TeamCity 2020.1ヘルプ

コード・カバレッジ

コードカバレッジは、コードが単体テストでどのようにカバーされているかを測定する多数の指標です。TeamCityは、すぐに使える以下のカバレッジエンジンをサポートします。

他のカバレッジツールからレポートをインポートするには、関連するメモを参照してください。

カバレッジ結果をTeamCityにインポートするには、このセクションを参照してください。

サポートされているツールのTeamCityに表示されているコードカバレッジ情報を取得するには、ビルド・ランナー設定ページの専用セクションで設定する必要があります。以下のビルドランナーには、コードカバレッジのサポートが含まれています。

現在、Maven2ランナーはIntelliJ IDEAおよびJaCoCoカバレッジエンジンをサポートしています。
コードカバレッジの結果は、ビルド結果を扱う概要タブで確認できます。詳細レポートは、専用のビルド結果を扱うタブに表示されます。

コードカバレッジのチャートは、ビルド構成の統計チャートタブにもあります。

コードカバレッジの設定の詳細については、専用ページJavaコードカバレッジの設定.NETコードカバレッジの設定を参照してください。