TeamCity 2020.2 ヘルプ

ビルドキュー

ビルドキューは、トリガーされ、開始を待機しているビルドのリストです。TeamCity は、エージェントがアイドルになるとすぐに互換ビルドエージェントに配布します。キューに入れられたビルドは、エージェントで開始されたときにエージェントに割り当てられます。ビルドがビルドキューで待機している間は、事前割り当ては行われません。

ビルドがトリガーされると、まずビルドキューに入れられ、互換性のあるエージェントがアイドル状態になると、TeamCity がビルドを実行します。

TeamCity によるビルドキューの最適化

デフォルトでは、TeamCity は次のようにビルドキューを最適化します。

  • 類似のビルドがキューに存在する場合、新しいビルド(同じ変更セット上で同じカスタムプロパティを持つ)は追加されません。

  • 自動的にトリガされたビルドチェーンに、すでにキューに入っているビルドチェーンよりも多くの変更がある場合は、自動的にトリガされたビルドチェーンに置き換えられます (置き換えによってビルドチェーンの結果の取得が遅延しない場合)。( 推定期間に基づく)

  • ビルドチェーンがキューに入っている間、TeamCity はキューに入っているビルドを同等の開始済みビルドに置き換えようとします。

  • 15 日以上キューに残っているビルドは自動的にキャンセルされます(互換性のあるエージェントがない場合など)。

このデフォルトの動作は VCS ビルドトリガースケジュール作成トリガーの対応するオプションで手動で無効にすることができます。

「ビルドキュー」タブ

実行待ちのビルドのリストは、ビルドキュータブで確認できます。

このタブには、以下の情報が表示されます。

  • ビルド結果ページへのリンクである、キュー内のビルドの番号。

  • ブランチ(利用可能な場合)。

  • 次の形式のビルド構成名:<プロジェクト名>::<ビルド構成名>。プロジェクト名とビルド構成名は、対応する概要ページへのリンクです。

  • 開始する時間 : 推定待機時間マウスカーソルを推定時間値の上に移動すると、次の情報を含むツールチップが表示されます。

    • 開始 / 終了予定時刻

    • 計画されたエージェントページへのリンク。

    • 現在のビルドがビルドチェーンの一部であり、それが依存するビルドがまだ終了していない場合は、対応する注記が表示されます。これまでに実行されたことがないビルドなど、一部のビルドでは、TeamCity は予想される期間を引用もることができないため、関連するメッセージがツールチップに表示されます(例:

    Unpredictable build duration

  • 引き起こされた - ビルドをトリガーしたイベントの簡単な説明。

  • 上で実行ことができます - このビルド構成と互換性のあるエージェントの数。エージェントの名前リンクをクリックしてエージェントページを開くか、下矢印を使用して、ポップアップメニューに互換性のあるエージェントのリストをすばやく表示できます。

キュービルドのためのエージェント選択

キュービルドを実行できるアイドル状態のエージェントが複数ある場合、TeamCity は次のように最速のエージェントを選択しようとします。

  1. 以前にエージェントでビルドが実行されたことがない場合は、CPU ランクを使用してエージェントを選択します。

  2. 以前にエージェントでビルドが実行されている場合は、指定されたビルド構成の推定ビルド期間がエージェントの選択に使用されます。引用は、ビルド構成の履歴における最新のビルドのヒューリスティックに基づいて行われます。概算すると、最近のビルドの実行時間は、以前のビルドの実行時間よりも重要度が高くなります。個人的なおよびキャンセルされたビルドは考慮されません。また、このビルド構成の残りのビルドと期間が大幅に異なる個々のビルドもありません。

ビルドキューを並べ替える

次のことができます。

ビルドキューの一時停止 / 再開

ビルドキューは手動または自動で一時停止できます。

エージェント有効化 / 無効化権限(デフォルトではエージェントマネージャーロールに含まれています)を持つユーザーは、ビルドキューを手動で一時停止 / 再開できます(キューを一時停止することは、サーバー上のすべてのエージェントを無効にすることと同じであるため)。このアクションは、ビルドキューページの右上隅で使用できます。

TeamCity サーバーのディスク容量が不足すると、ビルドキューは自動的に一時停止します。十分なスペースが使用可能になると、キューは自動的に再開されます。

キューが一時停止されると、TeamCity の各ページに一時停止の理由に関する情報を含むメッセージが表示されます。

関連ページ:

ビルドトリガーの設定

ビルド構成が作成されると、ビルドは実行ボタンをクリックして手動でトリガーするか、トリガーを使用して自動的に開始できます。ビルドトリガーは、特定のイベントで新しいビルドを開始するルールです。ビルドはビルドキューに入れられ、実行可能なエージェントが存在するときに開始されます。ビルド構成の作成 / 編集中...

VCS トリガーの設定

TeamCity が設定されたVCS ルートで新しい変更を検出するたびに、VCS は自動的に新しいビルドを開始し、保留中の変更にその変更を表示します。ビルド構成に追加できる VCS トリガーは 1 つだけです。ビルド構成に保留中の変更があると、デフォルト設定の新しい VCS トリガーがビルドをトリガ...

スケジュールトリガーの設定

スケジュールトリガーを使用すると、構成のビルドを実行する時間を設定できます。現在のプロジェクト設定のスケジュールを構築するセクションには、構成されたビルド時間が表示されます。ビルド構成に複数のスケジュールトリガーを追加できます。トリガー条件 :このセクションの設定は、自動ビルドトリガーの時間やその他...

パーソナルビルド

パーソナルビルドは、一般的なビルドシーケンスのビルドアウトであり、通常はバージョン管理にまだコミットされていない変更を使用します。パーソナルビルドは通常、サポートされている IDEの 1 つからリモート実行プロシージャを介して開始されます。以下で説明するように、変更を含むパッチをサーバーに直接アップ...