TeamCity 2020.2 ヘルプ

maintainDB コマンドラインツールを使用したバックアップの作成

TeamCity .tar.gz および .exe ディストリビューションは、<TeamCity Home>/bin ディレクトリにある maintainDB.bat|sh ユーティリティを提供します。このコマンドラインツールを使用すると、サーバーデータをバックアップ、復元、および異なるデータベース間移行できます。また、使用してデータのバックアップを作成することができる WebUI を。

バックアップする前に

データをバックアップする前に、TeamCity サーバーをシャットダウンして、すべてのビルドをバックアップに含めることをお勧めします。TeamCity サーバーが稼働しているときにバックアッププロセスが開始された場合、実行中のビルドとキューに入れられたビルドはバックアップに含まれません。

バックアップファイルの場所と形式

バックアップファイルのデフォルトディレクトリは <TeamCity Data Directory>\backup です。

バックアップファイル名のデフォルト形式は TeamCity_Backup_<timestamp>.zip です。 <timestamp> サフィックスが YYYYMMDD_HHMMSS 形式で追加されます。

maintainDB Utility を使用した TeamCity データバックアップの実行

このセクションでは、maintainDB オプションのいくつかについて説明します。使用可能なすべてのオプションの完全なリストについては、パラメーターなしでコマンドラインから maintainDB を実行してください。

データバックアップファイルを作成するには、コマンドラインから maintainDB ユーティリティを backup コマンドで起動します。

maintainDB.[cmd|sh] backup

TeamCity データバックアップにはいくつかの制限があります。デフォルトでは、maintainDB ユーティリティをオプションのパラメーターなしで実行すると、データベース、サーバー設定、プロジェクトおよびビルド構成、プラグインおよび補足データ(設定履歴、トリガー状態、プラグインデータなど)のみがバックアップされ、ビルドは省略されます。ログと個人的な変更。

バックアップ範囲の構成

バックアップファイルに含めるデータの範囲を構成するには、次のオプションを使用します。

  • -C または --include-config — ビルド構成設定が含まれます

  • -D または --include-database — データベースを含む

  • -L または --include-build-logs — ビルドログを含む

  • -P または --include-personal-changes — 個人的な変更を含む

  • -U または --include-supplementary-data — 補足(プラグイン)データが含まれています。上記のオプションのさまざまな組み合わせを指定すると、バックアップファイルの内容を制御できます。例:サポートされているすべてのタイプのデータでバックアップを作成する

maintainDB backup -C -D -L -P -U

データバックアップ用の maintainDB の使用例

カスタム名でバックアップファイルを作成するには、-F または --backup-file オプションを指定して maintainDB を実行し、拡張子なしで目的のバックアップファイル名を指定します。

maintainDB.cmd backup -F <backup file custom name> or maintainDB.cmd backup --backup-file <backup file custom name>

上記のコマンドを実行すると、指定された名前の新しい zip ファイルがデフォルトのバックアップディレクトリに作成されます。

タイムスタンプサフィックスをカスタムファイル名に追加するには、-M または --timestamp オプションを追加します。

maintainDB.cmd backup -F <backup file custom name> -M or maintainDB.cmd backup -F <backup file custom name> --timestamp

カスタムディレクトリにバックアップファイルを作成するには、-F オプションを指定して、maintainDB を実行します。

maintainDB backup -F <absolute path to the custom backup directory> or maintainDB backup --data-dir <absolute path to the custom backup directory>

MaintainDB の起動オプション

TEAMCITY_SERVER_OPTS/TEAMCITY_SERVER_MEM_OPTS 環境変数を使用して TeamCity サーバー起動オプションをカスタマイズする場合、またはサーバーを実行するためにカスタム JDK インストールを使用する場合は、maintainDB スクリプトを TEAMCITY_MAINTAINDB_OPTS/TEAMCITY_MAINTAINDB_MEM_OPTS 環境変数に追加された関連オプションとともに実行し、TeamCity サーバーとすべて同じ環境でスクリプトを実行して、同じ JVM を使用する必要がある場合があります。