RubyMine 2019.2ヘルプ

アイコンリファレンス

ファイル・タイプ

RubyMineによって認識されるファイルタイプのリストを表示するには、設定/環境設定ダイアログ(Ctrl+Alt+S)で | エディター | ファイル・タイプに進みます。プロジェクト内のファイルが Unknown file type アイコンでマークされている場合は、RubyMineがそれを認識できないことを示しています。この場合、新しいファイルタイプを登録して設定できます。

File type settings

共通

アイコン

説明

Method

メソッド

Rails controller

Rails コントローラー

Module

モジュール

Alias

メソッドのエイリアス

Global variable

グローバル変数

Instance variable

インスタンス変数

Constant

定数

Hash key

ハッシュ・キー

Variable

変数

Property

プロパティー

Parameter

パラメーター

Element

要素

Directory

ディレクトリー

Test Rootテストルート
Excluded root除外されたルート

可視性修飾子

Private

private

Protected

protected

Static

self

Public

public

ブックマーク

bookmarkCheck

匿名ブックマーク - チェックサインブックマーク。ブックマークは、ファイル内またはプロジェクト全体での迅速なナビゲーションに使用されます。

bookmarkMnemonic

文字付きニーモニックブックマーク - AからZまでの間の文字。

bookmarkNumber

数字付きのニーモニックブックマーク - 0〜9の間の数字。

データ・ソース

アイコン

説明

Access Method

アクセス方法

Aggregate

集計

Alias Type

エイリアスタイプ

Argument

引数

Body

本文

Check

確認

Cluster

クラスタ

Collation

照合

Collection Type

コレクション型

Column

カラム。列アイコンの組み合わせについて詳しくは、列に可能なアイコンの組み合わせを参照してください。

Data File

データ・ファイル

Database

データベース

Read-only

読み取り専用状態

the DDL data source icon

DDL データ・ソース

Default

デフォルト

Exception

例外

Extension

拡張

External Schema

外部スキーマ

Foreign Data Wrapper

外部データラッパー

Foreign Key

外部キー

Foreign Table

外部テーブル

Index

インデックス

Key

キー

Materialized Log

実体化ログ

Materialized View

マテリアライズド・ビュー

Object Attribute

オブジェクト属性

Object Type

オブジェクト・タイプ

Operator

演算子

Package

パッケージ

Projection

投影

DB data source

読み取り専用データソース

Role

ロール

Routine

ルーチン

Rule

ルール

Scheduled Event

予定されているイベント

Schema

スキーマ

Sequence

シーケンス

Server

サーバー

the Stored procedure or function icon

ストアドプロシージャまたは関数

Synonym

シノニム

Table

テーブル

Table Type

テーブル・タイプ

Tablespace

テーブル領域

Trigger

トリガー

User

ユーザー

User Mapping

ユーザーマッピング

Variable

変数

View

表示

Virtual Table

仮想テーブル

最終更新日: 2019年9月5日

関連事項

関連ページ:

ファイルタイプの関連付けを設定する

RubyMineで認識されないファイルタイプ(社内で開発された独自のファイルタイプなど)を使用している場合や、サポートされていない言語でコーディングする必要がある場合は、カスタムファイルタイプを作成できます。キーワード、コメント、数字などの強調表示スキームを定義することによって、IDEがファイルを解...

プラグインを管理する

プラグインはRubyMineのコア機能を拡張します。バージョン管理システム、アプリケーションサーバー、その他のツールとの統合を提供、さまざまな言語およびフレームワークに対するコーディング支援サポートを追加する、ショートカットヒント、ライブプレビュー、ファイルウォッチャーなどを使用して、生産性をBoo...

ソースコードナビゲーション

さまざまなアクションやポップアップを使用して、エディター内のコードを素早くナビゲートすることができます。RubyMineで利用可能なナビゲーションオプションをチェックするためにビデオチュートリアルを見ることから始めることができます。ファイルパスを探すエディターで を押すか、コンテキストメニューでF...

データベースツールウィンドウ

概要:データベースツールウィンドウから、データベースおよびDDLデータソースを操作するための機能にアクセスできます。データベース内のデータ構造を表示および変更したり、その他の関連タスクを実行したりできます。詳しくは、データベースツリービューのカスタマイズを参照してください。使用可能なデータソースは、...

バージョン管理ツール・ウィンドウ

このツールウィンドウは、プロジェクトのバージョン管理統合が有効な場合に使用できます。ツールウィンドウには、VCS関連の情報を表示したり、変更リストを管理したり、VCS固有のアクションを実行したり、他のチームメンバーの変更を表示するなど、いくつかのビュー/タブが用意されています。コンソールタブ:このタ...

正規表現の構文リファレンス

このセクションは、検索と置換の作成、およびナビゲーションパターンの発行に使用できるregexp構文の概要です。RegEx構文リファレンス:次の文字を特殊文字またはリテラルとしてマークします: たとえば:nは文字nに一致します。"\n" は改行文字と一致します。シーケンスはと一致し、はと一致します。入...