WebStorm 2019.1ヘルプ

JavaScript Linter

WebStormは、実行せずにコード内の問題を検出する最も一般的なJavaScriptコードlinterと統合します。インストールして有効にすると、JavaScriptファイルを開くたびにlinterが自動的にアクティブになり、検出されたエラーと警告をエディターに報告します。

問題の説明を表示するには

  • エディターで強調表示されている問題の上にマウスポインタを置きます。WebStormは、問題が報告された場所にツールチップを表示します。

クイックフィックスを適用するには

  • Alt+Enter を押して、リストから関連する提案を選択します。

最終更新日: 2019年3月25日

関連事項

言語とフレームワーク固有のガイドライン:

関連ページ:

コード・インスペクション

WebStormには、プロジェクト内の異常コードを検出して修正する一連のコードインスペクションがあります。IDEはさまざまな問題を見つけて強調表示し、デッドコードを見つけ、可能性のあるバグを見つけ、問題をつづり、コード構造全体を改善することができます。インスペクションは、すべてのプロジェクトファイル...

結果を入手して問題を解決する

インスペクションがあなたのコードに問題を検出した場合、すぐにエディターで修正を適用することができます。強調表示されたコード部分にキャレットを置き、Alt+Enterを押します。インスペクションを手動で起動した場合は、解析が終了した後に自動的に開くインスペクション結果ツールウィンドウで結果を調べること...

JavaScript 後置テンプレート

すべての後置テンプレートのデフォルトの拡張キーはTabです。別の方法を選択する方法については、デフォルトの拡張キーの変更を参照してください。後置コード補完では、入力したばかりの式の周囲にテンプレートコードを追加できます。ドットの後に省略形(後置)を入力して展開キーを押すか、またはコード補完ポップアッ...

ESLint

デフォルトでは、WebStormは、ESLint構成の重大度に基づいて検出された問題をマークします。これらの設定を無効にする方法については、ESLintハイライトの設定を参照してください。始める前に、コンピューターにNode.jsがあることを確認してください。WebStormはESLintと統合され...

JavaScript

WebStormを使用すると、JavaScriptおよびNode.jsを使用して最新のWeb、モバイル、およびデスクトップアプリケーションを開発できます。WebStormは、JavaScriptおよびTypeScriptプログラミング言語、ReactおよびAngularフレームワークをサポートし、W...