WebStorm 2020.2ヘルプ

JavaScript linter

WebStorm integrates with ESLint(英語) and other most popular JavaScript code linters that detect problems in your code without executing it.

When installed and enabled, a linter activates automatically every time you open a JavaScript file, reports detected errors and warnings, and suggests quick-fixes where possible. Error descriptions nd quick-fixes are available from the editor and from the 問題 tool window.

コード・インスペクション問題の解決の詳細を参照してください。

エディターで問題を表示してクイックフィックスを適用する

  1. In the editor, hover the mouse pointer over the highlighted problem. WebStorm shows a tooltip with a description of the problem.

    JavaScript linters: errors and warnings are highlighted, the description of a problem is shown in a tooltip.

    To resolve the problem, click <Linter name>: 「<ルール名>」を修正 or press Alt+Shift+Enter .

  2. 現在のファイルで検出されたすべての問題を解決するには、その他のアクションAlt+Enter)をクリックして、リストから<Linter name>: 現在のファイルを修正を選択します。

    JavaScript linters: resolving problems

    Alternatively, press Alt+Enter and choose the relevant suggestion from the list.

問題ツールウィンドウ

To open the 問題 tool window, click the インスペクション widget in the upper-right corner of the editor:

Inspection widget

The 問題 tool window shows errors detected in the file opened in the active editor tab. For each error WebStorm shows a brief description and the number of the line where the error occurred.

From an error message, you can navigate to the code where the problem occurred, or apply a quick-fix, or fix the problem manually in the Editor Preview pane ( the Open Preview button ).

  • To open the 問題 tool window, click the インスペクション widget in the upper-right corner of the screen.

    Inspection widget
  • To fix a problem, select <Linter name>: Fix <rule name> from the context menu of the corresponding error message.

    Problems tool window: fix a problem

    Alternatively, click the Open Preview button to open the Editor Preview pane and fix the problem manually there, without leaving the tool window.

    Problems tool window: fix errors in the Editor Preview pane
  • To resolve the detected problems in the whole file, select <Linter name >: 現在のファイルを修正 . from the context menu.

  • To navigate to the place where an error occurred, double-click the corresponding error message, or select ソースに移動 from its context menu, or just press F4 .

  • You can also edit the linter's settings, suppress a rule in the statement where a problem occurred or in the whole file, as well as exclude the current file from analysis at all. See インスペクションを無効にして抑制 for details.

    Problems tool window: context menu
  • To filter out error messages by their severity and customize their sorting, click the View Options button and select or clear the relevant items in the list.

    View Options: configuring the appearance of the Problems tool window
最終更新日: 2020年7月09日

関連ページ:

コード・インスペクション

WebStormには、プロジェクト内の異常コードを検出して修正する一連のコードインスペクションがあります。IDEはさまざまな問題を見つけて強調表示し、デッドコードを見つけ、可能性のあるバグを見つけ、スペルの問題、コード構造全体を改善することができます。インスペクションは、すべてのプロジェクトファイル...

結果の取得と問題の解決

インスペクションがあなたのコードに問題を検出した場合、すぐにエディターで修正を適用することができます。強調表示されたコード部分にキャレットを置き、を押します。インスペクションを手動で起動した場合は、解析が終了した後に自動的に開くインスペクション結果ツールウィンドウで結果を調べることができます。検出さ...

インスペクションを無効にして抑制

いくつかのインスペクションは現在見たくない問題を報告するかもしれません。この場合、無効にしたり抑制したりできます。インスペクションを使用不可にすると、無効になります。これは、このインスペクションが検出するように設計されているという問題について、コード分析エンジンがプロジェクトファイルの検索を停止する...

JavaScript 後置テンプレート

後置コード補完lets you add template code around an expression you’ve just typed. A template expands when you type its abbreviation (postfix) after a do...

ESLint

WebStormはESLintと統合されており、プラグインでも拡張できるlintルールの幅が広がります。WebStormは、ESLintによって報告された警告とエラーを入力時にエディターに表示します。ESLintでは、JavaScript標準スタイルを使用することもできます。問題の説明を表示するには...