RubyMine 2020.2ヘルプ

Rubyインタープリターを構成する

RubyMineでRubyプロジェクトを使用するには、必要なRubyインタープリターを構成する必要があります。現在開いているプロジェクトまたは新しいプロジェクトの作成時にインタープリターを設定できます。

Rubyインタープリターの構成は、インストール方法によって異なります。

  • パッケージマネージャー(Ubuntuではapt、macOSではHomebrewなど)またはRubyインストーラー(たとえば、WindowsではRubyInstaller)を使用してRubyをインストールした場合は、手動で追加する必要があります。

  • バージョンマネージャーを使用してRubyをインストールした場合、RubyMineはインタープリターを自動的に検出するはずです。この場合、目的のバージョンを選択できます。

  • 分離された環境(Docker、Vagrant、WSLなど)にインストールされたRubyを使用している場合、RubyMineを使用してリモートインタープリターとして構成できます。

ローカルインタープリターを追加する

ローカルインタープリターを手動で追加するには、次の手順を実行します。

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+Sを開きます。

  2. Ruby SDK および Gemページで、add ボタンをクリックし、新規ローカルを選択します:

    New local interpreter
  3. Ruby実行可能ファイルへのパスを指定します。例:

    • /usr/local/bin/rubyを使用してmacOSにインストールされたRubyのHomebrew

    • Linuxにaptを使用してインストールされたRubyの/usr/bin/ruby

    • C:\Ruby26-x64\bin\ruby.exeを使用してWindowsにインストールされたRubyのRubyInstaller

    RubyMineは、自動的に検出されたインタープリターとともに、追加されたインタープリターを表示します。

    Ruby SDK and Gems page
  4. リストからインタープリターを削除するには、インタープリターを選択して、remove ボタンをクリックします。

自動検出されたインタープリターを選択してください

Ruby SDKおよびGemsページでインタープリターを選択する

バージョンマネージャーによって管理されている自動検出されたRubyインタープリターを選択するには、次の手順に従います。

  1. 設定/環境設定ダイアログ Ctrl+Alt+S を呼び出して、Ruby SDK および Gemページに移動します。

  2. 必要なRubyインタープリターを選択します。RVMおよびrbenvバージョンマネージャーのgemsetを選択することもできます。

    Ruby SDK and Gems page

  3. 選択したRubyインタープリター/ gemsetの場合は、右側にインストールされているgemsが表示されます。Ruby gemsのサポートについて詳しくは、Bundlerを参照してください。

なんでも実行を使用してインタープリターを切り替える

RVMまたはrbenvを使用してローカルRuby SDKを管理する場合は、なんでも実行を使用して必要なインタープリターをすばやく設定できます。

  1. Ctrl を2回押します。

  2. 呼び出されたポップアップで、rvm use または rbenv shellと入力し始め、必要なインタープリターを選択して Enterを押します。

  3. (オプション)必要に応じて、変更されたSDKについて知らせるポップアップのロールバックボタンをクリックします。

リモートインタープリターを追加する

Docker、Vagrant、Windows Subsystem for Linux(WSL)などのさまざまなリモート開発ツールを使用すると、アプリケーションを開発するための分離された環境を使用できます。これは、たとえば次のような場合に、複数のケースで役立ちます。

  • ローカルマシン構成への影響を回避するために、隔離された環境で開発してください。

  • デプロイするのと同じオペレーティングシステムでアプリケーションを実行、デバッグ、テストします。

  • Windows Subsystem for Linuxを使用してLinuxにデプロイされたアプリケーションを開発します。

Docker Compose、Vagrantボックス、またはWSLを使用して、リモート環境で目的のRuby / Railsセットアップを準備できます。次に、RubyMineにリモート Rubyインタープリターを追加し、IDEから直接、隔離された環境でアプリケーションを実行デバッグ、およびテストできます。

リモート Rubyインタープリターを設定するには、次の手順を実行します。

  1. ツールバーで、addをクリックし、新規リモート...を選択します。

    New remote interpreter

  2. リモート Ruby インタープリターの構成ダイアログで、必要なオプション(SSH、Docker Composeなど)を選択し、必要な設定を指定します。

    Configure remote ruby interpreter

    リモートインタープリターを使用している場合、RubyMineはリモートマシンからローカルキャッシュにgemsをダウンロードして、コードインサイト機能を使用できることに注意してください。この場合、新しいgemsがIDE外のリモートマシンにインストールされた場合があります。ローカルキャッシュに保存されているgemsのセットを更新するには、Ruby SDK および Gemページのgemsを同期させる Synchronize gems ボタンをクリックします。

  3. (オプション)ローカルプロジェクトとリモートプロジェクトのファイル間のマッピングを指定します。これを行うには、Edit Path Mappings ボタンをクリックします。プロジェクトパスマッピングの編集ダイアログで、ローカルおよびリモートプロジェクトのルートパスを指定します。

    Edit Project Path Mappings

    RubyMineは、Vagrant 同期フォルダー(英語)、WSLマッピングなどを検出することに注意してください。これらのマッピングはこのダイアログにリストされ、変更できません。

最終更新日: 2020年8月28日

関連ページ:

プロジェクト

RubyMineで何をしても、プロジェクトのコンテキストでそれを行います。プロジェクトは、完全なソフトウェアソリューションを表す組織単位です。これは、コーディング支援、一括リファクタリング、コーディングスタイルの一貫性などの基盤として機能します。RubyMineのプロジェクトはディレクトリベースのフ...

Ruby開発環境をセットアップする

このトピックでは、開発マシンでローカルRuby / Rails環境を準備する方法と、RubyMineがこのセットアップでの作業にどのように役立つかについて概要を説明します。前提条件の依存関係をインストールする:RubyMine は、Ruby(Ruby MRI)のリファレンス実装と、JRubyやTru...

Rubyバージョンマネージャー

LinuxまたはmacOSにRubyをインストールする最も一般的な方法は、バージョンマネージャー(RVMやrbenvなど)を使用することです。バージョンマネージャーを使用すると、マシンに複数のRubyバージョンをインストールして、すばやく切り替えることができます。RubyMineは、ローカルマシンに...

Bundler

RubyMineはBundlerとの統合をサポートし、IDE内でアプリケーションのgem依存関係を処理できるようにします。Bundlerをインストールする:原則として、インストールされているRubyインタープリターにはBundlerがインストールされています。そうでない場合は、次のいずれかの方法でプ...

なんでも実行

RubyMineは、スクリプトとアプリケーション、Rakeタスク、Railsジェネレータなどを実行するさまざまな方法を提供します。ショートカット、メニューコマンド、またはターミナルを使用して、これらのアクションをすべて実行できます。RubyMineを使用すると、さまざまな操作に単一のエントリポイント...

Railsアプリケーションを実行する

RubyMineを使用すると、構成済みの始動パラメーターのセット-実行/デバッグ構成を使用して、Railsアプリケーションを実行またはデバッグできます。たとえば、Railsの実行/デバッグ構成には、サーバータイプ(PumaやPassengerなど)、IPアドレスとポート、環境(デフォルトでは開発)な...