TeamCity 2020.2 ヘルプ

NUnit 用 TeamCity アドイン

NUnit コンソール(英語)を介して NUnit テストを実行し、TeamCity が TeamCity テストランナーを起動せずにテスト結果を追跡するようにしたい場合、最良のソリューションは NUnit に TeamCity アドインを使用することです。このアドインを NUnit にプラグインすると、テストが TeamCity サーバーに自動的に報告されます。

または、XML レポート処理ビルド機能を使用するか、サービスメッセージを使用してレポートテストを手動で構成することもできます。

TeamCity でテスト結果を確認できるようにするには、次の手順を実行します。

  1. ビルドで、TeamCity アドインへのパスをシステムプロパティ teamcity.dotnet.nunitaddin に設定し(MSBuild の場合は teamcity_dotnet_nunitaddin になります)、このパスの最後に NUnit のバージョンを追加します。例:
    • For NUnit 2.4.X, use ${teamcity.dotnet.nunitaddin}-2.4.X.dll (for MSBuild: $(teamcity_dotnet_nunitaddin)-2.4.X.dll )
      Example for NUnit 2.4.7: NAnt: ${teamcity.dotnet.nunitaddin}-2.4.7.dll , MSBuild: $(teamcity_dotnet_nunitaddin)-2.4.7.dll

    • NUnit 2.5.0 alpha 4 の場合は、${teamcity.dotnet.nunitaddin}-2.5.0.dll を使用します (MSBuild の: $(teamcity_dotnet_nunitaddin)-2.5.0.dll )

  2. .dll および .pdb TeamCity アドインファイルを NUnit アドインディレクトリにコピーします。

次の例は、NUnit 2.4.7(MSBuild 上)の TeamCity アドインで NUnit コンソールランナーを使用する方法を示しています。

<ItemGroup> <NUnitAddinFiles Include="$(teamcity_dotnet_nunitaddin)-2.4.7.*" /> </ItemGroup> <Target Name="RunTests"> <MakeDir Directories="$(NUnitHome)/bin/addins" /> <Copy SourceFiles="@(NUnitAddinFiles)" DestinationFolder="$(NUnitHome)/bin/addins" /> <Exec Command="$(NUnitHome)/bin/NUnit-Console.exe $(NUnitFileName)" /> </Target>

注意事項

NUnit 2.4.8 の問題

NUnit 2.4.8 has the following known issue: NUnit 2.4.8 runner tries to load an assembly according to the created AssemblyName object; however, the addins folder of NUnit 2.4.8 is not included in application probe paths. Thus NUnit 2.4.8 fails to load any addin in the console mode.
To solve the problem, we suggest you use any of the following workarounds:

  • TeamCity アドインアセンブリを NUnit bin フォルダーと bin/addins フォルダーの両方にコピーします

  • アドインをアプリケーションプローブパスに含めるために NUnit-Console.exe.config にパッチを適用します。次のコードを config/runtime 要素に追加します。

<assemblyBinding xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1">       <probing privatePath="addins"/> </assemblyBinding>

この問題に関するオリジナルのブログ投稿 http://nunit.com/blogs/?p=56(英語) を参照してください

環境変数 NUnit の環境変数を明示的に構成する必要がある場合、値参照 %system.teamcity.dotnet.nunitaddin% を使用して環境変数を指定します。詳細については、ビルドパラメーターの設定を参照してください。