RubyMine 2020.2 ヘルプ

Ruby バージョンマネージャー

Linux または macOS に Ruby をインストールする最も一般的な方法は、バージョンマネージャー(RVM や rbenv など)を使用することです。バージョンマネージャーを使用すると、マシンに複数の Ruby バージョンをインストールして、すばやく切り替えることができます。RubyMine は、ローカルマシンにインストールされ、次のバージョンマネージャーによって管理されるインタープリターを自動的に検出します。

既存のプロジェクトの Ruby SDK および Gems ページで Ruby インタープリター(RVMrbenv の gemsets)を切り替え、新しいプロジェクトを作成するときに目的のインタープリターを選択できます。

Ruby インタープリター / gemset の自動切り替え

バージョンマネージャーは、プロジェクトの Ruby バージョンと gemset の自動切り替えに使用されるさまざまなタイプの構成ファイルをサポートしています。例:次のいずれかの方法で、Ruby インタープリターのバージョンを 2.6.3 に、gemset を sample_rails_app に設定できます。

  • .ruby-version / .ruby-gemset ファイルの使用

    ruby-2.6.3
    sample_rails_app
  • .versions.conf ファイルの使用

    ruby=2.6.3 ruby-gemset=sample_rails_app

対応する Ruby バージョンがインストールされ、gemset が存在する場合、RubyMine は自動的にプロジェクトインタープリターと gemset をプロジェクトの開始に切り替えます。

リモート Ruby インタープリター

RubyMine を使用すると、バージョン管理を使用して管理されるリモート Ruby インタープリターを使用できます。この場合、リモートインタープリターを構成するときに、バージョンマネージャーの実行可能ファイルへのパスを指定する必要があります。たとえば、次の表に Linux の一般的なパスを示します。

バージョンマネージャー 実行可能ファイルパス
RVM

シングルユーザーモード : /home/jetbrains/.rvm/bin/rvm (jetbrains ユーザー向け)

マルチユーザモード : /usr/local/rvm/bin/rvm

ミックスモード : /usr/share/rvm/bin/rvm

rbenv

/home/jetbrains/.rbenv/bin/rbenv (jetbrains ユーザー向け)

/usr/bin/rbenv

chruby

/usr/local/share/chruby/chruby.sh

asdf

/home/jetbrains/.asdf/bin/asdf (jetbrains ユーザー向け)

使い方 : Ruby インタープリターのデバッグ検出

バージョンマネージャーによって管理されているローカル Ruby インタープリターの検出に課題がある場合は、以下の手順に従って課題の原因を特定してください。

  1. RubyMine を開き、ヘルプ | 診断ツール | デバッグログ設定に移動します。

  2. 呼び出されたダイアログで、バージョンマネージャーのロガー識別子を指定します。

    • RVM: #org.jetbrains.plugins.ruby.version.management.rvm.RvmSdkRefresher

    • rbenv: #org.jetbrains.plugins.ruby.version.management.rbenv.RbenvSdkRefresher

    • chruby: #org.jetbrains.plugins.ruby.version.management.chruby.ChrubySdkRefresher

    • asdf: #org.jetbrains.plugins.ruby.version.management.asdf.AsdfSdkRefresher

    Custom Debug Log Configuration dialog

    OK をクリックします。

  3. RubyMine を再起動してください。

  4. ログファイルを開き、次のように、バージョンマネージャーに対応するエントリが含まれていることを確認します。

    2018-07-30 16:57:18,237 [7350] DEBUG - management.asdf.AsdfSdkRefresher - Refreshing sdks
  5. 課題を作成するとログを添付します。

最終更新日 : 2020 年 7 月 15 日

関連ページ:

Ruby インタープリターを構成する

RubyMine で Ruby プロジェクトを使用するには、必要な Ruby インタープリターを構成する必要があります。現在開いているプロジェクトまたは新しいプロジェクトの作成時にインタープリターを設定できます。Ruby インタープリターの構成は、インストール方法によって異なります。パッケージマネー...

初めての Rails アプリケーションを作成して実行する

このチュートリアルでは、RubyMine で最も単純な Rails プロジェクトを作成して実行する方法を説明します。このチュートリアルを始める前に、次のことを行ってください。使用しているプラットフォーム用のRuby ディストリビューションをダウンロードしてインストールします。Node.jsおよびY...

WSL

RubyMine を使用すると、ローカルプロジェクトで Windows Subsystem for Linux(WSLおよび WSL 2)にインストールされているリモート Ruby インタープリターを使用できます。次の Linux ディストリビューションがサポートされています。Ubuntu、ope...

ヘルプ

RubyMine とが必要ですか?YouTrack、ディスカッションフォーラム、Twitterで回答を探すか、RubyMine チームにメールで連絡してください。情報を探す場所 :情報源YouTrack: JetBrains 追跡システム、JetBrains コミュニティフォーラム: 新しいことを...

Bundler

RubyMine はBundlerとの統合をサポートし、IDE 内でアプリケーションの gem 依存関係を処理できるようにします。Bundler をインストールする :原則として、インストールされている Ruby インタープリターには Bundler がインストールされています。そうでない場合は、次...