選択します。

  3. プラグインページで The Settings button をクリックしてからディスクからプラグインをインストールをクリックします。

    Install Plugin from Disk
  4. プラグインアーカイブファイルを選択して OK をクリックします。

  5. プロンプトが表示されたら、OK をクリックして変更を適用し、IDE を再起動します。

コマンドラインからプラグインをインストール

  1. プラグインをインストールする IDE を終了します。

  2. JetBrains マーケットプレイス(英語)ページから必要なプラグインのページを見つけ、バージョンタブを選択し、任意のバージョンをクリックして pluginId をコピーします。

    Plugin ID

    pluginId は、インストールするプラグインの短い名前です。例: dev.blachut.svelte.lang

  3. プラグインのインストール:

    WebStorm インストールディレクトリの bin ディレクトリに移動し、次のコマンドを実行します。

    webstorm64.exe installPlugins <PluginID>

    例:

    webstorm64.exe installPlugins tanvd.grazi

    次のコマンドを実行します。

    open -na "WebStorm.app" --args installPlugins <PluginID>

    例:

    open -na "WebStorm.app" --args installPlugins tanvd.grazi

    WebStorm インストールディレクトリの bin ディレクトリに移動し、次のコマンドを実行します。

    webstorm.sh installPlugins <PluginID>

    例:

    webstorm.sh installPlugins tanvd.grazi

詳細は、コマンドラインからプラグインをインストールするを参照してください。

プラグインを削除

  1. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、プラグインを選択します。

  2. インストール済みタブを開き、削除するプラグインを見つけます。

  3. 「無効化」リストを展開し、「アンインストール」を選択します。

    Uninstall plugin

プラグインを使用不可にする

対応する機能が必要ない場合は、プラグインを削除せずに無効にすることができます。

  1. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、プラグインを選択します。

  2. インストール済みタブを開き、無効にするプラグインを見つけて選択します。

  3. プラグインの説明ペインで、「無効にする」をクリックします。

    Disabling an installed plugin

    または、プラグインのリストのチェックボックスまたはプラグインカテゴリのすべて無効化ボタンを使用できます。

The Settings button のメニューで、手動でインストールされたすべてのプラグインを一度に(バンドルされていない)無効または有効にすることができます。

Disable all downloaded plugins

必須プラグイン

プロジェクトには、特定のテクノロジーまたはフレームワークをサポートするプラグインが必要な場合があります。そのようなプラグインを現在のプロジェクトに必要なプラグインのリストに追加して、WebStorm がプラグインがインストールされて有効になっていることを確認できるようにすることができます。プラグインを忘れた場合、またはチームの誰かがプロジェクトで作業しているときに依存関係を認識していない場合に通知されます。

現在のプロジェクトに必要なプラグインを追加する

  1. 必要なプラグインがインストールされていることを確認してください。

  2. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、ビルド、実行、デプロイ | 必須プラグインを選択します。

  3. 必須プラグインページで、The Add icon をクリックしてプラグインを選択します。必要に応じて、プラグインの最小バージョンと最大バージョンを指定します。

    Add required plugin dialog

必要なプラグインのリストは、プロジェクトの .idea/externalDependencies.xml ファイルに保存されています。WebStorm でプロジェクトを開くと、必要なプラグインが無効になっているか、インストールされていないか、更新が必要かどうかが通知されます。

Required plugin is disabled

通知メッセージ内のリンクをクリックして、必要なプラグインを迅速に有効化、インストール、更新します。

推奨プラグイン

プロジェクトを開くと、WebStorm は、プロジェクトで使用されているライブラリに基づいてプラグインをインストールして有効にすることを提案できます。提案されたプラグインを、チームメートも使用できるようにプロジェクトに手動で追加できる必要なプラグインと混同しないでください。

特定のプラグインが必要ない場合は、WebStorm がプラグインを提案しないようにすることができます。通知設定を使用して、すべてのプラグイン候補とその表示方法の通知を無効または有効にすることもできます。

プラグインの提案を無効にする

  • 提案されたプラグインの通知が表示されたら、今後提案しないをクリックします。

次回プロジェクトを開いたときに、WebStorm はこのプラグインを提案しません。

プロジェクトで推奨されているプラグインを確認する

提案を無効にしたプラグインを除き、プロジェクトで提案されたプラグインを確認できます。

  1. Ctrl+Shift+A を押して、推奨プラグインの確認の入力を開始します。

  2. 推奨プラグインの確認アクションを選択します。

    Check suggested plugins
  3. WebStorm にプロジェクトに適用可能なプラグインがある場合は、通知メッセージが表示されます。通知メッセージのリンクをクリックして、提案されたプラグインをインストールまたは有効にします。

あるいは、IDE 設定 (Ctrl+Alt+S) を開いてプラグイン | マーケットプレースに移動することもできます。プロジェクトに提案されたプラグインがある場合、それらはプラグインリストの上部の推奨セクションに表示されます。

Suggested plugins

カスタムプラグインリポジトリ

デフォルトでは、WebStorm は JetBrains マーケットプレイス(英語)のプラグインを使用するように構成されています。これは、誰もがプラグインをホストできるパブリックリポジトリです。ただし、内部使用のみを目的としたプラグインを開発する場合は、そのプラグイン用にカスタムプラグインリポジトリをセットアップできます。

カスタムプラグインリポジトリの設定の詳細については、「IntelliJ プラットフォーム SDK ドキュメント(英語)」を参照してください。

プラグインリポジトリを設定したら、それを WebStorm に追加します。

カスタムリポジトリを追加する

  1. Ctrl+Alt+S を押して設定を開き、プラグインを選択します。

  2. プラグインページで、The Settings button をクリックし、プラグインリポジトリの管理を選択します。

    The Manage plugin repositories menu
  3. カスタムプラグインリポジトリダイアログで、The Add icon をクリックし、リポジトリ URL を指定します。プラグインを説明する XML ファイル(英語)の場所(たとえば、updatePlugins.xml)を指している必要があります。ファイルは、カスタムプラグインと同じサーバーに配置することも、専用のプラグインに配置することもできます。

    How to add a custom plugin repository
  4. カスタムプラグインリポジトリダイアログで OK をクリックしてプラグインリポジトリのリストを保存します。

  5. 設定ダイアログで OK をクリックして変更を適用します。

プラグインを検索すると、WebStorm はデフォルトの JetBrains マーケットプレイス(英語)と指定したカスタムリポジトリの両方からの結果を表示します。特定のカスタムプラグインリポジトリのみを参照するには、プラグインページのマーケットプレースタブの検索フィールドに「repository: 」と入力し、続いてリポジトリの URL を入力します。例:

repository:http://plugins.example.com:8080/updatePlugins.xml myPlugin

または、idea.plugin.hosts プロパティを使用してカスタムプラグインリポジトリを追加することもできます。

  1. ヘルプ | カスタムプロパティの編集に移動します。

  2. idea.plugin.hosts プロパティをプラットフォームプロパティファイルに追加し、プラグインを説明する XML ファイル(英語)の URL を指定します。例:

    idea.plugin.hosts="http://plugins.example.com:8080/updatePlugins.xml"
  3. WebStorm を再起動してください。

デフォルトの JetBrains マーケットプレイス(英語)をカスタムプラグインリポジトリに置き換えることができます。これは、カスタムリポジトリプラグインのみを WebStorm から利用できるようにしたい場合に役立ちます。

デフォルトのプラグインリポジトリを置き換える

  1. ヘルプ | カスタムプロパティの編集に移動します。

  2. idea.plugins.host プロパティをプラットフォームプロパティファイルに追加し、WebStorm からの要求を適切に処理できるアプリケーションの URL を指定します。つまり、JetBrains マーケットプレイス(英語)の代わりにデフォルトのプラグインリポジトリアプリケーションとして機能します。

    特に、次の要求を処理する必要があります。

  3. WebStorm を再起動してください。

デフォルトのプラグインリポジトリを置き換えると、プラグインダイアログのマーケットプレースタブの検索フィールドは、新しいデフォルトリポジトリ内のプラグインと追加したカスタムリポジトリのみを参照します。

生産性のヒント

検索結果のフィルタリングと並べ替え

  • 検索文字列にスラッシュ / を入力すると、検索結果のフィルタリングと並べ替えのオプションが表示されます。例: 次のオプションを検索文字列に追加して、言語関連のプラグインのみを一覧表示し、名前のアルファベット順に並べ替えます。

    /tag:Languages /sortBy:name

    または、次のように入力して、インストールされているプラグインの中から古いプラグインをすべて検索できます。

    /outdated

関連ページ:

WebStorm のライセンス購入と登録

WebStorm は最大 30 日間無料で評価できます。無料トライアルを始める WebStorm を起動すると表示されるライセンスダイアログで、無料 30 日間トライアルの開始ボタンをクリックします。JetBrains の Web サイトにリダイレクトされ、トライアルが開始されたことを確認するメッセージが表示されます。試用版の有効期限が切れたら、WebStorm を引き続き使用するには、ライセンスを購入して登録する必要があります。WebStorm の次のリリースバージョンでは、新しい試用期間が利用...

コマンドラインインターフェース

コマンドラインから WebStorm 機能を使用します: ファイルとプロジェクトを開き、差分を表示し、ファイルをマージし、コードスタイルを適用し、フォーマットし、ソースコードをインスペクションします。スタンドアロンインスタンスのランチャー:インストールディレクトリには、WebStorm を起動し、ソースコードをフォーマットし、インスペクションを実行するためのバッチスクリプトと実行可能ファイルが含まれています。コマンドプロンプト cmd.exe から使用するには、WebStormbin フォルダーの場...

コマンドラインからプラグインをインストールする

JetBrains マーケットプレイスまたはカスタムプラグインリポジトリからプラグイン ID を使用してプラグインをインストールします。WebStorm を実行するための実行可能ファイルは、bin のインストールディレクトリにあります。この実行可能ファイルをコマンドラインランチャーとして使用するには、コマンドラインインターフェースの説明に従って、システムに追加します。構文 webstorm64.exe installPlugins <plugin-id ...> [repository-...

通知

IDE に重要なイベントや提案があると、WebStorm の右下隅にポップアップする通知バルーンが表示されます。通知ツールウィンドウですべての通知とイベントにアクセスすることもできます。WebStorm では、イベントのすべてのグループの通知設定を個別に構成できます。例: すべての VCS 通知を無効にするか、サウンド通知を有効にして、アプリケーションがビルドされたことを知らせることができます。イベントグループごとに通知を構成するを押して IDE 設定を開き、を選択します。通知設定を構成するイベ...