JetBrains Rider 2020.2ヘルプ

名前変更リファクタリング

Shift+F6

このリファクタリングにより、ソリューション内の任意のシンボルまたはプロジェクトの名前を変更できます。シンボルへの参照および使用箇所はすべて自動的に更新されます。

さまざまなC#エンティティにリファクタリングを使用する

これは、このリファクタリングで名前を変更できるエンティティのリストです。

  • プロジェクト
    また、プロジェクトフォルダーとプロジェクトのルート名前空間、およびソリューションでのすべての使用箇所の名前を変更することもできます。

  • 名前空間
    名前空間のネストレベルを変更することもできます。例:名前空間 A.B.C の名前を A.Dに変更できます。

  • タイプ
    名前が変更されたタイプが同じ名前のファイルにある場合、JetBrains Riderは含まれているファイルの名前も変更します。
    名前を変更したタイプが、class Foo : IFooなどの類似した名前を持つ型階層の一部である場合、関連するタイプの名前を変更するかどうかを選択できます。

  • メソッド
    メソッドが継承/実装階層の一部である場合、関連するメソッドの名前も変更されます。
    メソッドにオーバーロードがある場合、オーバーロードの名前を変更するかどうかを選択できます。

  • フィールド
    名前が一致するプロパティでフィールドが使用されている場合、プロパティの名前を変更するかどうかを選択できます。

  • プロパティ
    プロパティに一致する名前のバッキングフィールドがある場合は、フィールドの名前も変更できます。

  • パラメーター
    メソッドが継承/実装階層の一部である場合、または同じ名前とタイプのパラメーターを持つオーバーロードがある場合、関連するメソッドのパラメーターの名前も変更できます。

  • ローカル変数
    JetBrains Riderは、ダイアログを表示せずにローカル変数の名前を変更します。

    Renaming local variable

  • イベント

  • 委譲

コマンドでリファクタリングを呼び出す

  1. 次のいずれかの方法でエンティティを選択します。

    • エディターで、キャレットをエンティティの名前に設定します。

    • ソリューションエクスプローラーでエンティティを選択します。

    • 構造ウィンドウでエンティティを選択してください。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • Shift+F6を押します。

    • Ctrl+Alt+Shift+T を押し、次に名前変更を選択します。

    • メインメニューのリファクタリング | 名前の変更を選択します。

    名前変更ダイアログが開きます。

  3. エンティティの新しい名前を入力するか、提案された名前のいずれかを使用します。

    JetBrains Rider: Rename refactoring
    JetBrains Riderはあなたの命名スタイルを考慮してエンティティの新しい名前を提案します。

  4. 名前を変更するエンティティに応じて、どの関連項目の名前を変更するかを選択します。たとえば、コメント内のエンティティの出現や文字列リテラルなどです。

  5. 次へをクリックしてください。名前が変更されたエンティティに関連するものがない場合、JetBrains Riderはリファクタリングを適用します。それ以外の場合、ウィザードは追加の手順を表示します。

    • 類似した名前の関連エンティティがある場合、それらは次の手順で一覧表示されます。

      JetBrains Rider: Rename refactoring
      選択したエンティティと一緒に名前を変更する関連エンティティを選択します - 提案された名前をそのまま使用するか、または新しい名前列に新しい名前を指定できます。

    • 以前にコメントと文字列リテラルで検索するを選択していて、エンティティー名の出現箇所が見つかった場合、それらは以下のステップにリストされています。JetBrains Riderに名前変更したいテキスト・出現箇所を選択してください。

  6. 競合が見つからない場合、JetBrains Riderはすぐにリファクタリングを実行します。それ以外の場合は、競合解決するように求められます。

リファクタリングをインプレースで実行する

エディターで宣言の権利を変更し、クイックフィックスを適用してソリューション全体のリファクタリングを呼び出すことで、エンティティの名前を変更できます。

宣言でエンティティの名前を変更するとすぐに、名前の周囲に灰色の境界線が表示され、リファクタリングが使用可能であることを通知します。 Alt+Enter を押すと、アクションリストでリファクタリングを見つけることができます。

JetBrains Rider. Applying Rename refactoring inplace
最終更新日:

関連ページ:

構造ウィンドウ

表示 | ツール・ウィンドウ | 構造JetBrains Riderでは、構造ウィンドウを使用して現在のドキュメントの構造をナビゲートできるため、大きなファイルでのナビゲーションが大幅に簡素化されます。ウィンドウはエディターと同期しています。別のエディタータブに切り替えると、ウィンドウに対応するファ...

ネーミングスタイル

バージョン2018.3から、JetBrains Riderは既存のコードからC#シンボルの命名規則を自動的に学習を実行できます。命名規則を手動で構成する場合は、JetBrains Rider設定 のエディター | コード・スタイル | C# | ネーミングページの自動検出ルールを使用するチェックボッ...

競合を解決するリファクタリング

すべてのJetBrains Riderのリファクタリングはソリューション全体に適用されるため、多くのファイルが影響を受ける可能性があり、一部の変更は既存のコードと競合する可能性があります。競合が発生した場合、JetBrains Riderはそれらを検出し、リファクタリングウィザードの最後のページに競...

コードの課題のクイックフィックス

JetBrains Riderを使用すると、設計時に検出されたほとんどのコード課題を即座に修復できます。強調表示されたコードの課題で を押して、課題を解決したり最適以下のコードを改善したりするための適切な方法を選択するのと同じくらい簡単です。クイックフィックスを適用する:クイックフィックスは、ハイ...

アクションインジケータとアクションリスト

Riderのテキストエディターで最も注目すべきことは、アクションインジケータとアクションリストです。これらは、JetBrains Riderによってサポートされるすべてのファイル(C#、VB.NET、XML、CSS、JavaScript、ASP.NETなど)に表示され、使用可能なアクションについて通...

インプレース・リファクタリング

一部のリファクタリングは、コマンドを呼び出さずに適用できます。エディターでコードを変更するだけで十分です。変更がコードをリファクタリングするためのインテンションである可能性があることをJetBrains Riderが検出すると、変更されたコードの周囲に灰色の境界線が表示され、対応するアクションインジ...