TeamCity 2019.1ヘルプ

ビルド機能を追加する

ビルド機能は、ビルドの実行またはビルド結果の報告に影響を与えるためにビルド構成に追加できる機能の一部です。

ビルド設定 | 機能を構築するページに設定された機能が表示され、管理することができます。ビルド機能リストの最後の列にあるオプションを使用してビルド構成テンプレートから継承されている場合でも、構成されたビルド機能を一時的または永続的に無効にすることができます。

現在利用可能なビルド機能は以下のとおりです。


関連ページ:

VCSラベリング

TeamCityは、バージョン管理で特定のビルドのソースを(自動または手動で)ラベル付け(タグ付け)できます。適用されたラベルとその適用ステータスのリストは、ビルド結果ページの変更タブに表示されます。このページで:自動VCSラベル付け、手動VCSラベリング、Subversionラベル付けルール、ラベ...

パフォーマンスモニター

パフォーマンスモニタービルド機能を使用すると、ビルドエージェントでのビルド実行中にCPU、ディスク、およびメモリの使用状況に関する統計情報を取得できます。パフォーマンスモニタは、Windows、Linux、MacO、Solaris、TeamCity 2017.1以降、FreeBSDオペレーティングシ...

ステータス発行者のコミット

コミットステータスパブリッシャーは、TeamCityがコミットのビルドステータスを外部システムに自動的に送信できるようにするビルド機能です。この機能は、TeamCityにバンドルされているオープンソースプラグインとして実装されています。サポートされているシステムは次のとおりです。JetBrains

Dockerのサポート

TeamCityには、Dockerサポートビルド機能を含むDocker統合が組み込まれています。このビルド機能を追加するはDockerイベントモニタリングを有効にします:とのような操作は検出されるでしょう。ビルド機能はビルド結果ページにDocker情報タブを追加してDocker関連の操作に関する情報...

プル・リクエスト

プル・リクエストビルド機能を使用すると、プルリクエスト(またはGitLabの場合はマージリクエスト)情報を自動的にロードし、次のVCS(バージョン管理システム)ホスティングサービスのプルリクエストブランチでビルドを実行できます。GitHub、Bitbucket サーバー、GitLab、この機能は、現...

Golang

Golangビルド機能により、TeamCityでGoのテスト結果をリアルタイムでレポートおよび履歴に記録できます。ビルドを実行する前に、Goコンパイラがエージェントにインストールされていることを確認してください。TeamCityでGoテストレポートを有効にするには、次の2つの方法のいずれかを使用して...