RubyMine 2020.2ヘルプ

WSL

RubyMineを使用すると、ローカルプロジェクトでWindows Subsystem for Linux(WSL(英語)およびWSL 2)にインストールされているリモート Rubyインタープリターを使用できます。次のLinuxディストリビューションがサポートされています。

必要に応じて、WSLで実行されるカスタムLinuxディストリビューションを使用できます。

WZをリモートインタープリターとして構成する

インタープリターを設定するには、次の手順を実行します。

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sを開き、言語&フレームワーク | Ruby SDK および Gemページに移動します。

  2. Add icon をクリックし、ドロップダウンメニューから新規リモート…を選択します。

    New remote

  3. 呼び出されたダイアログで、WSLを選択します。

    Configure Remote Ruby Interpreter

    目的のLinuxディストリビューションを選択します。

    Rubyまたはバージョンマネージャーのパスで、Rubyインタープリターまたはバージョンマネージャーの実行可能ファイルへのパスを指定します。OKをクリックしてください。

  4. (オプション)前のダイアログで実行可能なバージョンマネージャーへのパスを指定した場合、RubyMineは、リモートアプリケーションの実行に使用されるRubyインタープリターの選択を提案します。

    Select Distribution

  5. Ruby SDK および Gemページで追加したSDKを選択します:

    Ruby SDK and Gems page
  6. (オプション)追加されたSDKを使用してリモートプロセスをデバッグする場合は、ローカルプロジェクトとリモートプロジェクトのファイル間のマッピングを指定します。これを行うには、パス・マッピングの編集 Edit Path Mappings ボタンをクリックします。プロジェクトパスマッピングの編集ダイアログで、ローカルとリモートプロジェクトのルートパスを指定します。

    Edit Project Path Mappings

カスタムWSLディストリビューション

RubyMineを使用すると、WSLで実行されるカスタムLinuxディストリビューション(英語)を使用できます。これは、WSLの検出後にRubyMineによって自動的に作成されたwsl.distributions.xml構成ファイルを編集することで実行できます。

カスタムディストリビューションを追加する

  1. %APPDATA%\JetBrains\<product><version>\config\options\wsl.distributions.xmlファイルを開きます。

  2. descriptor 要素を追加して、カスタムディストリビューションにアクセスするための設定を指定します。 id 値は一意である必要があります。例:

    <!-- ... --> <descriptor> <id>DEBIAN_CUSTOM</id> <microsoft-id>Debian</microsoft-id> <executable-path>debian-custom.exe</executable-path> <presentable-name>Debian GNU/Linux - Custom</presentable-name> </descriptor> <!-- ... -->

    executable-path を指定する方法は2つあります。

    • カスタムディストリビューションの実行可能ファイル名を指定してください。この場合、RubyMineは%LOCALAPPDATA%\Microsoft\WindowsAppsでカスタムディストリビューションを見つけます。

    • カスタムディストリビューション実行可能ファイルへの絶対パスを指定してください。

  3. RubyMineを再起動し、で説明したように リモートインタープリターとしてあなたのカスタムディストリビューションを追加してください。

    Configure Remote Ruby Interpreter
最終更新日: 2020年8月19日

関連ページ:

Rubyバージョンマネージャー

LinuxまたはmacOSにRubyをインストールする最も一般的な方法は、バージョンマネージャー(RVMやrbenvなど)を使用することです。バージョンマネージャーを使用すると、マシンに複数のRubyバージョンをインストールして、すばやく切り替えることができます。RubyMineは、ローカルマシンに...

チュートリアル: リモートプロセスへのアタッチ

RubyMineを使用すると、ローカルまたはリモートコンピューター上の実行中のプロセスにアタッチできます。この機能により、IDEから直接起動できないアプリケーションをデバッグできます。このトピックでは、この機能を使用して、リモートマシンで実行されているサンプルRailsアプリケーションをデバッグしま...

チュートリアル: リモートインタープリターとしてのDocker Compose

Dockerは、コンテナー化されたアプリケーションを構築、共有、実行するためのツールです。RubyMineはDockerとの統合を提供し、イメージの構築から実行中のコンテナー内でのコマンドの実行まで、プロジェクトで必要なすべてのアクションを実行できます。さらに、RubyMineを使用すると、実行中の...

Vagrant

Vagrantは、Vagrantfile構成ファイルによって定義された仮想マシン環境を構築および管理するためのツールです。RubyMineはVagrantとの統合を提供し、Vagrant環境の初期化からVagrantコマンドの実行まで、プロジェクトで必要なすべてのアクションを実行できます。さらに、R...