TeamCity 2019.1ヘルプ

プロジェクト

TeamCityのプロジェクトは、ビルド構成のコレクションです。TeamCityプロジェクトは、ソフトウェアプロジェクト、プロジェクトの特定のバージョン/リリース、またはビルド構成のその他の論理グループに対応できます。
プロジェクトには、名前、ID、およびオプションの説明があります。
TeamCityでは、ユーザーのロールと権限はプロジェクトごとに管理されます。

プロジェクト階層

プロジェクトは、階層表示および設定の伝播を可能にするツリーにネストおよび編成できます。階層はプロジェクト管理者によって定義され、すべてのTeamCityユーザーに対して同じです。
階層は、概要ページ、プロジェクトポップアップ、およびパンくずリストで表示できます。

設定の伝播

プロジェクト階層は、次の方法で使用されます。

プロジェクトレベルで定義された設定は、すべてのサブプロジェクトに(再帰的に)伝播されます。これらには以下が含まれます。

プロジェクトで定義されたエンティティは、プロジェクトおよびそのサブプロジェクトにあるすべてのビルド構成で利用可能になります。これらには以下が含まれます。

例:複数のプロジェクト間でVCSルートを共有する場合、これらすべてのプロジェクトの共通の親に移動する必要があります。VCSルートをすべてのプロジェクトで共有する必要がある場合は、<ルートプロジェクト>で作成する必要があります。

プロジェクトを参照する設定は、プロジェクトとそのすべてのサブプロジェクトに影響します。これらには以下が含まれます。

プロジェクトをエージェントプールに関連付けると、そのサブプロジェクトには反映されず、プロジェクトに直接存在するビルド構成のみに影響することに注意してください。

ルートプロジェクト

TeamCityには、常にプロジェクト階層の最上位として<ルートプロジェクト>があります。ルートプロジェクトには通常のプロジェクトのほとんどのプロパティーがあり、ルートプロジェクトで構成された設定はサーバー上の他のすべてのプロジェクトで使用できます。

ルートプロジェクトは、次の点で特別です。

  • デフォルトで存在し、削除できません。

  • これは最上位プロジェクトであるため、親プロジェクトはありません。

  • ビルド構成を含めることはできません。

  • ユーザーレベルのUIには表示されず、管理UIにのみエンティティとして存在します。


関連事項:

概念 : ビルド構成
管理者ガイド : プロジェクトとビルド構成の管理 | プロジェクトの作成と編集 | ビルド構成の作成と編集 | プロジェクトエクスポート


関連ページ:

ビルド構成

ビルド構成は、ビルドを開始し、UI内でビルドの順序をグループ化するために使用される設定の集まりです。ビルド構成の例は、ディストリビューション、統合テスト、リリースディストリビューションの準備、「毎晩」ビルドです。ビルド構成はプロジェクトに属し、ビルドを含みます。ホームページでビルド設定の詳細を調べた...

プロジェクトエクスポート

子を含むプロジェクトの設定をアーカイブにエクスポートして、後で別のTeamCityサーバーにインポートすることができます。エクスポートには設定(基本的にはプロジェクト管理領域で構成されたものすべて)が含まれますが、ビルドやユーザー領域に表示されるその他のデータは含まれません。プロジェクトをすべての関...

ビルド構成テンプレート

概要、ビルド構成テンプレートを作成する、プロジェクト用のデフォルトテンプレートの定義関連設定の変更、ビルド構成をテンプレートに関連付けるビルド構成を複数のテンプレートに関連付ける関連設定の変更、、テンプレートからビルド構成をデタッチする、テンプレートから継承した設定の再定義パラメータ参照を使用する設...

TeamCityと課題追跡システムの統合

TeamCityを課題トラッカーと統合して、開発プロジェクトの包括的なビューを提供できます。TeamCityは、バージョン管理の変更に対するコメントに記載されている課題を検出し、TeamCity Web UIの課題トラッカーへのリンクに変換します。統合はプロジェクトレベルで設定されます。プロジェクト...

メタランナーを使う

メタランナーを使用すると、ビルド構成からビルドステップ、要件、およびパラメータを抽出し、それらからビルドランナーを作成できます。このビルドランナーは、他のビルド構成またはテンプレートのビルドステップで他のビルドランナーとして使用できます。基本的に、メタランナーはあるビルド構成からの一連のビルドステッ...

ビルド障害の調査とミュート

何らかの問題やテストの失敗が原因でビルドが失敗した場合、TeamCityを使用すると、ビルドエラーの調査を特定のユーザーに割り当てたり、ビルドステータスに影響を与えないように失敗をミュートしたりできます。失敗したビルド構成全体の調査を割り当てるか、単一のビルドの問題と失敗したテストを調査/ミュートで...