TeamCity 2020.2 ヘルプ

スーパーユーザー

スーパーユーザーログインを使用すると、システム管理者権限でサーバー UI にアクセスできます。例:認証情報を忘れた場合、または認証関連の設定を修正する必要がある場合。ログインは、サーバーログにある認証トークンを使用して実行されます。

また、スーパーユーザートークンは、サーバーの起動を続行するために手動操作が必要な場合に、サーバーの起動時に表示されるサーバーメンテナンスページにアクセスするために使用されます。

認証トークンは、サーバーが起動するたびに自動的に生成されます。トークンはサーバーコンソールの teamcity-server.log TeamCity\logs ディレクトリに印刷されます(「スーパーユーザー認証トークン」テキストを検索してください)。この行は、サーバーの起動時とユーザー名が指定されていないログインページの送信時に印刷されます。

スーパーユーザーとしてログインするには、ログインページでパスワードとして空のユーザー名と認証トークンを使用します。

スーパーユーザーは通常の TeamCity ユーザーではなく、変更ページやプロファイルセクションなどの個人設定はありません(つまり通知を受け取る方法はありません)。スーパーユーザーはすべてシステム管理者権限を持っています。

任意の数のスーパーユーザーが、互いのセッションに影響を与えることなく TeamCity に同時にログインできます。

空のユーザー名を使用する代わりに、<TeamCity_server_URL>/login.html?super=1 ページに移動してスーパーユーザー認証トークンを入力することもできます。スーパーユーザーログインページをロードすると、スーパーユーザートークンがサーバーログとコンソールに再度出力されます。

スーパーユーザーログインはデフォルトで有効になっていますが、teamcity.superUser.disable=true 内部プロパティを指定することで無効にできます。