RubyMine 2019.3ヘルプ

デバッグ

RubyMineは、ERBおよびHAMLファイルを含むRubyコードのデバッガーを提供します。Ruby 2.0+プロジェクトのデバッグには、プロジェクトSDKにインストールされたdebase(英語)およびruby-debug-ide(英語) gemsが必要です。これらのgemsがインストールされていない場合、RubyMineは、初めてデバッグを実行するときにこれを行うことを提案します。

Install debugging gems

一般的なデバッグ手順

  1. (オプション)設定/環境設定 | ビルド、実行、デプロイ | デバッガーページでデバッガー設定を構成します。

  2. 必要に応じて、既存の実行/デバッグ構成を作成または変更します。

  3. コードにブレークポイントを配置します。

  4. デバッガセッションを開始します

  5. デバッグセッション中に、プログラムの状態を調べます。変数値の確認、式の評価など。デバッグ・コンソールを使用してこれを行うこともできます。

  6. プログラムのステップ・スルー

最終更新日: 2020年1月30日

関連ページ:

Rubyインタープリターを構成する

RubyMineを使用すると、現在のプロジェクトまたは新しく作成したプロジェクトに必要なRubyインタープリターを選択できます。IDEは、ローカルマシンにインストールされバージョンマネージャーによって管理されているインタープリターを自動的に検出します。さらに、ローカルまたはリモートインタープリター(...

デバッガセッションを開始する

RubyMineを使用すると、Rubyスクリプト、Railsアプリケーション、およびテストをデバッグできます。デバッガーセッションの開始は、コードの実行と非常に似ています。デバッガーはバックグラウンドで接続されているため、デバッガーセッションを開始するために特別な設定を行う必要はありません。以下のト...

実行/デバッグ構成

RubyMineは、実行/デバッグ構成を使用して、RubyおよびRailsアプリケーションを実行およびデバッグし、テストを実行し、普遍的な方法でコードをデプロイする機能を提供します。実行/デバッグ構成には、目的のコマンドをすばやく実行できるようにするデフォルトの起動パラメーターセットが用意されていま...

ブレークポイント

ブレークポイントは、特定の時点でプログラムの実行を中断してその動作を調べるためのソースコードマーカーです。設定すると、ブレークポイントは明示的に削除するまでプロジェクトに残ります(一時行ブレークポイントを除く)。ブレークポイントを持つファイルが外部で変更された場合、たとえば、VCSを介して更新される...

中断されたプログラムを調べる

デバッガーセッションが開始されると、デバッグツールウィンドウが表示され、次のいずれかが発生するまでプログラムが正常に実行されます。ブレークポイントにヒット、プログラムを手動で一時停止する、その後、プログラムは中断され、現在の状態を調べたり、実行を制御したり、実行時にさまざまなシナリオをテストしたりで...

プログラムのステップ・スルー

ステップは、プログラムの段階的な実行を制御するプロセスです。RubyMineは、戦略に応じて使用される一連のステップアクションを提供します(たとえば、次の行に直接移動するか、途中で呼び出されたメソッドを入力する必要があるかなど)。ステップボタンは、デバッグツールウィンドウのツールバーにあります。ステ...