TeamCity 2020.2 ヘルプ

TeamCity データのバックアップ

TeamCity は、そのデータをバックアップするいくつかの方法を提供します。

バックアップからのデータの復元は、maintainDB ツールを使用して実行されます。

データのバックアップ

TeamCity で は、次のデータをバックアップできます。

バックアップするデータは、TeamCity Web UI を使用する場合、または MaintainDB コマンドラインツールの追加パラメーターを介してバックアップスコープオプションを使用して構成できます。

次のデータはバックアップに含まれません。

  • ビルドアーティファクト(サイズのため)。これには、カバレッジレポートを保存する明示的なビルドアーティファクトと内部アーティファクト、仕上げビルドパラメーター、設定ダイジェストなどが含まれます。ビルドアーティファクトが必要な場合は、アーティファクトディレクトリの内容も手動でバックアップしてください。

  • UI から取得したバックアップの場合:実行中のビルドとビルドキューの状態。これらをバックアップする場合は、TeamCity サーバーが実行されていないときにコマンドラインの maintainDB ツール使用してください。

  • <TeamCity Home> での TeamCity アプリケーションの手動カスタマイズ。<TeamCity Home>/conf/server.xml ファイルに格納されている使用済みサーバーのポート番号を含みます。

  • TeamCity アプリケーションログ ( <TeamCity Home>/logs にも存在します)

  • 前述の項目に該当しない、<TeamCity Data Directory> で手動で作成されたファイル。

推奨されるアプローチは、手動バックアップと復元で説明されているバックアッププロセスを実行するか、「基本」レベルで定期的に(たとえば REST API で自動化された) Web UI からバックアップを実行します。

Build artifacts and logs (if necessary) can be backed up manually by copying files under <TeamCity Data Directory>/system/artifacts (prior to TeamCity 9.0 in <TeamCity Data Directory>/system/messages ).
If logs are selected for backup, TeamCity will search for them in all artifact directories currently specified on the server.

大規模な実稼働 TeamCity インストールの場合、データベースとの間でデータをエクスポートおよびインポートすることは最適なソリューションではない可能性があり、レプリケーションを介してデータベースのバックアップを維持することはより良いオプションである可能性があることに注意してください。たとえば、MySQL データベースの対応するドキュメント(英語)を参照してください。