TeamCity 2020.2 ヘルプ

TeamCity とスクリプトの相互作用を構築する

TeamCity がテストフレームワークまたはビルドランナーをそのままサポートしていない場合でも、TeamCity サーバーと対話するようにビルドスクリプトをカスタマイズすることにより、TeamCity の多くの利点を活用できます。これにより、テストフレームワークやランナーに関係なく、あらゆるチームが幅広い機能を利用できるようになります。これらの機能には、リアルタイムのテスト結果とカスタマイズされた統計の表示、ビルドステータスの変更、ビルドが完了する前のアーティファクトの公開が含まれます。ビルドスクリプトの対話は、次の方法で実装できます。