TeamCity 2020.1ヘルプ

ビルド状態

プロジェクトページのビルド構成の拡大表示に、ビルド状態アイコンが各ビルドの横に表示されます。

構築国

アイコン

状態

説明

running_green_transparent.gif

正常に実行

ビルドは正常に実行されています。

buildSuccessful.png

成功

指定されたすべてのビルド構成でビルドが正常に終了しました。

running_red_transparent.gif

実行中および失敗

ビルドが失敗しています。

buildFailed.png

失敗

少なくとも1つの指定されたビルド構成でビルドが失敗しました。

cancelled.png

キャンセル

ビルドは取り消されました。

キャンセル/中止ビルド

実行中のビルドを停止すると、ビルドステータスはキャンセル済みとして表示されます。ビルド結果ページビルド構成 ホームページ、またはアクションドロップダウンから停止オプションを使用して、実行中のビルドを停止できます。

ビルドが開始されると、ビルドプロセスはランナープロセスを呼び出してその出力を監視します。stopコマンドはランナープロセスを強制終了し、その後ビルドプロセスは停止します。

パーソナルビルドステート

アイコン

状態

説明

personalRunning.gif

正常に実行

個人用ビルドは正常に実行されています。

personalFinished.png

成功

指定されたすべてのビルド構成について、個人用ビルドが正常に完了しました。

personalRunningFailing.gif

実行中および失敗

パーソナルビルドがエラーで実行されています。

personalFinishedFailed.png

失敗

個人用ビルドは、少なくとも1つの指定されたビルド構成で失敗しました。

ぶら下がって古くなったビルド

TeamCityは、その実行時間が推定平均実行時間を大幅に超え、その推定を超えてからビルドがメッセージを送信しなかった場合、そのビルドはハングしていると見なします。

より多くの変更を含むビルドが既に終了している場合、実行中のビルドは期限切れとしてマークすることができます。ハングアップした古いビルドは、アイコン attentionComment.pngで表示されます。アイコンの上にカーソルを移動すると、警告に関する追加情報を表示するツールチップが表示されます。

ビルドを開始できませんでした

開始に失敗したビルド、つまり最初のビルドステップを起動するポイントに到達しなかったビルドには、redSign.png アイコンが表示されます。これは、ビルドの開始時にVCSリポジトリがダウンしているか、アーティファクトの依存関係を解決できないことが原因である可能性があります。このようなビルドステータスは、多くの場合、構成エラーを示しており、そのようなロールの分離がある場合、通常は開発者ではなくビルドエンジニアが対処する必要があります。
このようなエラーが発生した場合、TeamCity:

  • ビルド失敗通知を送信しない (「ビルドを開始できない」という通知を購読していない限り)

  • 保留中の変更をこのビルドに関連付けません。つまり、変更は実際にテストされていないため保留中のままになります。

  • そのようなビルドを概要ページに最後に完成したビルドとして表示しない

  • そのようなビルドはビルド構成のステータスや開発者による変更のステータスには影響しません

  • このようなビルドのビルド構成の「構成エラー」ストライプを示します