TeamCity 2020.2 ヘルプ

アップグレード

TeamCity は、以前のバージョンからそれ以降のバージョンへのアップグレードをサポートしています。アップグレードノートに記載がない限り、すべての設定とデータは保持されます。

It is recommended to plan for regular upgrades to run the latest TeamCity version at least after several bugfix updates are released. This way, you run a fully supported version with the latest fixes and security patches.

アップグレードの前に

TeamCity をアップグレードする前に:

  1. メジャーアップグレードの場合は、変更点で何が得られるかを確認します(以前のメジャーリリースからアップグレードしない場合は、新機能の下部にあるリンクをたどります)。

  2. 同じメジャーな YYYY.N バージョンのバグ修正リリースの範囲内でアップグレードしていない限りライセンスキーを確認します

  3. ダウンロード新しい TeamCity バージョン(拡張ダウンロードオプションを)。

  4. アップグレードノートを注意深く見直してください。

  5. テストサーバーでアップグレードを調べることを検討してください

  6. バンドルされていないプラグインがインストールされている場合は、新しいバージョンとの互換性についてプラグインページを確認し、必要に応じてプラグインをアップグレードまたはアンインストールします。

サーバーをアップグレードするには

  1. 設定、データベース、補足データを含む現在の TeamCity データをバックアップします。アップグレードが失敗した場合に備えて、バックアップを以前のバージョンにロールバックする必要があります。

  2. アップグレード手順を実行する :

本稼動の TeamCity インストールをアップグレードする予定の場合は、メインサーバーをアップグレードする前にテストサーバーをインストールして環境内でその機能を確認することをお勧めします。

ライセンス

アップグレードする前に、ライセンスのメンテナンス期間がまだ経過していないことを確認してください(管理 | ライセンス Web UI ページを使用してライセンスキーを確認してください)。ライセンスは、メンテナンス期間内に有効なリリース日を持つ TeamCity のバージョンに対してのみ有効です。リリースリストで発効日を確認してください。
通常、すべてのマイナーアップデート( YYYY.N.M TeamCity バージョンの M 部分の変更によって示されます)は、同じ有効リリース日(メジャーリリースの日付)を使用します。
すべてのライセンスがターゲットバージョンのリリース日をカバーしていない場合は、アップグレード前にライセンスを更新することを検討してください(アップグレード前でも古いライセンスキーを更新されたものに置き換えることができます)。

新しいバージョンのみを評価する場合は、ダウンロードページで評価ライセンスを取得できます。各 TeamCity バージョンは 1 回しか評価できないことに注意してください。評価期間を延長するには、JetBrains セールス部門にお問い合わせください。

TeamCity 4.x 以前からアップグレードする場合、TeamCity バージョン 5.0 以降のライセンスポリシーは、以前の TeamCity バージョンのライセンスポリシーとは異なります。公式サイトのライセンスポリシーページとライセンスとアップグレードセクションを確認してください。

TeamCity サーバーをアップグレードする

TeamCity は、以前のバージョンから現在のバージョンへのアップグレードをサポートしています。
特に明記されていない限り、データを保持したままのダウングレードは、メジャーバージョンの変更では不可能であり、バグ修正リリース内で可能です。

一般的なポリシーでは、バグ修正の更新( YYYY.N.M TeamCity バージョンの M 部分の変更によって示される)はデータ形式を変更しないため、バグ修正バージョン内で自由にアップグレード / ダウングレードできます。ただし、次のメジャーバージョン( YYYY.N を変更)にアップグレードする場合、データ保存でダウングレードすることはできません。適切なバージョンのバックアップ復元する必要があります。リリース番号についてのさらに読み込む

アップグレード時には、アップグレードノートに記載がない限り、すべての TeamCity 構成設定およびその他のデータが保持されます。(Tomcat サーバー設定の変更のように)TeamCity のインストールをカスタマイズした場合は、アップグレード後にカスタマイズを繰り返す必要があります。

アップグレードの一般的な方法は、TeamCity サーバーホームにある以前のインストールのすべてのファイルを削除し、新しいファイルを同じ場所に配置することです。TeamCity データディレクトリとデータベースをそのまま保持し(事前にバックアップを作成し)、以前にカスタマイズした設定(たとえば、...\conf\server.xml...\conf\web.xml ファイル)をバックアップおよび復元することも必要です。ログディレクトリ(...\logs)は、古いインストールファイルのままにしておくことができます。

サーバーに接続されているエージェントは自動的にアップグレードされます。

誤って矛盾するアップグレードを実行した場合は、回復手順を確認してください

自動アップデート

自動的に更新できるようにするには、TeamCity サーバーが https://www.jetbrains.com サイトに接続できる必要があります。
TeamCity の新しいバージョンが検出されると、サーバーはシステム管理者に対応するヘルスアイテムを表示します。このアイテムは、サーバーの管理 | 更新ページを指しており、更新に使用できるすべてのバージョンが一覧表示されています。このページには、ライセンスの互換性、新しいバージョンの説明、および手動更新手順を実行する代わりに自動アップグレードを使用する場合に自動アップグレードを実行するためのコントロールに関するメモが含まれています。

自動更新手順は以下のとおりです。

  1. TeamCity サーバーが停止しています。

  2. 更新スクリプトが実行され、次のことが行われます。
    1. 現在のインストールのバックアップを <TeamCity ホームディレクトリ > /。old ディレクトリに作成します。

    2. 停止したサーバーを新しいバージョンに更新します。

  3. 次に、更新されたサーバーが起動します。
    更新の進行状況は、<TeamCity ホームディレクトリ >/logs/teamcity-update.log ファイルに記録されます。

現在の自動更新の制限事項

  • 一部のカスタマイズ、たとえばサーバーコンテキストの変更されたインストールは自動更新ではサポートされていません。

  • サーバーが Azure Resource Manager テンプレートで開始された公式 TeamCity Docker コンテナーで実行されている場合、手動アップグレードのみが可能です。

  • Windows のアンインストーラーはアップグレード中に更新されないため、何度か更新しても古い TeamCity バージョンは Windows リストに表示されます。アンインストール中に、すべての TeamCity インストールファイルが削除されるとは限りません。

  • バンドルされている Java は更新されません

  • マルチノード設定では、メインの TeamCity サーバーのみが自動更新でき、セカンダリノードは手動で更新する必要があります。

手動アップグレード

Windows インストーラを使用する

  1. バックアップを作成します。You can create a backup with the "basic" profile on the TeamCity メンテナンスモード page on the updated TeamCity start.

  2. TeamCity サーバーを実行するために使用されたユーザー名に注意してください。新しいバージョンのインストール中に必要になります。

  3. カスタマイズした Windows サービス設定がある場合は、保存して後でカスタマイズを繰り返します。

  4. Note if you are using 64-bit Java to run the service (for example, check for "64" in "Java VM info" on the server's Administration | Diagnostics or in a thread dump), consider backing up < TeamCity ホームディレクトリ >\jre directory.

  5. バンドルされている Tomcat サーバー(port、https プロトコルなど)、JRE などのカスタマイズがある場合は、バックアップして後でカスタマイズを繰り返します。

  6. ローカルエージェントをインストールしている場合は注意してください(ただし、ローカルエージェントをインストールすることはお勧めできません)。インストーラで同じオプションを選択できます。

  7. 新しいインストーラを実行して、TeamCity がインストールされている場所と同じ場所を指定します(インストールに使用された場所は自動的に記憶されます)。前のインストールのアンインストールを確認してください。TeamCity アンインストーラーは適切なアンインストールを保証しますが、アンインストールが完了した後に TeamCity サーバーのインストールディレクトリにカスタマイズされていないファイルが含まれていないことを確認したいかもしれません。ある場合は、インストールを続行する前にバックアップ / 削除してください。

  8. プロンプトが表示されたら、前のインストールで使用された <TeamCity データディレクトリ > / を指定します。

  9. (これらはアップグレードによって上書きされないためオプションです)外部データベースドライバがインストールされていることを確認してください(これは外部データベースを使用する場合にのみ適用されます)。

  10. 必要な Windows サービスと Tomcat 構成のカスタマイズを確認して復元します。バージョン 7.1 以前からアップグレードする場合は、必ずサーバーのメモリ設定環境変数に転送してください。

  11. サーバーの実行に 64 ビット Java を使用していた場合は、以前にバックアップした <TeamCity ホームディレクトリ > / \ jre ディレクトリを復元するか、64 ビット Java のインストール手順を繰り返します。

  12. conf\teamcity-server-log4j.xml ファイルでカスタマイズ Log4j の構成を使用し、それを保存する場合(ただし、ファイルをカスタマイズすることは実際には推奨されないことを、使用ログのプリセットの代わりに)を比較し、との既存のコピーからインストーラによって作成された conf\teamcity-server-log4j.xml.backup をマージし、デフォルトファイルはデフォルト名で保存されます。 conf\teamcity-*-log4j.xml.dist ファイルを対応する conf\teamcity-*-log4j.xml ファイルと比較し、.xml ファイルにすべての .dist ファイルのデフォルトが含まれていることを確認します。ロギング設定の変更が本当に必要になるまで、.dist ファイルを対応する .xml ファイルにコピーすることをお勧めします。

  13. TeamCity サーバー(およびインストーラと一緒にインストールされている場合はエージェント)を起動します。

  14. TeamCity メンテナンスモードページを確認して問題が発生していないことを確認し、対応するボタンをクリックしてアップグレードを確認します。それ以降、すべてのデータが新しい形式に変換されます。

解決できないエラーが発生した場合は、古い TeamCity が動作していないこと、または起動時に起動しないことを確認し、マシンを再起動して、インストール手順を繰り返します。

.tar.gz ディストリビューションを使用した手動アップグレード

  1. バックアップを作成します

  2. 前回のインストール以降にカスタマイズされたバックアップファイル (おそらく [TOMCAT_HOME]/conf/server.xml )

  3. Remove old installation files (the entire <TeamCity Home Directory> ). It's advised to back up the directory beforehand.

  4. TeamCity が以前にインストールされていた場所に新しいアーカイブを解凍します。

  5. Tomcat サーバー(独自のものか、または .tar.gz TeamCity ディストリビューションにバンドルされているもの)を使用する場合は、work ディレクトリの内容を削除することをお勧めします。これは、同じ Web サーバーにデプロイされている他の Web アプリケーションに影響を与える可能性があることに注意してください。

  6. 上記の手順 2 でバックアップしたカスタマイズ設定を復元します。カスタマイズした [TOMCAT_HOME]/conf/server.xml ファイルがある場合は、デフォルトファイルの適切なセクションに変更内容を適用します。

  7. 以前に構成された TeamCity サーバー始動プロパティ(存在する場合)がまだ実際のものであることを確認してください。

  8. TeamCity サーバーを起動します。

  9. TeamCity メンテナンスモードページを確認して問題が発生していないことを確認し、対応するボタンをクリックしてアップグレードを確認します。その後初めて、すべての設定データとデータベーススキーマは TeamCity コンバーターによって更新されます。

Docker イメージから TeamCity のアップグレードを開始

コンテナーに変更を加えなかった場合は、実行中のコンテナーを停止し、通常のコマンドを使用して、公式 TeamCity イメージ(英語)の新しいバージョンとその中のサーバーをプルするだけです。イメージを変更した場合は、変更を新しい TeamCity サーバーイメージに複製する必要があります。

IDE プラグイン

It is recommended for all users to regularly update their IDE plugins to the latest version compatible with the TeamCity server version in use. At least to the version available from the TeamCity server's Tools section on user profile.
Generally, versions of the IntelliJ IDEA TeamCity plugin, Eclipse TeamCity plugin, and Visual Studio TeamCity add-in have to be the same as the TeamCity server version. Users with non-matching plugin versions get a message on an attempt to log in to the TeamCity server with a non-matching version.

ビルドエージェントのアップグレード

自動ビルドエージェントのアップグレード

TeamCity サーバーの起動時(およびサーバー上のエージェントディストリビューションまたはプラグインの更新時)に、サーバーに接続されて正しくインストールされた TeamCity エージェントは、サーバーに対応するバージョンに自動的に更新されます。これは、サーバーのアップグレードとダウングレードの両方で発生します。エージェントに実行中のビルドがある場合、ビルドは終了します。エージェントがサーバーに対して最新の状態になっていない限り、エージェント上で新しいビルドは開始されません。

TeamCity 2018.2 以降、エージェントのアップグレードを開始する前に、エージェントの空きディスク容量(デフォルトでは 3 GB)が確認されます。アップグレードに必要な値を変更するには、teamcity.agent.upgrade.ensure.free.space エージェントプロパティを設定します。

エージェントの更新手順は次のとおりです。エージェント(agent.batagent.sh、またはエージェントサービス)は、現在のエージェントパッケージを TeamCity サーバーからダウンロードします。ダウンロードが完了し、エージェントがアイドル状態になると、アップグレードプロセスが開始されます(エージェントが停止され、エージェントファイルが更新され、エージェントが再起動されます)。このプロセスは、エージェントのハードウェアとネットワーク帯域幅によっては数分かかる場合があります。アップグレードプロセスを中断しないでくださいを実行すると、アップグレードが失敗する可能性があり、エージェントを手動で再インストールする必要があります。

TeamCity Web UI でエージェントが「エージェントが切断されます(アップグレードされます)」と表示されている場合は、エージェントコンソールを閉じたりエージェントプロセスを再起動したりしないでください。数分待ってください。

エージェントのアップグレード中は、さまざまなコンソールウィンドウを開閉できます。エージェントのアップグレードが完了するまで、しばらくお待ちください。プロセスを中断しないでください。

ビルドエージェントを手動でアップグレードする

接続されているすべてのエージェントは、正しくインストールされていれば自動的にアップグレードされるため、手動でアップグレードする必要はありません。

手動でエージェントをアップグレードする必要がある場合は、以下の手順に従ってください。

TeamCity エージェントは固有の情報を保持していないため、次の場合はエージェントをアップグレードする最も簡単な方法です。

  • <Agent Home>/conf/buildAgent.properties ファイルをバックアップします。

  • 既存のエージェントをアンインストール / 削除します。

  • 新しいエージェントバージョンをインストールします。

  • 以前に保存した buildAgent.properties ファイルを同じ場所に復元します。

  • エージェントを起動します。

アップグレード後の清潔なチェックアウトを排除するためなど、すべてのエージェントデータを保持する必要がある場合は、次のことができます。

  • エージェントを停止します。

  • conf を除く、エージェント .zip ディストリビューションに存在するエージェントインストール内のすべてのディレクトリを削除します。

  • "conf" ディレクトリをスキップして、.zip ディストリビューションをエージェントのインストールディレクトリに解凍します。

  • エージェントを起動します。

後者の場合、サービスを使用して Windows でエージェントを実行すると、以下に説明されているように Windows サービスをアップグレードする必要もあるかもしれません。

ビルドエージェント Windows サービスラッパーのアップグレード

TeamCity バージョン 1.x からのアップグレード

TeamCity のバージョン 2.0 は、ビルドエージェント用の新しい Windows サービス管理方法(サービスラッパー)、つまり Java Service Wrapper library に移行しました。

新しいサービスラッパーを使用する利点の 1 つは、ビルドエージェントプロセスの JVM パラメーターを変更できることです。

1.x バージョンは agentd という名前で Windows サービスをインストールしましたが、2.x バージョンは TeamCity ビルドエージェントサービス <ビルド番号> 名を使用します。

サービスラッパーは自動的に新しいバージョンに移行されません。機能を必要としない限り(エージェントの JVM パラメーターの変更など)、新しいサービスラッパーを使用する必要はありません。

新しいサービスラッパーを使用するには、(コントロールパネル | プログラムの追加と削除を使用して)古いバージョンのエージェントをアンインストールしてから、新しいエージェントをインストールします。

サービスを開始するユーザーをカスタマイズした場合は、新しくインストールしたサービスでそれをカスタマイズすることを忘れないでください。

TeamCity バージョン 2.x からのアップグレード

サービスラッパーにアップデートが必要な場合は、新しいバージョンが <agent>/launcher.latest フォルダーにダウンロードされますが、変更は自動的には適用されません。

サービスラッパーを手動でアップグレードするには、次の手順に従います。

  1. <agent>/launcher.latest フォルダーが存在することを確認してください。

  2. <agent>\bin\service.stop.bat を使ってサービスを停止します。

  3. service.uninstall.bat を使ってサービスをアンインストールします。

  4. <agent>/launcher/conf/wrapper.conf ファイルをバックアップします。

  5. <agent>/launcher を削除します。

  6. <agent>/launcher.latest<agent>/launcher に名前変更します。

  7. <agent>/launcher/conf/wrapper.conf ファイルを編集します。 wrapper.java.command プロパティが java.exe ファイルを指していることを確認します。レジストリを使用して java を検索するには、空白のままにします。「java.exe」のままにして、PATHjava.exe を検索します。スタンドアロンエージェントの場合、サービス値は ../jre/bin/java である必要があります。サーバーにエージェントをインストールする場合、値は ../../jre/bin/java である必要があります。 wrapper.conf ファイルのバックアップバージョンを使用できます。

  8. <agent>\bin\service.install.bat を使用してサービスをインストールしてください。

  9. サービスが適切なユーザーアカウントで実行されていることを確認してください。SYSTEM を使用すると、MSBuild/ Sln2005 構成を使用するビルドが失敗する可能性があることに注意してください。

  10. <agent>\bin\service.start.bat を使ってサービスを開始します。

関連ページ:

TeamCity データのバックアップ

TeamCity でのデータバックアップについて:TeamCity は、そのデータをバックアップするいくつかの方法を提供します。Web UI からのバックアップ: サーバーの実行中にバックアップを作成する Web UI のアクション(REST API を介してトリガーすることもできます)。定期的なメンテナンスバックアップに推奨されます。バックアップされたデータにはいくつかの制限が適用されます(以下の関連セクションを参照)。このオプションは、アップグレード時にメンテナンス画面で使用できます: Te...

TeamCity 2020.2 の新機能

新しいヘッダー:TeamCity 2020.2 には、クラシック UI とエクスペリメンタル UI の両方に最新のヘッダーが付属しています。Python サポートはすぐに使用できます:TeamCity 2020.2 には、新しい Python ランナーがバンドルされています。ビルドエージェントで Python を自動的に検出し、サポートされているすべてのプラットフォームで Python スクリプトを実行できるようにします。現在廃止されている Python ランナープラグインと比較すると、新しいラン...

マルチノード設定

TeamCity では、メインインスタンスに加えて、1 つ以上のセカンダリサーバーインスタンス(ノード)を構成および起動できます。メインノードとセカンダリノードは同じライセンスで動作し、TeamCity データディレクトリとデータベースを共有します。マルチノードセットアップを使用すると、次のことができます。ほとんどの操作でダウンタイムがゼロになる高可用性 TeamCity インストールをセットアップします。セカンダリノードは、メインサーバーのダウンタイム中(たとえば、マイナーアップグレード中)は...