TeamCity 2020.2 ヘルプ

Visual Studio (sln)

このページには、Microsoft Visual Studio 2005-2017 をビルドする Visual Studio(sln)ビルドランナーのリファレンス情報が含まれています。TeamCity 2019.1 以降、Microsoft Visual Studio2019 ソリューションファイルも含まれています。Microsoft Visual Studio 2003 ソリューションファイルを作成するには、Visual Studio 2003 ランナーを使用します。

一般ビルドランナーオプション

オプション

説明

ソリューションファイルのパス

ビルドチェックアウトディレクトリを基準にして構築するソリューションへのパスを指定します。例:

vs-addin\addin\addin.sln

作業ディレクトリ

作業ディレクトリを構築するを指定します。(オプション)

Visual Studio

Visual Studio のバージョンを選択してください。

ターゲット

以前に選択した Visual Studio バージョンに固有の Microsoft Visual Studio ターゲットを指定してください。可能なオプションは、ビルド再ビルドクリーン公開、またはニーズに応じたこれらのターゲットの組み合わせです。複数のターゲットはスペース区切りです。

構成

構築する Microsoft Visual Studio ソリューション構成の名前を指定します(オプション)。

プラットフォーム

ソリューションのプラットフォームを指定してください。このフィールドを空白のままにすると、TeamCity はソリューション設定からこの情報を取得します(オプション)。

コマンドラインパラメーター

ビルドランナーに渡す追加のコマンドラインパラメーターを指定します。これらのパラメーターを明示的に指定する代わりに、ビルドパラメーターの設定ページで定義することが推奨されます。