TeamCity 2020.1ヘルプ

TeamCityの設定とメンテナンス

サーバー構成を変更するには、管理 | グローバル設定に移動します。次の設定ブロックを使用できます。

TeamCityの設定

設定

説明

データベース

実行中のTeamCityサーバーによって使用されるデータベース

データ・ディレクトリ

ディレクトリを参照する機能を持つ<TeamCityデータディレクトリ>パス。

アーティファクトディレクトリ

ビルド成果物、ビルドログ、その他のビルドデータを保存するためにTeamCityサーバーが使用するルートディレクトリのリスト。デフォルトの場所は /system/artifactsです。成果物は外部ストレージにも保管できることに注意してください。

リストは、改行で区切られたパスのリストを指定することによって変更できます。絶対パスと相対パス(TeamCityデータディレクトリに対する)がサポートされています。指定されたすべてのディレクトリは同じ構造を使用します。

ビルド成果物を探すときは、指定された場所でビルドに対応するディレクトリを検索します。検索はルートディレクトリが指定された順に行われます。最初に見つかったビルド成果物ディレクトリは、このビルドの成果物のソースとして使用されます。

新しく開始したビルドの成果物は、リストの最初のディレクトリに置かれます。

キャッシュディレクトリ

TeamCity内部キャッシュ(VCSリポジトリの内容、検索インデックスなど)を含むディレクトリ。キャッシュを消去するには手動で削除します。

サーバー URL

実行中のTeamCityサーバーの構成可能な URL。

ビルド設定

設定

説明

ビルドアーティファクトファイルの最大サイズ

バイト単位の最大サイズ。KB、MB、GB、またはTBのサフィックスが許可されます。-1は制限なしを示します

デフォルトのビルド実行タイムアウト

ビルドの最大時間ビルド失敗条件を定義するときにオーバーライドすることができます。

バージョン管理設定

設定

説明

デフォルトのVCS変更チェック間隔

デフォルトでは60秒に設定されています。TeamCityがVCSの変更についてVCSリポジトリをポーリングする頻度を指定します。VCSルートを設定するときに上書きできます。

さらに、サーバー上のすべてのVCSルートの最小ポーリング間隔として、VCS変更チェックの間隔を強制できます。これにより、プロジェクト管理者はデフォルトよりも大きい間隔のみを設定できます。これにより、ポーリング要求の頻度が制限され、サーバーの負荷が軽減されます。

デフォルトのVCSトリガーの待機期間

デフォルトでは60秒に設定されています。最後のVCS変更が検出されてからビルドがキューに追加されるまでの間にTeamCityが維持する期間(秒単位)を指定します。VCSトリガーを設定するときに上書きすることができます。

暗号化設定

このブロックでは、TeamCityが安全な値を処理する方法を選択できます。デフォルトのスクランブル戦略を使用するか、カスタムキーで暗号化します

デフォルトでは、TeamCity は、プロジェクト構成ファイルで使用されるすべての安全な値をスクランブル形式で格納します。初期値はTeamCityデータディレクトリに格納され、その安全性は主に環境のセキュリティに依存します。潜在的な悪意のあるアクションのリスクを最小限に抑えるために、TeamCityはカスタムキーを使用して安全な値を暗号化できます。

カスタム暗号化を使用するには、それぞれのオプションを選択し、暗号化キーを入力します。生成をクリックしてランダムに生成するか、独自の鍵を入力します(Base64でエンコードされた128ビットの鍵がサポートされています)。設定を保存すると、TeamCityは戦略を安全な値のスクランブルからAESアルゴリズムを使用したカスタムキーでの暗号化に変更します

既存の安全な値はスクランブルされたままになります。プロジェクトパラメータを変更すると、プロジェクトのすべての安全な値が現在のキーを使用して自動的に再暗号化されることに注意してください。

カスタムキーを変更するか、いつでもデフォルトの戦略を使用するように戻すことができます。

最終更新日: 2020年9月16日