TeamCity 2019.1ヘルプ

プロジェクトとビルド構成の管理

プロジェクトとTeamCity内のそれらのエンティティーは構成できます。

表示設定

プロジェクト概要ページの表示プロジェクトの設定ポップアップウィンドウを使用すると、プロジェクトの順序を変更したり、プロジェクトのリストで表示を変更したりできます。

個々のプロジェクトをプロジェクト概要ページに追加するか、このページから削除するには、プロジェクトホームページの「目」ボタンを切り替えます。

Disk usage in details

プロジェクトにサブプロジェクト / 一時停止ビルド構成がアーカイブされている場合は、それらも概要ページに表示され、それに応じてマークが付けられます。

本セクション:


関連事項:

概念 : プロジェクト | ビルド構成

関連ページ:

プロジェクト

TeamCityのプロジェクトは、ビルド構成のコレクションです。TeamCityプロジェクトは、ソフトウェアプロジェクト、プロジェクトの特定のバージョン/リリース、またはビルド構成のその他の論理グループに対応できます。プロジェクトには、名前、ID、およびオプションの説明があります。TeamCityで...

REST API

一般情報一般的な使用箇所、REST認証、スーパーユーザーアクセス、REST APIのバージョン、URLの構造、ロケーター、サポートされているHTTPメソッド、応答フォーマット完全および部分的な回答、ロギング、CORSのサポート、APIクライアントの推奨事項、TeamCityデータエンティティ要求プロ...

Perforce機能としてのストリームブランチ

このページで:有効にする方法、タスクストリーム、remote run、有効にする方法:VCSルートページで、親ストリーム名の後にあるチェックボックス「機能ブランチサポートを有効にする」を選択します。その後、指定されたメインストリームを親として持つすべてのストリームが、フィーチャブランチに含まれます。...

機能ブランチを使用した作業

分散バージョン管理システム(DVCS)のフィーチャーブランチを使用すると、メインの開発とは独立してフィーチャーを操作し、フィーチャーのすべての変更をブランチにコミットして、フィーチャーが完了したときにメインブランチに変更をマージできます。このアプローチは、ソフトウェア開発チームに多くの利点をもたらし...

Kotlin DSL

XML形式のバージョン管理で設定を保存することに加えて、TeamCityでは(Kotlin言語に基づいて)DSLに設定を保存できます。バージョン管理に保存されたDSLを使用すると、プログラムで設定を定義できます。Kotlinは静的に型指定されるため、IDEで自動補完機能を自動的に受け取り、利用可能な...

ビルド構成の作成と編集

このページでは、TeamCity Web UIを使用したビルド構成の作成について詳しく説明しています。他のオプションには、REST APIおよびKotlin言語に基づくDSLでのTeamCityプロジェクト構成の使用が含まれます。このページで:手動で新しいビルド構成を作成する、URLから新しいビルド...