TeamCity 2019.2ヘルプ

ビルド構成の詳細の表示

ビルド構成ホームページに構成の詳細が表示され、以下のことが可能になります。

ビルド構成の詳細は、依存関係TeamCityと他のツールとの統合など、サーバーまたはプロジェクトの構成によって番号が異なる可能性があるいくつかのタブに分割されています。

デフォルトでは、以下のタブが利用可能です。

概要

以下についての情報を提供します。

  • 保留中の変更は別のタブとしてもリストされています。下記の詳細を参照してください。

  • ビルド構成の現在の状態、および該当する場合:
  • ビルド履歴セクションには、現在のビルド構成のビルドが一覧表示されます。

ヒストリー

ビルド履歴を別のページに表示し、ビルドエージェントによるビルドのフィルタリング、ビルドのタグ付け、およびタグによるそれらのフィルタリング(可能な場合)を可能にします。

変更ログ

デフォルトでは、過去14のアクティブな日の間に終了したビルドからの変更をリストします。完全な変更ログを表示するには、すべて表示リンクを使用します。

このページには、現在のビルド構成で使用されているすべてのVCSリポジトリと、現在の構成の依存関係と依存構成で使用されているリポジトリの監視対象ブランチへのコミットのグラフとともに、変更ログが表示されます。

統計

収集した統計データをビジュアルチャートとして表示します。

互換性のあるエージェント

すべての許可エージェントをリストします。エージェント要件を満たすエージェントは互換性があるとリストされています。非互換エージェントごとに、その理由が示されています。
現在のプロジェクトに関連付けられているpool(s)に属するエージェントが最初にリストされています。

保留中の変更

次のビルドに含まれるのを待っている変更を別のページにリストします。

設定

現在のビルド構成設定を別のページに一覧表示します。


関連ページ:

カスタムビルドを開始する

通常、ビルド構成には、スケジュールされた時間やVCSの変更の検出など、条件が満たされるたびに新しいビルドを自動的に開始するように構成されたビルドトリガーがあります。TeamCityを使用すると、自動的にビルドを開始するだけでなく、必要に応じて手動でビルドを実行したり、プロパティを追加したり、特定の変...

ビルド障害の調査とミュート

何らかの問題やテストの失敗が原因でビルドが失敗した場合、TeamCityを使用すると、ビルドエラーの調査を特定のユーザーに割り当てたり、ビルドステータスに影響を与えないように失敗をミュートしたりできます。失敗したビルド構成全体の調査を割り当てるか、単一のビルドの問題と失敗したテストを調査/ミュートで...

ビルド構成の作成と編集

このページでは、TeamCity Web UIを使用したビルド構成の作成について詳しく説明しています。他のオプションには、REST APIおよびKotlin言語に基づくDSLでのTeamCityプロジェクト構成の使用が含まれます。このページで:手動で新しいビルド構成を作成する、URLから新しいビルド...

ビルドキュー

ビルドキューは、トリガーされて開始されるのを待っているビルドのリストです。エージェントがアイドル状態になるとすぐに、TeamCityはそれらを互換性のあるビルドエージェントに配布します。キュービルドは、エージェント上で開始された時点でエージェントに割り当てられます。ビルドがビルドキューで待機している...

機能ブランチを使用した作業

分散バージョン管理システム(DVCS)のフィーチャーブランチを使用すると、メインの開発とは独立してフィーチャーを操作し、フィーチャーのすべての変更をブランチにコミットして、フィーチャーが完了したときにメインブランチに変更をマージできます。このアプローチは、ソフトウェア開発チームに多くの利点をもたらし...

統計チャート

このページで:プロジェクト統計、構成統計の構築成功率、ビルド期間 (チェックアウト時間を除く)、キューで過ごした時間、テスト回数、アーティファクトサイズ、テストを修正する時間、コード・カバレッジ、コード重複、コード・インスペクション、統計のテスト、カスタムチャート、プロジェクトの状況や個々のビルド構...