TeamCity 2020.1ヘルプ

プロジェクトとビルド構成の管理

プロジェクトとTeamCity内のそれらのエンティティーは構成できます。

表示設定

プロジェクトページの表示プロジェクトの設定ポップアップメニューを使用すると、プロジェクトの順序を変更したり、プロジェクトのリストで表示を変更したりできます。

個々のプロジェクトをプロジェクトページに追加するか、このページから削除するには、プロジェクト・ホームページの「目」ボタンを切り替えます。

Disk usage in details

プロジェクトにサブプロジェクト / 一時停止ビルド構成がアーカイブされている場合は、それらも概要ページに表示され、それに応じてマークが付けられます。

本セクション:

関連ページ:

プロジェクト

TeamCityのプロジェクトは、ビルド構成のコレクションです。TeamCityプロジェクトは、ソフトウェアプロジェクト、プロジェクトの特定のバージョン/リリース、またはビルド構成のその他の論理グループに対応できます。プロジェクトには、名前、ID、およびオプションの説明があります。TeamCityで...

REST API

TeamCityは、外部アプリケーションを統合し、TeamCityサーバーとのスクリプト相互作用を作成するためのREST APIを提供します。このページは3つのメインセクションで構成されています。一般情報は、REST API認証の原理、リクエストの構造、サポートされるHTTPメソッドについて説明して...

バージョン管理でのプロジェクト設定の保存

概要:TeamCityを使用すると、プロジェクト設定とバージョン管理リポジトリを双方向で同期できます。サポートされているVCSは、Git、Mercurial、Perforce、Subversion、およびAzure DevOps Server(以前のTFS)です。XML形式およびKotlin言語で設...

Perforce機能としてのストリームブランチ

このページで:有効にする方法、タスクストリーム、remote run、有効にする方法:VCSルートページで、親ストリーム名の後にあるチェックボックス「機能ブランチサポートを有効にする」を選択します。その後、指定されたメインストリームを親として持つすべてのストリームが、フィーチャブランチに含まれます。...

機能ブランチを使用した作業

分散バージョン管理システム(DVCS)のフィーチャーブランチを使用すると、メインの開発とは独立してフィーチャーを操作し、フィーチャーのすべての変更をブランチにコミットして、フィーチャーが完了したときにメインブランチに変更をマージできます。このアプローチは、ソフトウェア開発チームに多くの利点をもたらし...

Kotlin DSL

XML形式のバージョン管理で設定を保存することに加えて、TeamCityでは(Kotlin言語に基づいて)DSLに設定を保存できます。バージョン管理に保存されたDSLを使用すると、プログラムで設定を定義できます。Kotlinは静的に型指定されるため、IDEで自動補完機能を自動的に受け取ります。これに...