TeamCity 2019.2ヘルプ

ビルド構成

ビルド構成は、ビルドを開始し、UI内でビルドの順序をグループ化するために使用される設定の集まりです。ビルド構成の例は、ディストリビューション統合テストリリースディストリビューションの準備「毎晩」ビルドです。

ビルド構成はプロジェクトに属し、ビルドを含みます。ホームページでビルド設定の詳細を調べたり、編集ページで設定を変更したりできます。

一連のビルドごとに個別のビルド構成を作成することをお勧めします(つまり、専用の環境で特定のタスクを実行します)。これにより、新しい問題の検出/失敗したテスト、最初に失敗した/テストステータスが修正された、自動的に削除された調査などの機能が適切に機能します。

ビルド構成の増加に取り組むために、ビルド構成テンプレートとプロジェクトレベルのパラメーターを使用できます

このページで:

ビルド設定

ビルド構成設定は次のとおりです。

ビルド構成タイプ

TeamCityには、以下のビルド構成タイプがあります。

  • ソースコードに適用するアクションとルールを定義する定期的なビルド構成: 上記のすべての設定が適用されます

  • デプロイビルド構成 : 他のビルドの成果物を何らかの環境にデプロイする

  • スナップショット依存関係によって結合された他のいくつかのビルドからの結果を集約して1か所に表示するコンポジットビルド構成

ビルド構成状態

ビルド構成は、UIに表示される一時停止またはアクティブにできる状態によって特徴付けられます。デフォルトでは、作成時にすべての設定がアクティブになり、以下で説明するように手動で、またはプロジェクトがアーカイブされている場合は自動的に一時停止できます。

ビルド構成が一時停止している場合、その構成がアクティブになるまでその自動ビルドトリガーは無効になります。それでも、ビルド・チェーンの一部として手動または自動で一時停止構成の構築を開始できます。また、一時停止されたビルド構成に関する情報は変更ページに表示されません。

プロジェクトのすべてまたは選択したビルド構成を手動で一時停止することは可能です。

単一ビルド構成の一時停止/有効化

ビルド設定またはホームページ:

  • アクションメニューを開き、一時停止をクリックして、一時停止ダイアログにコメントを入力します(オプション)。
    一時停止されたビルド構成のビルドをビルドキューから削除するには、すでにキューに入っているビルドをキャンセルするボックスをオンにします。一時停止をクリックして確認します。

  • 一時停止したビルド構成をアクティブにするには、アクションメニューでアクティブにするを選択します。

プロジェクトのいくつかのビルド構成を一時停止/アクティブ化する

プロジェクトのいくつかのビルド構成を一時停止するには :

  1. プロジェクト設定ページで、アクションメニューを開き、一時停止/アクティブ化をクリックします。

  2. 開いたダイアログで、プロジェクトの横にあるボックスを選択して、すべてのビルド構成を一時停止するか、構成のボックスを選択的にオンにします。チェックされたビルド構成は一時停止されます。

  3. オプションのコメントを追加します。

  4. 一時停止された構成のすべてのビルドをビルドキューから削除するには、ビルド構成が一時停止している場合は、既にキューに入れられているビルドを取り消します。ボックスをオンにします。

  5. 適用をクリックします。

__プロジェクトの複数のビルド構成をアクティブにするには:

  1. プロジェクト設定ページで、アクションメニューを開き、一時停止/アクティブ化をクリックします。

  2. 開いたダイアログで、プロジェクトの隣のボックスをクリアして、すべてのビルド構成をアクティブにするか、構成のボックスを選択的にクリアします。選択されていないビルド構成がアクティブになります。

  3. オプションのコメントを追加します。

  4. 適用をクリックします。

ビルド構成ステータス

一般に、ビルド構成の状況は、最後に終了したビルドの状況を反映しています。

パーソナルビルドはビルド構成の状況には影響しません。

詳細が折りたたまれている場合は、プロジェクトページ(すべてのプロジェクト)またはプロジェクトホームページ(特定のプロジェクト)ですべてのビルド構成のステータスを表示できます。

構成ステータスアイコンをビルドします。

アイコン

説明

Successful.png

デフォルトブランチの最後のビルドは正常に実行されました。

Failed.png

デフォルトのブランチでエラーが発生した最後のビルド、または現在実行中のビルドの1つが失敗しています。最後に完了したビルドが成功した場合でも、現在実行中のビルドと失敗したビルドが少なくとも1つあると、ビルド構成のステータスは "失敗"に変わります。

investigate.gif

誰かが問題の調査を開始したか、すでに問題を解決したことを示します: (ビルド障害の調査とミュートを参照)

アイコンなし

この構成の完成したビルドはありませんでした。状況は不明です。プロジェクト内のどのビルド構成もビルドを完了していない場合は、NoBuildsProject.png がプロジェクト名の横に表示されます。

BCPaused.png

ビルド構成は一時停止されています。ビルドはそれに対して引き起こされません。ステータスの横にあるリンクをクリックして、一時停止したユーザーを表示し、必要に応じて設定を有効にします。

一連のビルド構成の状況表示

状況をTeamCityまたは外部に表示したいビルド構成を除外することができます。

TeamCityで選択したビルド構成のステータスを表示するには

  • プロジェクトページで表示可能なプロジェクトを構成し、これらのプロジェクトのみに属するビルド構成のステータスを表示します

  • TeamCity用のカスタムJavaプラグイン(英語)を実装して、ページをTeamCity Webアプリケーションの一部として利用可能にする

一連のビルド設定のステータスを外部 (会社のWebサイト、Wiki、Confluence、またはその他のWebページ)に表示するには、次の方法があります。


関連事項:

管理者ガイド : ビルド構成の作成と編集


関連ページ:

プロジェクト

TeamCityのプロジェクトは、ビルド構成のコレクションです。TeamCityプロジェクトは、ソフトウェアプロジェクト、プロジェクトの特定のバージョン/リリース、またはビルド構成のその他の論理グループに対応できます。プロジェクトには、名前、ID、およびオプションの説明があります。TeamCityで...

ビルド構成の作成と編集

このページでは、TeamCity Web UIを使用したビルド構成の作成について詳しく説明しています。他のオプションには、REST APIおよびKotlin言語に基づくDSLでのTeamCityプロジェクト構成の使用が含まれます。このページで:手動で新しいビルド構成を作成する、URLから新しいビルド...

ビルド構成テンプレート

概要、ビルド構成テンプレートを作成する、プロジェクト用のデフォルトテンプレートの定義関連設定の変更、ビルド構成をテンプレートに関連付けるビルド構成を複数のテンプレートに関連付ける関連設定の変更、、テンプレートからビルド構成をデタッチする、テンプレートから継承した設定の再定義パラメータ参照を使用する設...

デプロイビルド構成

TeamCityは、デプロイタイプのビルド構成を提供します。一部の環境へのデプロイを実行するビルド構成には、このタイプのマークを付けることができます。これらは通常、ビルドのスナップショットまたはアーティファクトの依存関係を持つビルド構成であり、結果はデプロイされます。ビルド構成を作成し、 「一般設定...

ビルド・チェーン

このページで:一般的なユースケース、ビルドチェーンの設定、ビルドチェーンからキュービルドを停止/削除する、チェーン部品間のリビジョン同期を無効にする、チェーン視覚表現を構築するビルド構成設定の依存関係ページ、プロジェクトホームページとビルド構成ホームページのチェーンのビルドタブ、ビルド結果ページの依...

ビルドキュー

ビルドキューは、トリガーされて開始されるのを待っているビルドのリストです。エージェントがアイドル状態になるとすぐに、TeamCityはそれらを互換性のあるビルドエージェントに配布します。キュービルドは、エージェント上で開始された時点でエージェントに割り当てられます。ビルドがビルドキューで待機している...