TeamCity 2019.1ヘルプ

リポジトリURLから設定を推測する

TeamCityは、リポジトリURLからVCSタイプと設定を自動的に検出できます。

VCSルートを構成する場合、ドロップダウンからリポジトリURLから推測オプションを選択し、URLを指定します。TeamCityは、サポートされているバージョン管理のURLを認識し、VCSルートを自動的に作成します。VCSルートが作成された後、プロジェクト設定またはビルド構成設定ページを使用して設定を変更できます。

VCSのURLフォーマット

VCS

URLフォーマット

Git

SSH認証の場合、最初にURLからVCSルートを作成し、次にその設定を開いて使用するSSHキーを指定します。または、Git VCSルートを手動で作成します。

Mercurial

Subversion

TFS

推奨されるURL形式:

関連するブログ投稿(英語)も参照してください。

Perforce

金庫

CVS

まだサポートされていません

ClearCase

まだサポートされていません