TeamCity 2020.2 ヘルプ

ビルドエージェント起動プロパティの設定

TeamCity では、ビルドエージェントに 2 つのプロセスが含まれています。

  • エージェントランチャー — エージェントプロセスを起動する Java プロセス。

  • エージェント — ビルドエージェントのメインプロセス。エージェントランチャーの子プロセスとして実行されます。

agent.bat|sh スクリプトを介して、または Windows サービスとしてビルドエージェントを実行する場合、エージェントランチャーが最初に起動し、次にエージェント自体が起動します。スクリプトを介してエージェントを実行することをお勧めしますが、場合によってはサービスとして実行することもできます。詳細については、このページを参照してください

エージェントのプロパティ

上記の両方のプロセスで、エージェントの実行に使用するシステムプロパティと変数を指定することにより、エージェントの最終的な動作をカスタマイズできます。

ビルドエージェントはスクリプトを介して実行されます

<Agent_Home> \bin\agent.bat|sh スクリプトを実行する前に、OS で次の環境変数(英語)を設定します。

  • TEAMCITY_AGENT_MEM_OPTS — エージェントメモリオプションを設定する (JVM オプション)

  • TEAMCITY_AGENT_OPTS — 追加のエージェント JVM オプション

ビルドエージェントはサービスとして実行されます

<Agent_Home>\launcher\conf\wrapper.conf ファイルで、次の行を追加します(オプションごとに 1 行):

wrapper.app.parameter.<N>

エージェントランチャーのプロパティ

まれなケースでのみ、エージェントランチャーのプロパティを変更する必要があります。これらを変更する前に、上記のメインエージェントプロセスプロパティを変更しても問題が解決しないことを確認してください。

ビルドエージェントはスクリプトを介して実行されます

<Agent_Home>\bin\agent.bat|sh スクリプトを実行する前に、TEAMCITY_LAUNCHER_OPTS 環境変数を設定します。

ビルドエージェントはサービスとして実行されます

<Agent_Home>\launcher\conf\wrapper.conf ファイルで、次の行を追加します(オプションごとに 1 つ、N の数を増やす必要があります)。

wrapper.java.additional.<N>