TeamCity 2020.1ヘルプ

すでに修正済み

いくつかのテスト失敗のためにTeamCityは "すでに修正済み"ビルドを表示することができます。

これは、最初に失敗したテストが成功し、最初のテストが失敗したビルドのに実行さたビルドです(同じビルド構成に対して)。

"後" とは、ここでは:

  • テストに成功したビルドは初期失敗にしたビルドよりも新しい変更があります

  • 変更が同じ場合は、失敗したビルドの後に新しいビルドが実行されました。

そのため、履歴ビルドを実行しても、TeamCityはそれを後のビルドでのテストの失敗に対する「修正済み」の候補とは見なしません(変更の観点から)。

テストが同じ名前の場合、テストは同じと見なされます。ビルド内に同じ名前のテストが複数ある場合、TeamCityは同じ名前のテストのオーダー番号を数えて、それを考慮します。

TeamCityのカウント方法であるTeamCity 9.0以降Hajipur 9.0 EAP1(build 31423)リリースノート(英語)をテストします。