TeamCity 2020.2 ヘルプ

クロスサーバープロジェクトのポップアップメニューの構成

TeamCity プロジェクトのポップアップメニューを使用すると、複数のサーバーでプロジェクトを参照して構成をビルドできるため、プロジェクトまたはビルド構成を選択すると、適切なサーバーでページが開きます。

プロジェクトポップアップメニューは、個別の REST API リクエストを使用して、表示するプロジェクトのリストを取得します。ピアサーバーが構成されている場合は、それらに対しても RESTAPI 呼び出しが行われます。
これらの RESTAPI 呼び出しを機能させるには、すべてのピアからの CORS リクエストを許可するようにサーバーを構成する必要があります。さらに、ユーザーのブラウザーからアクセス可能であり、ユーザーがそれらのサーバーにログインしている必要があります。

プロジェクトポップアップメニューの構成

管理 | ノード構成ページの専用 UI を使用すると、プロジェクトポップアップメニューにフィードするリンクサーバーを構成できます。

  1. TeamCity サーバーの URL を指定して、サーバーの追加をクリックします。

  2. テスト接続ボタンをクリックします。そのためにはログインする必要があります。

接続が成功すると、対応するサーバーノードがプロジェクトポップアップメニューに追加されます。

CORS 設定

サーバー A のポップアップメニューがサーバー B からのプロジェクトを表示する場合、サーバー B は、ユーザーがサーバー A にアクセスするために使用できるサーバー A のすべての URL を信頼するために設定された CORS を持っている必要があります。

両方のサーバーでポップアップメニューを構成する場合、相互のすべての URL を信頼するために設定された CORS が必要です。3 番目のサーバーを追加する場合は、他の 2 つのサーバーに追加する必要があります。

サーバーバージョンの互換性

異なる TeamCity バージョンを実行しているサーバー間でクロスサーバープロジェクトポップアップメニューを構成することができます。