RubyMine 2018.3ヘルプ

RubyMineエディター

基本

RubyMineエディターは、ソースコードを作成および修正するための強力なツールです。他のIDEのエディターとして、それはのような基本的な機能をサポートブックマークブレークポイント、の構文の強調表示コード補完ズームコードブロックなどを折りたたみ、ありますが、しかし、マクロTODO項目を強調表示し、コード解析、などの高度な機能の多くインテンションアクションインテリジェントかつ迅速なナビゲーション、およびより多くの。

編集環境を設定するには、エディター設定ページとその子ページを使用します。いくつかのキーストロークでカラースキーム、テーマ、キーマップなどを変更できるスキームのクイック切り替えコマンドもあります。

エディターはタブベースです。エディタータブによるすべての操作は、タブのコンテキストメニューまたはメインメニューのウィンドウ | エディター・タブノードから使用できます。

アクティブ・エディター

ファイルを編集用に開くと、そのファイルは独自のタブで開きます。現在作業中のエディターアクティブなエディターです。

メインメニューの表示 | アクティブ・エディターノードのコマンドを使用して、アクティブエディターの動作を変更することができます。

Active Editor

あるいは、アクションの検索またはどこでも検索からアクティブなエディターに関連するコマンドを呼び出すこともできます。

Active Editor

編集部

rm uiEditor
1.エディター領域
この領域を使用して、ソースコードを入力して編集します。編集者は、多数のコーディング支援機能を提案しています。詳細については、このノードのセクションを参照してください。
2.ガター領域
左ガターは、コードに関する追加情報を提供し、コード構造、ブックマーク、ブレークポイント、スコープインジケータ、変更マーカー、および任意のコードブロックを非表示にするコードの折りたたみ線を識別するさまざまなアイコンを表示します。

左ガターの動作を変更することができます。

例:ガターアイコンを隠すことで、左ガターを薄くすることができます。これはアクティブなエディター、または新しく作成されたすべてのエディターに対して行われます。

左のガターの動作を変更するには、エディター設定の外観ページかエディター・ガター・ポップアップ・メニューどこでも検索アクションを使用して呼び出す)のいずれかを使用します。

Editor Gutter Popup

デフォルトでは、このコマンドはどのキーボードショートカットにもマッピングされていません。セクションキーボードショートカットの設定の説明に従って、独自のショートカットを作成することができます。

3. スマート補完ポップアップ
これは、メソッド名、関数、タグ、および入力している他のキーワードを示唆する重要な編集補助機能の1つです。
4.ドキュメントタブ
作業中の複数のドキュメント間での迅速なナビゲーションを可能にします。タブをクリックするとその内容が前面に表示され、アクティブなエディターで編集できるようになります。

タブ間を移動するには、キーボードショートカット Alt+Right または Alt+Leftを使用します。

Ctrl / キーを押しながらタブをクリックすると、外部のブラウザでファイルパスを開くことで、ファイルパスの任意の部分をナビゲートできます。

タブのコンテキストメニューは、エディターで開いたファイルに適用可能なすべてのコマンドを提供します。たとえば、次のようになります。

デフォルトでは、タブヘッダーはエディターの上部に表示されますが、RubyMine設定(Ctrl+Alt+S)のエディター | 一般 | エディター・タブページでその位置を変更することができます。

5.バリデーションサイドバー/マーカーバー
これは編集領域の右側にあるバーです。コードが大丈夫か、エラーや警告が含まれているかによって、上に緑色、赤色、黄色のボックスが表示されます。このバーには、誤ったコード、変更された行、検索結果、またはTODO項目に正確にジャンプできるアクティブな赤、黄、白、緑、青のナビゲーションストライプも表示されます。
最終更新日: 2019年1月10日

関連事項