TeamCity 2020.1ヘルプ

TeamCityクラウド

TeamCity Cloudについて

TeamCityは、主要な機能が強力なツールセットと普遍性であるCI / CDサーバーです。クラウドバージョンでは、フル機能のCI / CDソリューションでユーザーの要求に対応し、サーバーをオンプレミスで維持する必要なく、数分で利用できるようにします。

If you are new to TeamCity、サーバーのインストールと構成のタスクを自動的に解決するクラウドベータは、優れた出発点です。クラウドTeamCityサーバーの準備ができたらConfigure and run your first buildガイドに進むことができます。

TeamCityクラウドアカウントを登録すると、独自のTeamCityサーバーがAmazon Webサービスに自動的に作成されます。サーバーは最新バージョンのTeamCityで動作し、現在WindowsおよびLinuxクラウドエージェントをそのまま提供しています(Windows、Linux、およびmacOSのセルフホストエージェントもサポートされています)。

We plan to officially release our Cloud version at the end of 2020 but the target date may change depending on the progress of Beta.

ベータプログラムのユーザーは、TeamCityデータをリリースされたクラウドバージョンに移行できます。

TeamCity Cloudの開始

クラウドでTeamCityを開始するには、クラウドベータアカウントを登録します。ほんの数秒で、サーバーは beta.teamcity.com ドメインで使用可能になります。

After the server is ready, an invitation link will be sent to your email. Proceed via this link to get to your administrative account. Everything is ready to build!

TeamCityクラウドメンテナンス

TeamCityクラウドサーバー管理

TeamCityクラウドの場合、TeamCityチームは、クラウドサーバーのすべてのハードウェアとインフラストラクチャの保守を担当します。そのため、クラウドサーバーは、オンプレミスサーバーに比べて管理機能が制限されています。

管理ページは、次のセクションで構成されています。

  • Under プロジェクト関連の設定 , you can create projects and monitor server health and disk usage.

  • ユーザー管理で、ユーザー、ユーザーグループ、ロールを追加し、ユーザーに権限を割り当てることができます。TeamCityユーザーをメールで招待するUse the new Invitationsページ。招待されたユーザーは、新しいユーザーアカウントを登録するか、GitHubまたはBitbucketを介して認証できます。

  • サーバー管理では、プロジェクト(たとえば、オンプレミスサーバーからエクスポートされたもの)のインポート、使用統計の表示、一般設定の制御を行うことができます。

クラウドでエージェントを構築する

TeamCity Cloudでは、セルフホストビルドエージェントを使用するか、SaaSクラウドエージェントをリクエストできます。

最初から、デフォルトのプールで1つのWindowsイメージと2つのLinuxイメージを利用できます。ビルドを実行するとすぐに、TeamCityは最初の適切なイメージのインスタンスを自動的に開始します。ビルドが完了すると、インスタンスはアイドルタイムアウトによって終了します。

エージェントページの右上隅にあるビルドエージェントをインストールするをクリックすると、追加のエージェントを取得できます。ベータ版では、10の並行エージェントを提供します。
トークンを使用して、TeamCityサーバー上のビルドエージェントを認証することをお勧めします。Use authentication tokenをクリックし、Generate plain-text tokenまたはDownload configの2つのオプションのいずれかを選択して、すぐに使用できるエージェント構成ファイルを作成します。

In terms of Beta, cloud agents come with the following characteristics:

Windowsクラウドエージェント

ハードウェア:

  • CPU: 4 vCPU(Intel Xeon(Cascade Lake))

  • RAM: 8 Gb RAM

  • SSD: 20 Gb

ソフトウェア:

  • イメージ: Windows_Server-2012-R2_RTM-English-64Bit-Base

  • Java (6.45, 7.79, 7.79, 8u181, 8u181, 9.0.4)

  • .NET Framework (3.5 (3.0, 2,0 included), 4.5, 4.6.2, 4.7.1)

  • .NETコア (1.1.7, 2.1.4, 3.1.102)

  • Visual Studio 2019 Build Tools

  • Ruby (2.4.3.1, 2.5.1.1, 4.7.2.2913922492)

  • Perforce CLI (2020.1)

  • NUnit (3.11.1)

  • Sysinternals Suite

  • Mono (4.2.3)

  • Android SDK (3859397 +更新)

  • Python (2.7, 3.8 + pip)

  • Git (2.21.0-64)

  • Mercurial (tortoisehg-4.0.2)

  • Subversion (1.9.7)

  • Gradle (5.5.1)

  • NodeJS (12.16.1)

  • Yarn (1.22.4)

  • CMake (3.14.3)

  • 7-Zip (19.0)

  • Unity (2019.3.14)

  • MSYS2 (base 20200517)

  • AWS CLI (1.16.144)

Linuxクラウドエージェント

ハードウェア:

  • Medium agent:
    • CPU: 4 vCPU(Intel Xeon(Cascade Lake))

    • RAM: 8 Gb RAM

    • SSD: 20 Gb

  • Small agent:
    • CPU: 2 vCPU (Intel Xeon (Cascade Lake))

    • RAM: 4 Gb ram

    • SSD: 20 Gb

ソフトウェア:

  • イメージ: ubuntu-bionic-18.04-amd64-server

  • Java (java-1.8.0-amazon-corretto-jdk_8.252.09-1_amd64)

  • .NETコア (3.1.301, 3.0.103, 2.1.807, 2.2.402, 1.1.13)

  • Git (2.26.2)

  • Python (3.6.7, 2.7.15; pip 20.1.1)

  • Mono (6.8.0.123)

  • Perforce (helix-cli latest)

  • Mercurial (4.5.3)

  • NAnt (最新)

  • Ant (最新)

  • Android SDK (4333796 +更新)

  • Gradle (5.5.1)

  • RVM (Ruby 2.5.8)

  • Go (1.14.1)

  • NodeJS (4, 5, 6, 7, 8.12 (default))

  • Docker (19.03.9)

  • Docker Compose (1.23.1)

  • Ansible (2.9.10)

  • Native development tools (automake 1.15.1, autoconf 2.69, gettext, libtool 2.4.6, m4 1.4.18, clang, cmake 3.10.2, libglib2.0-dev, libcairo2-dev, libjpeg-dev, libexif-dev, libgif-dev, libc++-dev)

  • Yarn (1.22.4)

TeamCityクラウドとオンプレミスの違い

We plan to provide equal CI/CD experience to users of our Cloud and On-premise versions. However, the Cloud version is an automatically configured server and thus does not provide the same server settings as our On-premise solution.

Comparing to On-premise, TeamCity Cloud Beta offers the following new features:

  • For better security, you can generate authentication tokens for build agents in advance.

  • Authorization via GitHub and Bitbucket is available. If you authenticate via any of these services, the respective connection will be preconfigured automatically.

  • The 管理 | Invitations page allows automatically inviting users to the server. By default, you can add new users only via invitations . An invited user will be able to register a new user account or authenticate via GitHub or Bitbucket.

All the listed features will be introduced in our On-premise version in the nearest future.

TeamCity Cloud Beta has the following limitations comparing to On-premise:

  • Limited server configuration.

  • No automatic server diagnostics.

  • Data is backed up and cleaned up automatically. The set of available configuration options may differ from the On-premise installations.

  • Some settings are unavailable to TeamCity Cloud administrators: for example, cloud profiles' configuration or changing the location for storing external artifacts.

  • No plugin management. The following bundled plugins are currently disabled:
    • LDAP support

    • Microsoft Windows Domain authentication

    • VCSサポート: CVS and VCS Support: StarTeam

    • RSS feed support

    • Build Agent JVM updater

    • NuGetサポート

    • 検索

Some listed features might be implemented or receive their Cloud equivalents in terms of the Public Beta or first released versions of TeamCity Cloud.

トラブルシューティングとフィードバック

To send your feedback or report issues, use our YouTrack課題トラッカー(英語) . You are welcome to discuss TeamCity Cloud in our community forum(英語).

Before inquiring, please refer to the F.A.Q . on our website.

既知の問題

The following issues can be currently observed in the TeamCity Cloud Beta version:

  • It is impossible to restore a just deleted project.

  • When running a custom build, you might see an irrelevant warning about no compatible agents available for this build. Please check the build real-time status to see the actual number of available agents.

最終更新日: 2020年8月14日