TeamCity 2020.2 ヘルプ

カスタムビルドを開始する

通常、ビルド構成には、スケジュールされた時間や VCS の変更の検出など、条件が満たされるたびに新しいビルドを自動的に開始するように構成されたビルドトリガーがあります。

TeamCity を使用すると、自動的にビルドを開始するだけでなく、必要に応じて手動でビルドを実行したり、プロパティを追加したり、特定の変更を使用したり、特定のエージェントでビルドを実行したりできます。

TeamCity でカスタムビルドを起動する方法はいくつかあります。

  • 実行ボタンの省略記号をクリックして、次に説明するカスタムビルドを実行するダイアログでオプションを指定します。

  • 特定の変更を加えたカスタムビルドを実行するには、ビルド結果ページを開き、変更タブに移動して必要な変更を展開し、この変更でビルドを実行するをクリックして、カスタムビルドを実行するダイアログのオプションに進みます。

  • TeamCity に HTTP リクエストまたは REST API リクエストを使用してビルドをトリガーします。

  • ビルドを促進する - 以下のセクションを参照してください。

カスタムビルドを実行するダイアログ

一般オプション

ドロップダウンリストからビルドを実行したいエージェントを選択します。リスト内の各エージェントについて、TeamCity は現在の状態を表示し、その時点でビルドを実行している場合にエージェントがアイドルになる時期を引用ます。リストから特定のエージェントでビルドを実行する可能性に加えて、以下のいずれかのオプションを使用することもできます。

  • 最速のアイドルエージェントデフォルトオプション ; 選択した場合、TeamCity は、計算された引用に基づいてビルドを実行するエージェントを自動的に選択します。

  • <a certain> プール </a> 内で最速のエージェント : 選択した場合、TeamCity は指定されたプールからエージェント上でビルドを実行します

  • クラウド統合が構成されている場合は、特定のクラウドイメージからエージェントでビルドを実行するように選択できます。このタイプの使用可能なクラウドエージェントが存在しない場合、TeamCity は新しいものを開始しようとします。

  • <a specified> エージェントで </a> ビルドを実行する
  • すべての有効な互換エージェント : このオプションを使用して、有効になっていてビルド構成と互換性があるすべてのエージェントで同時にビルドを実行します。このオプションは、次のような場合に便利です。
    • エージェントのメンテナンス目的でビルドを実行します(たとえば、環境のアップグレードまたは更新後にエージェントが正しく機能するかどうかを確認するための設定を作成できます)。

    • 異なるプラットフォームでビルドを実行します(たとえば、構成をセットアップし、それに、異なる環境がインストールされている互換性のあるビルドエージェントをいくつか指定できます)。

一般オプションでは、次のいずれかを指定することもできます。

  • この特定のビルドは個人的なものとして実行されます

  • この特定のビルドはビルドキューの先頭に置かれます

  • ビルドチェックアウトディレクトリ内のすべてのファイルは、このビルドの前に消去されます。
    • TeamCity 2017.1 以降、スナップショット依存関係が構成されている場合、このオプションはスナップショット依存関係に適用できます。この場合、ビルドチェーンのすべてのビルドは、クリーンチェックアウトを使用するように強制されます。

依存関係

このタブは、他のビルドに依存しているビルドでのみ使用できます
すべての依存関係の再構築を強制し、アーティファクトが取得される特定のビルドを選択できます。デフォルトでは、最後の 20 ビルドが表示されます。ドロップダウンメニューに表示されるビルドの数を 50 に増やすには、teamcity.runCustomBuild.buildsLimit=50 内部プロパティを使用します。

依存ビルドを再実行すると、TeamCity はデフォルトで、失敗したビルドを含むすべての依存ビルドを再ビルドしようとすることに注意してください。

変更

このタブは、ビルド構成の VCS ルートにアクセスする権限がある場合にのみ使用できます
このタブでは、ビルドに含める特定の変更を指定できます。

ビルドは変更のリビジョンを使用してソースをチェックアウトします。つまり、選択したものまでのすべての変更がビルドに含まれます。
TeamCity は、現在のビルド構成の VCS ルートに対して以前に検出された変更のみを表示することに注意してください。変更後に VCS ルートがビルド構成から切り離された場合、そのような変更でビルドを実行することはできません。限られた数の変更が表示されます。ビルドを実行する必要がある TeamCity の以前の変更がある場合は、変更ログで変更を見つけて、この変更でビルドを実行するアクションを使用できます。

含める変更

含める変更ドロップダウンでは、ビルドを実行するために設定にアタッチされている VCS ルートの変更を選択できます。

  • ビルド開始時の最新の変更 : TeamCity は現在利用可能なすべての変更を自動的に含みます。

  • <含める最後の変更>:ドロップダウンリストで変更を選択すると、TeamCity は選択した変更とそれ以前に行われたすべての変更を使用してビルドを実行します。利用可能な最新のものより前の変更で実行されたビルドは履歴ビルドとしてマークされます。

ブランチをビルドする

ブランチがビルド構成(またはこのビルド構成のスナップショット依存関係)にある場合に使用可能なブランチをビルドするドロップダウンでは、カスタムビルドに使用するブランチを選択できます。

設定を使用

プロジェクトでバージョン管理設定が有効になっている場合は、TeamCity にビルドを実行するように指示できます。

  • プロジェクトに定義された設定(サーバー上の現在の設定または VCS からの設定)

  • 現在サーバー上で定義されているプロジェクト設定を使用

  • ビルドに対して計算された VCS リビジョンからロードされた設定を使用します。

上記の手順で変更を選択した場合は、選択した変更に対応するプロジェクト設定のリビジョンが読み込まれます。

使用する設定を定義するには、設定使用ドロップダウンメニューから対応するオプションの 1 つを使用します(ここでのオプションはプロジェクトレベル設定をオーバーライドします)。

パラメーター

このタブでは、新しいパラメーター / プロパティ / 変数を追加、編集、削除したり、事前定義された値を再定義したりできます。
プロパティと変数を追加 / 編集 / 削除するときは、次の点に注意してください。

  • 定義済みのプロパティ / 変数の場合は、値だけが編集可能です。

  • 新しく追加されたプロパティ / 変数のみを削除できます。定義済みのプロパティは削除できません。

  • 各パラメーター値は 16,000 文字以下でなければなりません。

コメントとタグ

オプションのコメントと 1 つ以上のタグをビルドに追加します。このセクションの対応するボックスをチェックして、カスタムビルドをお気に入りに追加することもできます。

造りを促進する

ビルドプロモーションとは、オーバーライドされたアーティファクトまたはスナップショットの依存関係でカスタムビルドを起動すること、つまり、依存関係が構成されているが依存関係で指定されたビルドとは異なるビルドを使用してビルドを手動で起動することです。

ビルドを促進するには、依存関係ビルドのビルド結果ページを開き、アクション | プロモートをクリックします。

例:ビルド構成 A は、構成 B の最後に成功したビルドからアーティファクトを取得するように構成されていますが、構成 B の異なるビルド(最後に成功したビルドではない)のアーティファクトを使用して構成 A のビルドを実行したいため、プロモートします。B の初期のビルド
ビルドプロモーションは、依存ビルドの 1 回の実行にのみ影響します。プロモートをクリックすると、指定されたビルドのアーティファクトを使用する依存ビルド構成のビルドがキューに入れられます。別のプロモーションを使用しない限り、依存ビルド構成の以降の実行では、構成されたアーティファクト(最後に成功した、最後に固定されたなど)が使用されます。

詳細は関連ブログ記事(英語)にあります。