RubyMine 2020.2 ヘルプ

Rails アプリケーションを実行する

RubyMine を使用すると、構成済みの始動パラメーターのセット - 実行 / デバッグ構成を使用して、Rails アプリケーションを実行またはデバッグできます。たとえば、Rails の実行 / デバッグ構成には、サーバータイプ(Puma や Passenger など)、IP アドレスとポート、環境(デフォルトでは開発)などのパラメーターを指定できます。Rails プロジェクトの場合、RubyMine は、対応する Rails 環境(英語)を使用して、開発および実動の実行 / デバッグ構成を自動的に作成することに注意してください。

このトピックでは、次の方法を示します。

構成せずに Rails サーバーを実行する

設定を行わずに Rails サーバーを初めて実行するには、次の手順を実行します。

  1. Ctrl を 2 回押します。

  2. 呼び出されたポップアップに rails server コマンドを入力し、Enter を押します。

  3. RubyMine が Rails サーバーを起動するまで待ちます。実行ツールウィンドウにアプリケーションの出力が表示されます。

    Run tool window / run Rails application

Rails サーバーを実行した後、RubyMine は特別なプロファイル(一時的な実行 / デバッグ構成)を自動的に作成します。サーバーの種類、IP アドレスとポート、環境など、この構成の設定をカスタマイズできます。その後、カスタマイズした構成を保存して、将来この構成をすばやく実行できます。

実行 / デバッグ構成を使用して Rails サーバーを実行する

以下のいずれかの方法で、既存の実行 / デバッグ構成で Rails サーバーを実行できます。

  • Ctrl を 2 回押して、なんでも実行ポップアップを呼び出します。必要な設定名の入力を開始し、リストからそれを選択して Enter を押します。

    Run Anything / run configuration
  • ツールバーで目的の構成を選択し、Run Shift+F10 をクリックします。

    Run selected configuration
  • メインメニューから実行 | 起動構成の実行 ... Alt+Shift+F10 を選択し、リストから目的の構成を選択して Enter を押します。

    Select run configuration

Rails サーバーのパラメーターを構成する

Rails サーバーを初めて実行すると、RubyMine は対応する Rails 一時構成を自動的に作成し、保存できます。必要に応じて、事前定義されたテンプレートから手動Rails 実行 / デバッグ構成を作成できます。

実行 / デバッグ構成をカスタマイズするには、次の手順を実行します。

  1. 以下のいずれかの方法で実行 / デバッグ構成ダイアログを開きます。

    • メインメニューから実行 | 構成の編集を選択します。

    • ナビゲーションバーが表示された状態(表示 | 外観 | ナビゲーションバー)で、実行 / デバッグ構成セレクターから構成の編集を選択します。

      Edit run configurations

    • Alt+Shift+F10 を押してから 0 を押すか、ポップアップから構成を選択して F4 を押します。

  2. 開いた実行 / デバッグ構成ダイアログで、Rails グループで必要な構成を選択し、その設定を指定します。

    Run/Debug Configurations: Rails

    例:構成タブで次の設定を指定できます。

    オプション 説明
    サーバー アプリケーションを実行するための Web サーバーを指定します。に対応する gem をインストールする必要がありますプロジェクト SDK (たとえば、乗客(英語)の Passenger サーバー用 gem)。
    IP アドレス Rails サーバーにアクセスできる IP アドレスを指定します。
    ポート Rails サーバーの実行に使用されるポートを指定します。
    サーバーの引数 オプションのサーバー引数を入力します。ターミナルエミュレータrails server --help コマンドを実行して、利用可能な引数について詳しく知ることができます。
    環境 サーバーを実行するために必要な Rails 環境を選択します。
    ダミーアプリ このオプションは Rails 搭載エンジンプロジェクトに対してのみ有効です。ここで、ダミーディレクトリへの絶対パスを指定します。このパスは、エンジンを実行するために必要です。
    ブラウザーの実行 このオプションを使用すると、デフォルトのブラウザーでアプリケーションを自動的に開くことができます。
    自動的に JavaScript デバッガーを起動する このオプションを有効にすると、JavaScript デバッガーが起動しますFirefox および Chrome では JavaScript デバッグを使用できることに注意してください。
    環境変数

    環境変数(英語)のリストを名前と値のペアとしてセミコロンで区切って指定します。または、省略記号ボタンをクリックして変数を作成し、環境変数ダイアログでそれらの値を指定します。

    Ruby 引数

    Ruby インタープリターに渡されるコマンドライン引数(英語)を指定します。

    Ruby SDK サーバーの実行に使用される Ruby インタープリターを指定します。プロジェクトのデフォルト Ruby SDK を選択するか、構成された Ruby SDK のリストから別のプロジェクトを選択できます。

アプリケーションを再実行する

起動したアプリケーションを再実行するには、次の手順に従います。

  1. 実行ツールウィンドウで、目的のアプリケーションが開かれているタブを選択します。

  2. 実行ツールウィンドウのツールバーで、Rerunボタン Ctrl+F5 をクリックします。

最終更新日 : 2020 年 8 月 27 日

関連ページ:

実行 / デバッグ構成

RubyMine は、実行 / デバッグ構成を使用して、Ruby および Rails アプリケーションを実行およびデバッグし、テストを実行し、普遍的な方法でコードをデプロイする機能を提供します。実行 / デバッグ構成には、目的のコマンドをすばやく実行できるようにするデフォルトの起動パラメーターセット...

サービスツールウィンドウ

サービスツールウィンドウには、ソフトウェア開発中に役立つさまざまなサービスが含まれます。実行 / デバッグ構成、アプリケーションサーバー、データベースセッション、Docker 接続など。プラグイン開発者は IntelliJ プラットフォーム API を通して他のサービスを追加することができます。メイ...

ユーザー・インターフェース

RubyMineでプロジェクトを開くと、デフォルトのユーザーインターフェースは次のようになります。ナビゲーション・バー、プロジェクトツールウィンドウ、エディター、ポップアップ・メニュー、コンテキスト・メニュー、実行ツールウィンドウ、ステータス・バー、プラグインのセットと構成設定によっては、IDEの外...

Ruby インタープリターを構成する

RubyMine で Ruby プロジェクトを使用するには、必要な Ruby インタープリターを構成する必要があります。現在開いているプロジェクトまたは新しいプロジェクトの作成時にインタープリターを設定できます。Ruby インタープリターの構成は、インストール方法によって異なります。パッケージマネー...

ターミナル

RubyMine には、IDE 内からコマンドラインシェルを操作するための組み込みターミナルエミュレータが含まれています。専用のターミナルアプリケーションに切り替えることなく、Git コマンドの実行、ファイルのアクセス許可の設定、その他のコマンドラインタスクの実行に使用します。ターミナルエミュレータ...

Rails搭載エンジンプロジェクト

ダミーディレクトリへのパスを定義するRailsマウント可能エンジンプロジェクトで、Rails実行/デバッグ構成を編集用に開きます。構成タブで、ダミーアプリオプションを使用してテスト/ダミープロジェクトディレクトリへのパスを指定します。変更を適用するには、OKをクリックします。Rails搭載エンジンを...