RubyMine 2020.2 ヘルプ

テストを実行する

RubyMine は、テストを実行およびデバッグする便利な方法を提供します。テストを含むテストファイルまたはディレクトリのコンテキストメニューからテストを実行したり、エディターのガターから、またはインテンションアクションを使用して特定のテストを実行したりできます。これらのアクションはすべて、テスト実行 / デバッグ構成を作成します。実行 / デバッグ構成を使用して、カスタマイズされたパラメーターでテストの特定のサブセットを実行できます。

Test results

テストの実行

プロジェクトビューからテストを実行する

プロジェクトビュー Alt+1 から 1 つまたは複数のテストを実行するには、以下の手順に従います。

  1. 特定のテストファイル、または必要なテスト( testspecfeatures など)を含むディレクトリを右クリックします。

  2. 使用するテストフレームワークに応じて、コンテキストメニューから実行 'All tests in <directory name>' または実行 'All specs in <directory name>' を選択します。

    Run all tests in a directory

エディターからテストを実行する

エディターからテストを実行するには、次の手順を実行します。

  1. テストファイルで、次のいずれかを実行します。

    • 必要なテストまたはテストクラスの横にあるガターの実行ボタンをクリックします。

      Run a specific test
    • 必要なテストまたはテストクラス名にキャレットを置き、Alt+Enter を押します。

  2. 実行 '<test name>' を選択し、Enter を押します。

RubyMine が実行され、実行ツールウィンドウにテスト結果が表示されます。一部のテストが失敗した場合、再実行できます。テスト結果の表示と調査のテスト結果を探索する方法を学びます。

テストを実行した後、RubyMine は特別なプロファイル(一時的な実行 / デバッグ構成)を自動的に作成します。この構成の設定カスタマイズできます。たとえば、タスクの引数を渡したり、環境変数を指定したりできます。その後、カスタマイズした構成を保存して、将来この構成をすばやく実行できます。

Rake タスクを使用してテストを実行する

Rake タスクを使用してテストを実行するには、次の手順を実行します。

  1. メインメニューからツール | Rake タスクの実行 Ctrl+Alt+R を選択します。

  2. 呼び出されたポップアップで、テストを実行する Rake タスクの名前の入力を開始します(例: rake test または rake spec:controllers)。

  3. リストから目的の Rake タスクを選択し、Enter を押します。

定義済みの設定を使ってテストを実行する

作成済みの実行構成を使用してテストを実行するには、次のいずれかを実行します

  • Ctrl を 2 回押して、なんでも実行ポップアップを呼び出します。必要な設定名の入力を開始し、リストからそれを選択して Enter を押します。

  • ツールバーで目的の構成を選択し、Run Shift+F10 をクリックします。

  • メインメニューから実行 | 起動構成の実行 ... Alt+Shift+F10 を選択し、リストから目的の構成を選択して Enter を押します。

テストに戻る

テストセッションを再開する

  • Ctrl+F5 を押すか、ツール実行ウィンドウのツールバーの再実行ボタンthe Run buttonをクリックします。

個別のテストを再開する

  • 実行ツールウィンドウで、テストを右クリックして <test_target> を実行します。を選択します。

テストを自動的に再実行する

RubyMine を使用すると、ソースコードが変更されている場合に、テストの実行 / デバッグ構成を自動的に再実行できます。

  • 実行ツールウィンドウで自動テストの切り替えボタンthe Toggle Auto-Test buttonを押します。

失敗したテストの再実行

RubyMine では、すべてのテストを再実行する代わりに、失敗したテストのみを再実行できます。

  • 失敗したテストを再実行するには、実行ツールウィンドウの失敗したテストの再実行ボタンthe Rerun Failed Tests buttonをクリックします。

失敗したテストをデバッグする

  1. 失敗したテストにブレークポイントを配置します。

  2. 実行ツールウィンドウで、Shift を押し、失敗したテストの再実行ボタンThe Rerun Failed Tests buttonをクリックします。

  3. 失敗したテストを再開するポップアップからデバッグを選択します。

テストの実行を停止する

  • 実行ツールウィンドウで、停止ボタンthe Stop buttonをクリックします。または、Ctrl+F2 を押します。

最終更新日 : 2020 年 8 月 27 日

関連ページ:

デバッガセッションを開始する

RubyMineを使用すると、Rubyスクリプト、Railsアプリケーション、およびテストをデバッグできます。デバッガーセッションの開始は、コードの実行と非常に似ています。デバッガーはバックグラウンドで接続されているため、デバッガーセッションを開始するために特別な設定を行う必要はありません。以下のト...

インテンション・アクション

エディターで作業するときに、RubyMineはコードを分析し、コードを最適化する方法を検索し、潜在的な問題と実際の問題を検出します。IDEがコードを変更する方法を見つけるとすぐに、エディターの現在の行の横に黄色い電球アイコンが表示されます。このアイコンをクリックすると、このコード単位で使用可能なイン...

実行 / デバッグ構成

RubyMine は、実行 / デバッグ構成を使用して、Ruby および Rails アプリケーションを実行およびデバッグし、テストを実行し、普遍的な方法でコードをデプロイする機能を提供します。実行 / デバッグ構成には、目的のコマンドをすばやく実行できるようにするデフォルトの起動パラメーターセット...

テスト

RubyMine は、Ruby / Rails アプリケーションのテストに使用される最も一般的なフレームワークとの統合を提供します。複数または個別のテストを実行したり、テストとテスト対象間を移動したり、不足しているテストを作成したりできます。サポートされているテストフレームワーク / ライブラリ :...

テスト結果の表示と調査

テストを実行すると、実行ツールウィンドウに進行状況とテストセッションの結果が表示されます。ここでは、テストの統計を表示したり、スタックトレースに移動したり、成功したテストを表示または非表示にしたりできます。アプリケーションの実行と同じ方法で、テストの実行を再実行および終了できます。一般的な実行アクシ...

テストの実行 / デバッグ構成

初めてテストを実行するとき、RubyMine は対応するRSpecまたはTest::Unit / Shoulda / MiniTestの一時的な構成を自動的に作成し、保存できます。必要に応じて、事前定義されたテンプレートから必要なテスト実行 / デバッグ構成を手動で作成できます。テスト設定を作成する...