JetBrains Rider 2020.3 ヘルプ

XPath ビューアー

このページは、XPath ビュー + XSLT サポートプラグインが有効な場合に表示されます。このページでは、XPath 式の対話式実行中に JetBrains Rider の動作を設定します。

項目 説明
最初のヒットを可視領域にスクロールする このチェックボックスを選択すると、エディターが自動的に最初の XPath にスクロールします。
コンテキストノードとしてカーソルを使用する このチェックボックスをオンにすると、入力した XPath 式で現在選択されているノード(タグ / 属性 / pi など)がそのコンテキストノードとして使用され、このノードに対して式が評価されます。
タグ全体のコンテンツではなく開始タグのみをハイライトする

以下のいずれか 1 つを実行します:

  • 一致するタグの名前のみをハイライトするには、このチェックボックスを選択します。

  • このチェックボックスをオフにすると、一致するタグの内容全体がハイライトされます。

結果ごとにエラーストライプマーカーを追加する このチェックボックスを選択すると、各マッチにエラーストライプマーカーが表示され、すぐにナビゲートできます。各マーカーのツールチップには一致するコンテンツが表示されます。
ツールバーにアクションを表示する このチェックボックスを選択すると、XPath に関連するアクションを呼び出すボタンがメインツールバーに表示されます。
メインメニューにアクションを表示する このチェックボックスをオンにすると、メインメニューから XPath 関連のアクションを使用できます。

このエリアでは、XPath 式の実行中にカラー表示を設定します。カラーボックスをクリックすると色を選択しますダイアログが開き、現在のカラー表示を変更することができます。

  • ハイライト色 : エディターで XPath の一致を示す色を選択します。

  • コンテキストノード色 : 現在のコンテキストノードを示す色を選択します。

関連ページ:

ディレクトリベースの設定

Rider 設定ダイアログでは、ページアイコンを見て、特定のページに使用されている設定管理メカニズムを確認できます。任意のアイコンでマークされていないページは、ユーザープロファイルに保存されている IDE 設定をホストします。ソリューションレベルと IDE レベルの設定:IntelliJ プラットフォームをベースにした Rider のフロントエンド機能の設定は、ディレクトリベースのフォーマットで、XML ファイルの 2 つの場所に保存されます。IDE レイアウト、優先キーマップ、エディター設...

XPath および XSLT のサポート

XSLT サポートは、ルート要素で XSLT-Namespace を宣言するすべての XML ファイルで使用できます。JetBrains Rider では、関数がドキュメント間のクエリを作成できるようにするなど、現在フォーカスのあるドキュメントに対して式を評価することができます。また、XPath で検索アクションを使用して、ファイル内検索スタイルの複数の XML 文書に対する式を評価することもできます。現在のエディターで一致する式をハイライトするか、検索ウィンドウに一致する行のリストを表示するよう...

dotTrace プロファイラーウィンドウ

このウィンドウでは、.NET アプリケーションのパフォーマンスのボトルネックをプロファイルして分析できます。dotTrace プロファイラーは、以下で構成されるマルチタブウィンドウです。収集されたスナップショットを開くために使用されるすべてのスナップショットタブ、プロファイリングセッションを制御するために使用されるプロファイリングタブ。収集されたパフォーマンススナップショットを分析するために使用される分析タブ。すべてのスナップショットタブ:すべてのスナップショットタブは、以前に収集されたスナッ...