JetBrains Rider 2020.2ヘルプ

キーボード・ショートカット: IntelliJキーマップ

このドキュメントを参照すると、使用するキーマップのキーボードショートカットが表示されます。ページ上部のセレクターで選択します。

Keyboard shortcuts selector in the documentation

Riderのトップキーボードショートカット

いろいろな検索

シンボルからのナビゲート

コマンドショートカット
宣言または使用箇所に移動Ctrl+B Ctrl+Click Right-click
型宣言にジャンプCtrl+Shift+B Ctrl+Shift+Click
使用箇所の表示Ctrl+Alt+F7
スーパー・メソッドに移動するCtrl+U
実装に移動Ctrl+Alt+B Ctrl+Alt+Click
次にナビゲート…Ctrl+Shift+G
使用箇所の検索Alt+F7
ファイル内の使用箇所を強調表示Ctrl+Shift+F7

コンテキストナビゲーション

コード解析

コードの作成と編集

コマンドショートカット
キャレットを前の文字に移動Ctrl+Left
キャレットを次の文字に移動Ctrl+Right
キャレットを行頭に移動Home
キャレットを行末に移動End
外側の宣言Alt+Shift+[
キャレットを一致する波括弧に移動Ctrl+Shift+M
キャレットをコード・ブロックの先頭に移動Ctrl+[
キャレットをコード・ブロックの最後に移動Ctrl+]
次のメソッドAlt+Down
前のメソッドAlt+Up
キャレットをページの先頭に移動Ctrl+Page Up
キャレットをページの最後に移動Ctrl+Page Down
ページ・アップPage Up
ページ・ダウンPage Down
キャレットをテキストの先頭に移動Ctrl+Home
キャレットをテキストの最後に移動Ctrl+End
すべて選択Ctrl+A
選択状態で左へShift+Left
選択状態で右へShift+Right
選択状態でキャレットを前の文字に移動Ctrl+Shift+Left
選択状態でキャレットを次の文字に移動Ctrl+Shift+Right
選択状態でキャレットを行頭に移動Shift+Home
選択状態でキャレットを行末に移動Shift+End
選択状態で上へShift+Up
選択状態で下へShift+Down
選択した宣言を選択Ctrl+Alt+Shift+[
選択状態でキャレットをコード・ブロックの先頭に移動Ctrl+Shift+[
選択状態でキャレットをコード・ブロックの最後に移動Ctrl+Shift+]
選択状態でキャレットをページの先頭に移動Ctrl+Shift+Page Up
選択状態でキャレットをページの最後に移動Ctrl+Shift+Page Down
選択状態でページ・アップShift+Page Up
選択状態でページ・ダウンShift+Page Down
選択状態でキャレットをテキストの先頭に移動Ctrl+Shift+Home
選択状態でキャレットをテキストの最後に移動Ctrl+Shift+End
選択範囲の拡張Ctrl+W
キャレット位置の文字選択を解除Ctrl+Shift+W
次の出現箇所の選択を追加Alt+J
コピーCtrl+C Ctrl+Insert
切り取りCtrl+X Shift+Delete
貼り付けCtrl+V Shift+Insert
フォーマットなしで貼り付けCtrl+Alt+Shift+V
貼り付け...Ctrl+Shift+V Ctrl+Shift+Insert
行またはブロックの複製Ctrl+D
パスのコピーCtrl+Shift+C
参照のコピーCtrl+Alt+Shift+C
すべて保存Ctrl+S
元に戻すCtrl+Z Alt+Backspace
選択範囲のインデントTab
選択範囲のインデント解除Shift+Tab
新しい行の追加Shift+Enter
現在の前に改行を開始Ctrl+Alt+Enter
行削除Ctrl+Y
大/小文字の切り替えCtrl+Shift+U
新規スクラッチ・ファイルCtrl+Alt+Shift+Insert
新規ウィンドウでソースを開くShift+F4

コーディング支援

ビルド、実行、デバッグ

リファクタリング

グローバルVCSアクション

ユニット・テスト

コマンドショートカット
ユニット・テスト・クイック・リスト...Alt+Shift+U
ユニット・テストの実行Ctrl+Semicolon, R Ctrl+Semicolon, Ctrl+R Ctrl+Shift+F10
ユニット・テストのデバッグCtrl+Semicolon, D Ctrl+Semicolon, Ctrl+D
実行の停止Ctrl+Semicolon, S Ctrl+Semicolon, Ctrl+S
前回の実行を繰り返しCtrl+Semicolon, T Ctrl+Semicolon, Ctrl+T
失敗したテストの再実行Ctrl+Semicolon, F Ctrl+Semicolon, Ctrl+F
失敗するまでテストを実行するCtrl+Semicolon, W Ctrl+Semicolon, Ctrl+W
ソリューションからすべてのテストを実行Ctrl+Semicolon, L Ctrl+Semicolon, Ctrl+L
新規セッションの作成Ctrl+Semicolon, N Ctrl+Semicolon, Ctrl+N
セッションにテストを追加Ctrl+Semicolon, A Ctrl+Semicolon, Ctrl+A
現在のセッションを実行Ctrl+Semicolon, Y Ctrl+Semicolon, Ctrl+Y
dotMemoryユニットでユニットテストを実行するCtrl+Semicolon, M Ctrl+Semicolon, Ctrl+M
選択したテストを実行するShift+Enter Ctrl+R
選択したテストのデバッグCtrl+D
現在のセッションを実行 (ツール・ウィンドウ)Ctrl+Y
失敗したテストの再実行 (ツール・ウィンドウ)
新規セッションの作成 (ツール・ウィンドウ)Alt+Shift+Insert
セッションにテストを追加 (ツール・ウィンドウ)Ctrl+Alt+Insert
選択したテストを削除する (ツール・ウィンドウ)Delete
ソリューションからすべてのテストを実行 (ツール・ウィンドウ)Ctrl+L

ツール・ウィンドウ

最終更新日:

関連ページ:

プロジェクトとソリューションを作成して開く

プロジェクトとソリューションを作成する:ファイル | 新規...を使用して新しいソリューションで新しいプロジェクトを作成するか、ソリューションエクスプローラーでソリューションまたはソリューションフォルダーノードを右クリックし、追加 | 新規プロジェクトを選択して既存のソリューションに新しいプロジェク...

アクションインジケータとアクションリスト

Riderのテキストエディターで最も注目すべきことは、アクションインジケータとアクションリストです。これらは、JetBrains Riderによってサポートされるすべてのファイル(C#、VB.NET、XML、CSS、JavaScript、ASP.NETなど)に表示され、使用可能なアクションについて通...

どこでも検索

またはShiftを2回このコマンドを使用して、タイプ、シンボル、ファイル、最近のファイル、アクション、ツールウィンドウ、実行構成、および設定に移動します。この機能を呼び出すとすぐに候補のリストが表示され、最初に最近のファイルが含まれます。このコマンドはテキスト検索の代わりにはなりません。 を使用して...

次にナビゲート

ナビゲート | 次にナビゲート次にナビゲートは、ほとんどのナビゲーションニーズに対する単一のショートカットです。コンテキストで利用可能なすべてのナビゲーション宛先を含むリストを開きます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、構造ウィンドウおよびその他のツールウィンドウから呼び出すことができ...

使用箇所の検索のシンボル

編集 | 検索 | 使用箇所の検索このコマンドを使用すると、ソリューションおよび参照されるアセンブリ内の1つ以上のシンボルのすべての使用箇所を見つけることができます。シンボルの宣言またはその他の使用箇所から検索を開始できます。このコマンドは、ソリューションエクスプローラー、構造ウィンドウ、およびその...

現在のコンテキストをナビゲートする

JetBrains Riderには、現在のコンテキストに基づいてコードをナビゲートするのに役立つ多くの機能があります。つまり、開いている文書とその中のキャレットの位置に従います。現在のドキュメントでキャレットを移動:キャレットを前の単語に移動キャレットを次の単語に移動キャレットを現在の単語の先頭/末...