TeamCity 2020.2 ヘルプ

パフォーマンスモニター

パフォーマンスモニターのビルド機能を使用すると、ビルドエージェントでのビルド実行中の CPU、ディスク、メモリの使用状況に関する統計を取得できます。

パフォーマンスモニターは、Windows、Linux、macOS、Solaris、FreeBSD オペレーティングシステムをサポートしています。Perl(英語) を Windows 以外の使用 OS にインストールする必要があります。

パフォーマンスモニターは、オペレーティングシステム全体の負荷を報告することに注意してください。同じホスト上で複数のエージェントが実行されている場合、または同じマシンにエージェントとサーバーがインストールされている場合、適切な結果は報告されません。

ビルド構成でパフォーマンスモニタービルド機能を有効にすると、この構成で新しく実行された各ビルドのビルド結果ページに、パフォーマンス統計のグラフを含む PerfMon タブが含まれます。CPU 値は、ビルド中の平均 CPU 負荷を反映し、ディスクメモリの値は、エージェントマシンで使用可能な合計ディスク容量と物理メモリを基準にして計算されます。

グラフ内のポイントをクリックすると、対応する値(下のスクリーンショットの CPU)と、選択した時間のハイライトされたフラグメントを含むビルドログが表示されます。

Performance monitor