JetBrains Rider 2020.2ヘルプ

リファクタリング

JetBrains Riderは、シンボルの名前変更、移動、および安全な削除を可能にする、一連の自動化されたソリューション全体のコードリファクタリングを提供します。フィールド、変数、またはパラメータを導入してインライン化し、さらに多くの変換を簡単に実行できます。

サポートされている言語およびプロジェクト項目のほとんどでリファクタリングが利用可能です。特定のリファクタリングについてさらに学習するには、以下のセクションを調べましょう。

リファクタリングを実行する

  1. キャレットをシンボルに設定するか、リファクタリングするコードフラグメントを選択するか、ツールウィンドウで項目を選択します。

  2. 以下のいずれか 1 つを実行します:

    • メインメニューでリファクタリングを選択してから、必要なリファクタリングを選択します。このメニューで利用可能なリファクタリングのリストは現在の状況に依存します。JetBrains Riderがコンテキストのリファクタリングを提案できない場合は、メニュー全体が無効になります。

    • メインメニューでリファクタリング | リファクタリングを選択するか、Ctrl+Alt+Shift+T を押して適用可能なリファクタリングのリストを表示し、それらのいずれかを選択します。選択のコンテキストメニューでリファクタリングを選択することもできます。

    • 特定のリファクタリングに割り当てられたデフォルトのキーボードショートカット(Windows、Linux /( macOs)を使用するか、お気に入りのリファクタリングコマンドにカスタムショートカット割り当てます。

  3. 選択したリファクタリングにユーザー入力が必要な場合は、リファクタリングウィザードが開きます。ウィザードのダイアログはモーダルではないため、ウィザードが開いている間にコードを編集できます。

  4. リファクタリング操作によってコードの競合(名前の重複、可視性の競合など)が発生する場合、リファクタリングを適用する前に、ウィザードは最後のステップで競合のリストを表示します。一部の競合については、ウィザードでクイックフィックスを提案することもできます。詳細については、競合を解決するリファクタリングを参照してください。

  5. リファクタリングが完了した直後に、他のファイルを含め、どこでも行うすべての変更が単一の操作として登録されます。元に戻すアクション Ctrl+Z を使用して、これらすべての変更を1回のキーストロークでロールバックできます。

エディターでコードを変更した直後に利用できるリファクタリングもあります。詳しくは、インプレース・リファクタリングを参照してください。

次のショートカットを使用してリファクタリングを呼び出すことができます。

Riderキーボードショートカットの完全なリストについては、定義済みキーマップのキーボードショートカットを参照してください。

最終更新日:

関連ページ:

コンテキスト・アクション

コンテキストアクションは、エディターで直接利用できるコード変換ヘルパーです。クイックフィックスとは対照的に、コンテキストアクションは問題の解決やコードの改善を目的としているためはなく、アクセス修飾子の変更、null をチェックするコードの生成、'foreach' の 'for' への変換などの小...

コンテキストアクションリファレンス

JetBrains Riderオプションのコード編集 | コンテキスト・アクションページで特定のコンテキストアクションを無効にすることができます。このセクションでは、特定の言語で使用できるコンテキストアクションの完全なリストを確認できます。言語に依存しないコンテキストアクション、C#のコンテキストア...

キーボード・ショートカット: キーマップの比較 (Windows)

定義済みのキーマップの中から、次のいずれかを選択することができます。Visual Studio/Visual Studio (OSX)- このキーマップは次のようなユーザにお勧めです。他のIDEでの経験はありません。プレーンなVisual Studioでの経験があります。Visual Studio

キーボードショートカットをカスタマイズする

JetBrains Riderにはいくつかの事前定義されたキーマップが含まれており、頻繁に使用するショートカットをカスタマイズできます。キーマップ構成を表示するには、設定/環境設定ダイアログ を開き、キーマップを選択します。JetBrains Riderは、環境に基づいて事前定義されたキーマップを...

競合を解決するリファクタリング

すべてのJetBrains Riderのリファクタリングはソリューション全体に適用されるため、多くのファイルが影響を受ける可能性があり、一部の変更は既存のコードと競合する可能性があります。競合が発生した場合、JetBrains Riderはそれらを検出し、リファクタリングウィザードの最後のページに競...

インプレース・リファクタリング

一部のリファクタリングは、コマンドを呼び出さずに適用できます。エディターでコードを変更するだけで十分です。変更がコードをリファクタリングするためのインテンションである可能性があることをJetBrains Riderが検出すると、変更されたコードの周囲に灰色の境界線が表示され、対応するアクションインジ...