TeamCity 2020.2 ヘルプ

TeamCity を拡張する

TeamCity の動作は、いくつかの方法で拡張できます。ビルドスクリプトから TeamCity と通信してテストを報告したり、ビルド番号を変更したり、統計データを提供したりできます。または、カスタム UI、カスタマイズされた通知などを提供する本格的なプラグインを作成することもできます。

ここに関連性のある情報が見つからない場合、質問がある場合、または他のユーザーと TeamCity プラグインの経験を共有したい場合は、TeamCity Plugins フォーラム(英語)にようこそ。

プラグインなしで TeamCity をカスタマイズする

プラグイン開発

一般公開されているプラグイン

関連ページ:

TeamCity とスクリプトの相互作用を構築する | TeamCity

TeamCity がテストフレームワークまたはビルドランナーをそのままサポートしていない場合でも、TeamCity サーバーと対話するようにビルドスクリプトをカスタマイズすることにより、TeamCity の多くの利点を活用できます。これにより、テストフレームワークやランナーに関係なく、あらゆるチームが幅広い機能を利用できるようになります。これらの機能には、リアルタイムのテスト結果とカスタマイズされた統計の表示、ビルドステータスの変更、ビルドが完了する前のアーティファクトの公開が含まれます。ビルド...

ビルド結果にサードパーティのレポートを含める | TeamCity

レポートツールが HTML 形式でレポートを作成する場合、TeamCity をカスタムタブで拡張して、サードパーティのレポートツールが提供する情報を表示できます。ツールによって提供されるレポートは、ビルド結果ページまたはプロジェクトホームページのいずれかに表示できます。一般的な流れは次のとおりです。HTML レポート(できれば zip アーカイブ内)を生成するようにビルドスクリプトを構成します。サーバーへのビルドアーティファクトとしてのレポートの発行を構成します。この時点で、ビルドアーティファク...