JetBrains Rider 2020.2 ヘルプ

スクラッチファイル

場合によっては、一時的なメモを作成するか、プロジェクトコンテキストの外でコードを作成する必要があります。この目的で別のアプリケーションに切り替える代わりに、スクラッチファイルスクラッチバッファーを使用できます。

  • スクラッチファイルは完全に機能的なファイルで、構文のハイライト、コード補完、および対応するファイルタイプのその他すべての機能をサポートしています。例:あるプロジェクトで作業している間に、後で別のプロジェクトで使用できる方法についてのアイデアを思いつくかもしれません。メソッドのドラフトを使ってスクラッチファイルを作成することができます。このファイルはプロジェクトディレクトリには保存されていませんが、他のプロジェクトからアクセスして開くことができます。スクラッチファイルを使用して、コード構成、HTTP リクエスト、JSON ドキュメントなどをドラフトすることができます。

  • スクラッチバッファは、コーディング支援機能を持たない単純なテキストファイルです。スクラッチバッファは、簡単なタスクリストやノートに使用できます。また、プロジェクトディレクトリには格納されませんが、別のプロジェクトからアクセスして開くことができます。既定の名前で最大 5 つのスクラッチバッファを作成できます。既定の名前は、コンテンツを消去することによってローテーションして再利用されます。

スクラッチファイルとバッファは、エクスプローラーウィンドウスクラッチビューに表示されます。

C# インタラクティブを使用して、C# スクラッチファイルまたはその一部を実行できます。

C# スクラッチファイルを実行するには

  1. スクラッチファイル内のコードの目的の部分を選択します。 Ctrl+W で選択範囲を連続して拡大したり、Ctrl+A でファイル全体の内容を選択することができます。

  2. Alt+Enter を押します。

  3. アクションリストでインタラクティブ C# にセレクションを送るを選択します。

  4. JetBrains Rider はウィンドウを実行する新しいタブで新しい対話セッションを開始し、選択したコードをこのセッションに送ります。C# インタラクティブセッションがすでに実行中の場合、選択したコードがこのセッションに追加されます。

スクラッチファイルを作成する

  1. 以下のいずれか 1 つを実行します :

    • Ctrl+Alt+Shift+Insert を押します。

    • Ctrl+Shift+A を押し、scratch file の入力を開始し、対応するアクションを選択します。

  2. スクラッチファイルの言語を選択します。同じタイプのスクラッチファイルには自動的に番号が付けられ、プロジェクトツールウィンドウのスクラッチビューに追加されます。

スクラッチバッファを作成する

新しいスクラッチバッファを作成するアクション専用のメニュー項目はありませんが、アクションの検索ポップアップ Ctrl+Shift+A を使用して新規スクラッチバッファーアクションを実行できます。

また、キーボードショートカットをカスタマイズするに従って、新規スクラッチバッファーアクションのショートカットを作成することもできます。

JetBrains Rider は、buffer1.txt という名前のテキストファイルを作成します。次に作成するスクラッチバッファは buffer2.txt という名前で、buffer5.txt まで続きます。その制限に達すると、buffer1.txt が再作成され、その内容がクリアされることを提案します。スクラッチバッファーが 5 つ後に消去されないようにするには、名前を変更します。

    スクラッチのドキュメントを表示する

    • 任意のスクラッチファイルまたはバッファを選択し、Ctrl+Q を押して、ファイルの場所、タイプ、サイズ、作成、および変更日に関するクイックドキュメントを表示します。

    SQL スクラッチファイルを実行する

    SQL スクラッチファイルを実行するには、データソースへの接続が必要です。JetBrains Rider では、スクラッチファイルをクエリコンソールに添付する必要があります。

    コンソールを接続すると、SQL のオブジェクトが解決されます。これは、JetBrains Rider がコードで使用されている特定のオブジェクトを認識するようになったことを意味します。その結果、SQL コードからデータベースツリーに移動できます。

    • Ctrl+Enter を押すか、実行ボタンthe Run buttonをクリックします。セッションウィンドウで、クエリコンソールを選択します。

    • ウィンドウの右上にある <セッション> スイッチャーをクリックして、コンソールを選択します。スイッチャーメニューには、スクラッチファイルと同じ言語に関連付けられたコンソールが含まれています。

      別の DBMS からコンソールを接続する場合は、スクラッチファイルの言語を変更します。言語を変更するには、開いているスクラッチファイルの任意の領域を右クリックし、言語の変更 (<current_dialect>) をクリックします。

    • 開いているスクラッチファイルの任意の領域を右クリックし、実行をクリックします。セッションウィンドウで、クエリコンソールを選択します。

    他のファイルと同様に、スクラッチファイルを使用して次の操作を実行できます。

    最終更新日 :

    関連ページ:

    JetBrains Rider コードエディターの HTTP クライアント

    Web サービスをテストするときは、JetBrains Riderコードエディターで直接 HTTP リクエストを作成、編集、および実行できます。HTTP リクエストは.httpおよび.restファイルに保存され、アイコンでマークされます。HTTP ファイルのサポートには、以下の機能が含まれます。コー...

    エクスプローラーウィンドウ

    このツールウィンドウを使用すると、さまざまな観点からソリューションを確認したり、新しい項目(ディレクトリ、ファイル、クラスなど)の作成、エディターでのファイルの開き、目的のコードフラグメントへの移動などのタスクを実行できます。このツールウィンドウのほとんどの機能には、コンテンツペインのコンテキストメ...

    C# インタラクティブ

    JetBrains Rider にはRead – Eval – Print Loop (REPL)が含まれており、コンパイルせずに C# コードを試すことができます。新しい C# インタラクティブセッションを開始するエディターでコードのブロックを選択して を押すか、または を押してからイ...

    キーボードショートカットをカスタマイズする

    JetBrains Rider にはいくつかの事前定義されたキーマップが含まれており、頻繁に使用するショートカットをカスタマイズできます。キーマップ構成を表示するには、設定 / 環境設定ダイアログ を開き、キーマップを選択します。JetBrains Rider は、環境に基づいて事前定義された...

    ローカルヒストリー

    ローカルヒストリーは、バージョン管理に関係なく、プロジェクトファイルとその構造に加えられたすべての変更を常に追跡できます。特定のコミットの違いを示すバージョン管理システムとは異なり、ローカルヒストリーは、IDE と外部の変更の両方から行われたすべての意味のある変更のリビジョンを自動的に維持します。こ...

    汎用タスクサーバーを構成する

    JetBrains Rider は、すぐに使用できる多くのタスクトラッカーとの統合をサポートしています。ただし、JetBrains Rider がまだサポートしていないトラッカーを使用している場合、いわゆる汎用サーバーを構成してそれを統合できます。このチュートリアルでは、次の方法について説明します。...