TeamCity 2020.2 ヘルプ

TeamCity Tweak

This page lists some of the TeamCity サーバー起動プロパティの設定 which can be used to tweak certain aspects of TeamCity behavior. It is not recommended to use any of these unless you face an issue which you expect to address by using the properties. Please note that the support for any of these properties can be abandoned in the future versions of TeamCity without any notice. Thus, if you find a property useful in your environment please let us know about that: detail your case and the properties/values used in an email sent to our support email address(英語).

Web ページのリフレッシュ間隔

TeamCity Web UI の異なるページに異なるポーリング間隔(秒単位)を構成できます。

プロパティ

デフォルト

説明

teamcity.ui.pollInterval

6

サーバーが一般的なイベント(ビルドステータス、エージェントカウンターなど)について照会される頻度。
TeamCity 9.0 以降このプロパティは、WebSocket 接続が利用できず、代わりにポーリングが使用されている場合にのみ機能します。

teamcity.ui.events.pollInterval

6

イベント(ポーリングまたは WebSocket 経由で受信)と UI を更新する ajax リクエスト間の遅延。

  • WebSocket を使用すると、クライアントはすぐにイベントを受信しますが、指定された間隔後にイベントに反応します。その結果、たとえば、開始されたビルドが概要ページに遅れて表示されます。

  • ポーリングを使用すると、クライアントは teamcity.ui.events.pollInterval によって決定されたポーリング要求中にイベントを受信し、teamcity.ui.events.pollInterval によって定義された遅延後にイベントに反応します: for example, a started build appears on the Overview page after teamcity.ui.events.pollInterval + teamcity.ui.events.pollInterval seconds

teamcity.ui.systemProblems.pollInterval

20

teamcity.ui.problemsSummary.pollInterval

8

teamcity.ui.buildQueueEstimates.pollInterval

10